アンドウ設計事務所が手掛けた時代を繋ぎ何世代も続いていける家族のための空間 | homify
プロフィール写真の変更
カバー写真の変更
アンドウ設計事務所
アンドウ設計事務所

アンドウ設計事務所

アンドウ設計事務所
アンドウ設計事務所
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

時代を繋ぎ何世代も続いていける家族のための空間

住み慣れた築80年の家を取り壊し4世代の大家族が暮らすための家が計画されました。先祖が残してくれた家には思い入れがあり、この家族だけの歴史がそこあります。新しい家にその時の流れを断ち切ることなく新しい時代を過ごせる住まいを、この先また何世代も続いていける家族のための空間を創ることが大きなテーマとなりました。

既存の建物には東西に貫く長い地棟があり、それを切断して新しい家の吹き抜け空間に利用しています。それは上部のロフトを支える梁としての役割も果たしています。その吹き抜けの天井材には既存の床天の板を化粧して使用しました。

外部のアプローにある大きな岩とそれに寄り添うワクラの木、今までこの家族を見守り、多くの来客を出迎えてきたであろうこの岩と木が真新しい玄関先でその歴史を引き継いでいくのです。また外部の土間の一部に既存の瓦を仕込んでいます。

玄関の式台は既存の構造材である梁を薄く化粧して使用しています。

今までこの家族とともにあった先祖の思いの詰まった既存の家、全てとはいかないまでもパーツをリノベーションすることで少しでも思いを次の世代へ繋ぐことができるのでしょう、だからこそ場の空気感に奥深さや温かさがあり、家族が楽しく過ごしている風景がそこにあるのです。

この写真の続きは「ぬくもりのある落ち着いた居住空間!!守山の家S邸」で掲載しています。リビングなどの内部空間はこちらで見てください。

規模
18.2 × 8.2 × 9.3 m / 240 ㎡ (全長, 高さ, 幅 / 面積)
ロケーション
名古屋市
  • ファサード モダンな 家 の アンドウ設計事務所 モダン 無垢材 多色

    ファサード

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] [Published] スロープで導かれる玄関がある人に優しい家

    石のスロープと来客用の駐車スペースがあり、以前からあるワクラの木のが出向かえててくれます。

  • 外観 モダンな 家 の アンドウ設計事務所 モダン 無垢材 多色

    外観

    東西に長い建物、日本瓦の屋根と左官の外壁、それに連続したバルコニーの木製格子の手摺が特徴です。道路歩道沿いの塀は漆喰調の仕上げの中に細長い陶器が埋め込まれ、建物と一体になり和モダンなスタイルとなっています。

  • アプローチ モダンな 家 の アンドウ設計事務所 モダン 無垢材 多色

    アプローチ

    深岩石のスロープ、錆石の石柱、木製格子の門扉その先がエントランスです。深岩石は大谷石と似ていますが強度があり水に濡れても滑らず安全です。右側に少し見えるのがワクラの木と岩です。

  • エントランス モダンな 家 の アンドウ設計事務所 モダン 無垢材 多色

    エントランス

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["NL"] [Published] 10 houten voordeuren om van te houden

    エントランスの木製格子戸、手造りの陶器製引手が特徴です。右側に少し見えるのがワクラの木と岩です。

  • before: アンドウ設計事務所が手掛けた現代のです。,モダン

    before

    建て替え前の築80年の家です。アプローチの岩とそれに寄り添うワクラの木は建て替え後の真新しいエントランスにそのまま残しました。

  • 玄 関 モダンスタイルの 玄関&廊下&階段 の アンドウ設計事務所 モダン 無垢材 多色

    玄 関

    式台は既存の構造材である梁を薄く化粧をして使用しています。奥の戸はシューズクローゼット(内玄関)へ続きます。

    木と土壁で落ち着きのある温かい空間でお客様を出迎えます。

Admin-Area