矩須雅建築研究所

矩須雅建築研究所

矩須雅建築研究所
矩須雅建築研究所
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

江戸川の家

付近は江戸川から西に250m程入った閑静な住宅地である。緑が豊かで、川を渡る風が心地よい。

 住人は若い夫婦と子供、そしてペットのラブラドール・レトリバーである。音楽をこよなく愛する一家で、妻はフルート奏者である。

 計画にあたっては「外に閉じて内に開いた家にしたい」という要望を最も尊重した。プライバシーを守りながら音楽を中心にした精神性の高い空間を望まれた。その様なことからロマネスクの修道院のような家にしてはどうかと考えた。外部に対して閉ざされ、内部に対して開かれた形と、ストイックな精神性が、この家にコンセプトにあてはまると思ったのである。

 中庭を囲むかたちで廊下、各室があり、奥まった位置に小さな聖堂をイメージした居間を配した。居間は外光の入り方に注意を払い、深い空間の底にいるような雰囲気にした。静寂と適度に心地よい緊張感をもたせることで、望まれた生活空間が具現化されたと思っている。そして、この家の核として据えられた薪ストーブの炎は長い冬の夜、音楽と共に豊かな時間を演出することだろう。

 浴室や寝室は居間の奥に配しパブリック空間とプライベート空間を完全に分離した。スタジオや書斎は茶室のような特別な空間として考え、住居内の“隠”として居間から距離をとった。一人一人が家族との時間と自分の時間を豊かに過ごしてゆける家にしたかった。

 外観は敷地が角地であるため、個性的な造形で街角を魅力的にしたいと考えた。道巾が狭いので歩行者への圧迫感に配慮し、ボリュームを低く抑えた。将来、音楽教室を開く予定があるため、スタジオの一部をはね出して子供用のベンチを作った。この部分は“レンガのキューブ”として外観のシンボルにもなっている。

  • リビングルーム1: 矩須雅建築研究所が手掛けたリビングです。

    リビングルーム1

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] [Published] 第二の人生を楽しむための住宅‐屋内空間の演出‐

    薪ストーブのある今と愛犬。

  • 外観1: 矩須雅建築研究所が手掛けた家です。

    外観1

    キューブがシンボルの外観。

    街並に配慮して高さを抑えている。

  • 玄関、廻廊: 矩須雅建築研究所が手掛けた廊下 & 玄関です。

    玄関、廻廊

    広い玄関と廻廊が中庭を囲む。

  • 書斎: 矩須雅建築研究所が手掛けた書斎です。

    書斎

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 2
    ["JP"] [Published] 小さい書斎、でも居心地は抜群!
    ["JP"] 新しいマイアイディアブック

    中庭に面した書斎。

    雪景。

  • リビングルーム2: 矩須雅建築研究所が手掛けたリビングです。

    リビングルーム2

    お気に入りのイームズチェアーと空間のアンサンブル。

  • 外観2: 矩須雅建築研究所が手掛けた家です。

    外観2

    片流れの大屋根とタイルによるパターン装飾。

  • 外観3: 矩須雅建築研究所が手掛けた家です。

    外観3

    コンポジションによるアプローチ。

  • 音楽スタジオ: 矩須雅建築研究所が手掛けた書斎です。

    音楽スタジオ

    音楽教室のためのスタジオ。

    子供用のベンチが外観のキューブになっている。

Admin-Area