(株)ハウスインフォが手掛けたh006-A-house | homify
プロフィール写真の変更
カバー写真の変更
(株)ハウスインフォ
(株)ハウスインフォ

(株)ハウスインフォ

(株)ハウスインフォ
(株)ハウスインフォ
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

h006-A-house

設計・監理:和田修二環境建築工房

施工:(株)清瀬工務店

写真:玉森建築写真事務所

【建築家コメント】
深い軒の出を持つ平屋の木造住宅です。周囲に田畑が広がるゆったりとした敷地に、建物の配置を決定した上で宅地造成を行いました。建物内部は、軸組架構を表しとした木造建築の良さが再確認できる豊な空間が広がっており、木のぬくもりが感じられ、時間と共に古美る、落ち着いた住まいになっています。

ロケーション
兵庫県姫路市
  • 縁側~庭: (株)ハウスインフォが手掛けた庭です。,

    縁側~庭

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 4
    ["JP"] [Published] 縁側のある暮らし
    ["AR"] [Published] 10 detalles maravillosos de la esencia asiática
    ["JP"] [Published] 縁側とは?その魅力とタイプ別デザイン集
    ["RU"] 13 эффектных вариантов для вашего сада

    深い軒や縁側は古くから日本の住宅に取り入れられたデザイン手法です。深い軒は日差しをコントロールすることができ、夏は日差しを遮り通風を取ることで涼しく快適に、冬には大きな開口から日差しを取り入れ暖かく過ごせます。

  • 和室: (株)ハウスインフォが手掛けた和室です。,

    和室

    縁側と和室を間仕切りは障子です。建具を閉めても障子紙を通し柔らかな光が室内に広がります。建築家・吉村順三が多用した吉村障子は、桟の寸法など細かなところまでデザインされており和の空間もモダンで美しい空間です。

Admin-Area