青戸信雄建築研究所が手掛けた恵璃殿(妙楽寺客殿)TERA-Cafe | homify
青戸信雄建築研究所

青戸信雄建築研究所

青戸信雄建築研究所
青戸信雄建築研究所
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

恵璃殿(妙楽寺客殿)TERA-Cafe

<TERA-Cafe>

本施設は、酒々井町の古刹「妙楽寺」の「客殿」の建て替え計画です。

旧客殿は、明治期に古民家を移築したもので、近年著しく老朽化が進み、使い勝手・機能とも、客殿として十分とは言えない状況になっていました。そこに東日本大震災が起こり、大黒柱が若干傾いて構造的にもかなり危険な状態となり、利用者の安全を確保するためにも、一日も早い建て替えが望まれました。

靴のままで利用でき、法要だけでなく様々な集まりやイベント等にも対応できる空間、古い建物のイメージを継承しながらも、誰でも気軽に利用できる、カフェ的なスペース =<TERA-Cafe>という新しい寺のあり方を提案できる施設にしたい、という若御前の強い熱意に応えるべく、計画は進められました。

旧客殿のイメージを継承し、古民家の「田の字」を現代的に解釈し、使いやすく密度の濃いプランニングを目指しました。西側半分を開放系空間に設定、ホールとエントランスを一つにまとめ、6枚引込みの可動間仕切りで、いろいろな場面に対応できるように心掛けました。ホール祭壇は、旧客殿の大黒柱をモチーフに、7寸角の柱2本で支え、祈りの象徴としました。残りの東側半分は閉鎖系空間とし、寺務所、納骨堂、便所、収納等をコンパクトに配しました。木部はすべて黒塗装でまとめ、壁は漆喰、床はメンテナンスを考慮し白いビニルタイルとし、白と黒を印象的に配置しました。

軒は前面に1間分張り出し、お寺の軒の出をイメージさせ、パッシブソーラー的機能を加味しました。また、野地板に28mmの構造用合板を使うことで、天井仕上げの手間を省き、力強い木組み空間を表現しました。外壁は、南北面は漆喰塗り、湿気が多く直射光の強い東西面は、対候性の強い窯業系サイディングとし、メリハリを持たせました。また、屋根は遮熱ガルバリウム鋼板仕上げ、軒は野地板現し黒塗装、ポーチ土間は白タイル、全体としてモノトーンを基調に、素材本来の色彩でシックにまとめました。

規模
109 ㎡ (面積)
ロケーション
印旛郡酒々井町
  • 全景: 青戸信雄建築研究所が手掛けた会議・展示施設です。

    全景

    壁は漆喰塗り、床は白色磁器タイル、軒は梁・野地板表し仕上げ。

  • アプローチ: 青戸信雄建築研究所が手掛けた会議・展示施設です。

    アプローチ

    旧客殿の古民家を忍ばせる深い軒の出。

  • ファサード詳細: 青戸信雄建築研究所が手掛けた会議・展示施設です。

    ファサード詳細

    漆喰や床磁器タイルの白色と木組みやフレームの黒色との対比が印象的です。

  • エントランスよりホールを見る: 青戸信雄建築研究所が手掛けた会議・展示施設です。

    エントランスよりホールを見る

    壁は漆喰塗り、床は大理石模様、天井は梁・野地板表し仕上げで、モノトーンでまとめました。

  • ホール: 青戸信雄建築研究所が手掛けた会議・展示施設です。

    ホール

    寺の待合・集会施設ということで、落ち着きのある空間でありながら、、誰でも気軽に利用できる、カフェ的なスペースを目指しました。

  • ホール: 青戸信雄建築研究所が手掛けた会議・展示施設です。

    ホール

    手前の鴨居には6枚引込戸のレールが入っています。

  • 引込戸の開閉: 青戸信雄建築研究所が手掛けた会議・展示施設です。

    引込戸の開閉

    6枚引込戸の開閉によって、空間は大きく変容します。

  • エントランス方向を見る: 青戸信雄建築研究所が手掛けた会議・展示施設です。

    エントランス方向を見る

    6枚引込戸の引込みによって、32帖の大空間になり、大人数にも対応できます。

  • ホール祭壇: 青戸信雄建築研究所が手掛けた会議・展示施設です。

    ホール祭壇

    旧客殿の大黒柱をモチーフに、7寸角の柱2本で支え、祈りの象徴としました。

  • 納骨堂: 青戸信雄建築研究所が手掛けた会議・展示施設です。

    納骨堂

    モノトーン・シンプルを基調に厳かな空間にまとめました。

Admin-Area