株式会社 山本富士雄設計事務所

株式会社 山本富士雄設計事務所

株式会社 山本富士雄設計事務所
株式会社 山本富士雄設計事務所
有効な番号ではありません。国番号や電話番号に誤りが無いか確認してください。
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

南北に細長い中庭の混在する現代数寄屋の家

武蔵境駅から徒歩数分の閑静な住宅地に位置するこの家は木造二階建の現代数奇屋風住宅である。
動線を南北にすることで、1階各室の全ての部屋が庭に面するようになっていて、中央に吹き抜け階段をもうけることでつながりのある空間ができた。

2階のそれぞれの部屋も南面して東西に配置し、風通しも良く、住みやすいと感謝されている。 またアンティーク木材や和風家具もクラッシックにこだわり統一感のある空間ができた。

和室の床の間は「TOKONOMA特集」でアメリカの建築専門書に紹介された。

建て主は帝国ホテルの元コック長でフランス料理の名手であったが、ご自宅では和服に着替えこの数寄屋でお茶漬けを食べてくつろぐのが、一番心休まるとおっしゃっていた。

数多くの雑誌に掲載された。

戸建専用住宅  木造 2FL 延床面積 146.95平方メートル 44.45坪 1階床面積 92.23平方メートル 27.90坪 2階床面積 54.72平方メートル 16.55坪  発表雑誌 住宅建築 一流住宅

ARCHITECTURAL RECORD

ロケーション
武蔵野市
規模
0 × 0 × 0 m / 0 ㎡ (全長, 高さ, 幅 / 面積)
総工費
¥0
  • 南北に細長い中庭の混在する現代数寄屋の家外観玄関前

    南北に細長い敷地に建つ、坪庭を各室に配した現代数寄屋建築である。

  • 南北に細長い中庭の混在する現代数寄屋の家1階和室書斎

    客間床の間と文机のある書斎。北側の光が優しい。

    床の間は「TOKONOMA特集」でアメリカの建築専門書ARCHITECTURAL

     RECORD 誌に紹介された。ALCOVEと説明されていた。

  • 南北に細長い中庭の混在する現代数寄屋の家2階和室寝室

    2階和室はご主人の寝室である。火頭窓に障子を配し、安眠できるようアルミサッシと雨戸も入れた。地窓から光と通風が取れる。地袋はご主人の趣味の小物を入れる場所である。細やかな繰り返しの打ち合わせにより、すべて決定した。

  • 南北に細長い中庭の混在する現代数寄屋の家1階トイレ前の手水桶

    1階廊下突き当りトイレ前に置いた手水桶の水で竹柄杓で手を洗う。客人に評判が良い。タオル掛けはあとからつけた。

Admin-Area