青戸信雄建築研究所が手掛けた桑橋の家-大土壁の古民家ハウス | homify
青戸信雄建築研究所

青戸信雄建築研究所

青戸信雄建築研究所
青戸信雄建築研究所
「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
送信!
専門家の方が返信をします。しばらくお待ちください!

桑橋の家-大土壁の古民家ハウス

本計画は、多彩な趣味を持つ30代ご夫妻の、これからの人生設計の拠点となる住まいづくりです。古民家や町屋を愛し、アンティーク大好きな奥様にリードされながら、設計は進められました。

2区画続きの比較的大きな敷地は、住宅地と森林部の境界に位置する。南側前面に広大な田園を望み、東西は美しい林に囲まれた、都市部に至近とは思えないほどのどかな風景を醸しています。この環境に調和しながら、新しい生活の場となる躍動感を体現できるような計画を心掛けました。

構成は、日本家屋の「田の字」プランを現代的に表現、「和のケーススタディハウス」を試みました。一角に和室をもつ「板の間」に、町屋の「通り土間」を寄り添わす形で配置。和室の間仕切りを総引き込みとすることで、間口約4間×奥行3.5間、吹抜けを持つ、「大きな板の間」空間となり、三百年物と言われる古民家の柱・梁を配す等、随所にアンティークテイストを散りばめました。また、南面の大開口でデッキとの連続性を持たせ、田園風景を望む南側オープンスペースに向かって開放させました。

「通り土間」は、玄関から庭までを南北に貫き、アルコーブに本好きな奥様のライブラリーを設けました。間仕切りは総引き込みとし、「板の間」と一続きのワンルーム空間を実現、縁側的な空間要素も加わりました。また、格子網戸により通風を確保しながら「通り」テイストをより強調しました。

軒は前面に1間分張り出し、民家の深い軒の出をイメージさせ、夏涼しく冬暖かいパッシブソーラー的機能を加味しました。また、野地板に構造用合板を使うことで、天井仕上げの手間を省き、現しの力強い木組み空間を表現しました。外壁は、南北面は土壁漆喰塗り、湿気の多い東西面は、対候性の強いガルバリウム鋼板としました。また、屋根は遮熱ガルバリウム鋼板仕上げ、軒は構造用合板現しとし、全体としてモノトーンを基調に、素材本来の色彩でシックにまとめました。内壁は漆喰、床は杉材の無垢板張りとし、白壁と木をバランスよく配置。古建具やアンティーク器具、金物等が随所に配され、どこか懐かしい香りのする住まいに仕上がりました。

「桑橋(そうのはし)の家」概要

所在地 千葉県八千代市桑橋 竣  工 2013年12月

設 計 青戸信雄建築研究所 延床面積 122.79㎡

施 工 秋葉建設 構  造 木造軸組2階建て

  • 正面ファサード: 青戸信雄建築研究所が手掛けた家です。

    正面ファサード

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] [Published] 屋根にガルバリウム鋼板を使用するメリットとは

    土壁漆喰と黒色木組みがコントラストをつくり出します

  • 土壁漆喰の大壁: 青戸信雄建築研究所が手掛けた家です。

    土壁漆喰の大壁

    圧倒的なボリュームの土壁漆喰は秘伝のレシピ!

  • 南側ファサード: 青戸信雄建築研究所が手掛けた家です。

    南側ファサード

    デッキで田園風景へと繋がります

  • LDK吹抜け: 青戸信雄建築研究所が手掛けたダイニングです。

    LDK吹抜け

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 1
    ["JP"] ストック

    300年物の柱・梁が有機的な空間を作り出します。製作キッチンは総ステンレス製!

  • LDK吹抜け: 青戸信雄建築研究所が手掛けたリビングです。

    LDK吹抜け

    アンティーク調の照明やシーリングファンが独特の雰囲気を醸し出します

  • LDK: 青戸信雄建築研究所が手掛けたリビングです。

    LDK

    28帖もの「大きな板の間」空間

  • 和室: 青戸信雄建築研究所が手掛けた和室です。

    和室

    この写真を使ったエディターのアイディアブック
    アイディアブック: 3
    ["JP"] [Published] 和室5選!- 隣り合う洋の雰囲気とマッチしたモダンな空間
    ["JP"] [Published] 快適に暮らしながら落ち着きを得る和モダンの家
    ["JP"] [Published] 現代風”和”のカタチ

    和室は天上までの引込み扉で一続きの空間になります

  • LDK: 青戸信雄建築研究所が手掛けたリビングです。

    LDK

    ステンレスシンクと300年物の古材・古建具が美しいハーモニーを奏でる

  • 土間ライブラリー: 青戸信雄建築研究所が手掛けた和室です。

    土間ライブラリー

    土間空間も引込扉で「大きな板の間」と一体となります

  • 2階寝室: 青戸信雄建築研究所が手掛けた寝室です。

    2階寝室

    屋根裏的な「隠れ家スペース」

Admin-Area