株式会社フォルムス/FORMS

株式会社フォルムス/FORMS

株式会社フォルムス/FORMS
株式会社フォルムス/FORMS
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

生田4丁目の住宅

敷地は、多摩丘陵の端から多摩川沿いの平地部へと下る北斜面に位置し、ひな壇造成された区画です。

前面道路から約3m高い位置に宅盤があり、丘陵の緑に囲まれて北側へと眺望が開けて、新宿副都心のビル群から秩父の山並みまでを臨むことができます。

プログラムは、夫婦と息子1人の家族のための住宅です。

妻の仕事場となる防音仕様のピアノ室を設けると共に、リビングを中心として豊かな共用部を持ち、将来の家族変化にも応じられるフレキシブルな住まい方を支える住宅が求められました。

建物の構成は、地階と1階のRC造のボリュームにボイドを設けて空間の抜けを作り、庭にある柿の木へ視線を取り結んだ上で、階段とともに上部へと立ち上がる縦動線としました。

ピアノ室と各個室は、その動線に房状に連なり将来の変化にも対応できるよう配置しました。

2階は、主に共用の空間からなる木造平屋のボリュームとして、北側からの天空光を取り入れつつ庭から視線をつなぐ屈曲した形状の屋根をリビング上部に架けました。

RC部の狭間から立ち上る動線空間は、西側の頂部から屋外階段を経て、北側のルーフテラスへと接続し、眺望とともに敷地の特徴を定位する場所となるように計画しました。

  • 北側外観: 株式会社フォルムス/FORMSが手掛けた家です。

    北側外観

    写真:堀内広治/新写真工房

  • 南側外観: 株式会社フォルムス/FORMSが手掛けた家です。

    南側外観

    写真:堀内広治/新写真工房

  • 北側外観の夕景: 株式会社フォルムス/FORMSが手掛けた家です。

    北側外観の夕景

    写真:堀内広治/新写真工房

  • 南側外観の夕景: 株式会社フォルムス/FORMSが手掛けた家です。

    南側外観の夕景

    庭側からボイド越しに地階の玄関と、2階のリビングに架かる屈曲した垂木の屋根を見る。

    写真:堀内広治/新写真工房

  • 玄関: 株式会社フォルムス/FORMSが手掛けた廊下 & 玄関です。

    玄関

    玄関と上部へ立ち上がる階段室を見る。

    写真:堀内広治/新写真工房

  • 階段室: 株式会社フォルムス/FORMSが手掛けた廊下 & 玄関です。

    階段室

    1階の廊下から個室と、ボイド越しに庭を見る。

    写真:堀内広治/新写真工房

  • 階段室: 株式会社フォルムス/FORMSが手掛けた廊下 & 玄関です。

    階段室

    1階の廊下から階段室と、ボイド越しに庭を見る。

    写真:堀内広治/新写真工房

  • 階段室: 株式会社フォルムス/FORMSが手掛けた廊下 & 玄関です。

    階段室

    階段室から2階のリビングと、地階からのボイドを見る。

    写真:堀内広治/新写真工房

  • リビング: 株式会社フォルムス/FORMSが手掛けたリビングです。

    リビング

    リビングからボイドの先に広がる緑を見る。

    写真:堀内広治/新写真工房

  • リビング: 株式会社フォルムス/FORMSが手掛けたリビングです。

    リビング

    ハイサイドライトから北側の天空光が差し込むリビングと、ダイニングの先に広がる眺望。

    写真:堀内広治/新写真工房

Admin-Area