O設計室

O設計室

O設計室
O設計室
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

浄明寺の蔵

山形県の築100年近い土蔵を鎌倉に移築して住宅として甦らせました。柱が30センチ間隔に立つ強靭な構造美を見せるべく内部に二つの箱を置き、一つをキッチンにもう一つをバスルームとしています。箱の扉を閉じることで文字通り単純な箱に戻るのはちょっとしたjoke。2階は小屋組みを見せた大空間としています。壁は伝統的な竹小舞を編んで土を付けた壁でその厚みは15センチあります。

建築種別:移築再生民家 用途:個人住宅 規模:2階建 延べ92㎡ 竣工年:2010年  

  • 正面外観: O設計室が手掛けたです。

    正面外観

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 2
    ["JP"] 蔵の家
    ["JP"] [Published] 100年の時を超えて蔵から生まれ変わった家

    淡路島の土を塗った外観

  • 西側外観: O設計室が手掛けたです。

    西側外観

    間口3間(5.4m)奥行5間弱(8.5m)。1階の細長いスリットは開口部

  • 玄関の蔵戸: O設計室が手掛けたです。

    玄関の蔵戸

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] [Published] 100年の時を超えて蔵から生まれ変わった家

    玄関は板戸を開けるとこの格子戸という二重構成。繊細な格子と金物が歴史を語る。

  • キッチンの箱 1: O設計室が手掛けたです。

    キッチンの箱 1

    扉を閉じた状態。林立する柱と漆塗りのケヤキの梁が美しい。左奥が玄関。

  • キッチンの箱 2: O設計室が手掛けたです。

    キッチンの箱 2

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 2
    ["JP"] [Published] ​リノベーションで活きる!蔵のある家の魅力
    ["JP"] [Published] 100年の時を超えて蔵から生まれ変わった家

    扉を開けた状態。カウンターテーブルとなる。キッチン内部の床は下がっていてカウンター側の人と顔の高さを揃えている。

  • キッチン入口: O設計室が手掛けたです。

    キッチン入口

    扉をすべて開けた状態の箱。ヨットのキャビンに侵入するように天井も開ける。色彩は全て工場に発注した特注色。

  • 暖炉のコーナー。: O設計室が手掛けたです。

    暖炉のコーナー。

    右手のスリット窓はガラスが上げ下げできる工夫をしている。

  • バスルームの箱の前の通路: O設計室が手掛けたです。

    バスルームの箱の前の通路

    30㎝間隔で立つ柱を強調するために壁の下部に照明をしつらえた。

  • バスルーム: O設計室が手掛けたです。

    バスルーム

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 3
    ["JP"] ストック
    ["JP"] [Published] 100年の時を超えて蔵から生まれ変わった家
    ["JP"] [Published] グリーンカラーインテリア5選 – 安らぎの色をアクセントに!

    箱の内部はすべてタイル貼り。アンティークのバスタブが似合う。

  • 2階: O設計室が手掛けたです。

    2階

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] [Published] 100年の時を超えて蔵から生まれ変わった家

    中央に大黒柱が立ちそれが巨大な棟木を支える豪快な構造が見える。両側の青い箱は新たに作った収納。

Admin-Area