氏原求建築設計工房

氏原求建築設計工房

氏原求建築設計工房
氏原求建築設計工房
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

終(つい)の住まい

老後を楽しむ終の住まいとしての住宅として計画された。その要素を元に家族の将来の住宅としても考慮されている。
 形態的には軒の出900の切妻屋根、トップサイドライト付平屋のシンプルな形の住宅である。

内部計画・ シンプルな寝室と区切られる大きめなリビング、必要十分な収納、大きめな1ルーム式の水周り、1周出来る部屋の構成  リビングの中央の位置のトップサイドライトは各部屋への採光、夏の熱気の排出に活躍している。  

外部計画・ メンテナンスの楽な外壁、鋼製サイディング(色彩計画)、屋根も鋼製平葺き、軽量と言うことで耐震計画も余裕を持って計画。  

仕上げ材は天然素材(床、天井 杉板、壁 和紙)を使用、雰囲気と共に住環境性能を高めている。  

断熱遮熱計画、換気計画、動線計画、省エネ計画、環境計画は十分に考慮され実行されている。  

基礎断熱と断熱ペアガラスサッシュ、外壁、屋根(天井)高断熱、気密化により住み心地の良い、1ルームに近い約70㎡のバリアフリーの自然素材住宅である。  

延べ床面積・・・ 69.59平方メートル(21.05坪)  

構造・・・・・・ 木造平屋  

竣工・・・・・・ H26年 6月  

設計・監理・・・・ 氏原求建築設計工房 氏原 求  

施工会社・・・・ (株)竹工建設 担当 鋤柄 稔  

建築費・・・・・ 1.240万円(厨房器具、家具込み)

Admin-Area