Yokohama の 屋根工事業者 | homify

横浜市の屋根工事業者0人

一致する検索結果がありませんでした。このカテゴリーに一致する写真をアップロードする第一人者になって下さい。

屋根の工事は専門業者に相談!・横浜市

 

リフォームや新築を考えた時、屋根はどのようなタイプを選びますか?デザイン性、機能性、メンテナンスが楽など、重きを置くポイントは人それぞれです。屋根材は大きく分けて4カテゴリーに分類され、工事方法もそれぞれ異なります。もし屋根に不具合が生じた場合は、お近くの屋根工事業者に相談してみてはいかがですか。その際に知っておいた方が良い屋根材の種類や特徴、工事方法、目安価格をこちらでご紹介いたします。

 

人口372.5万人の大都市、横浜市には、屋根工事業者が多数存在しており、腕の良い職人さんも多く在籍しています。あまりにも多いと、いったいどこに相談したら良いのか悩みますよね。様々な屋根材を使って多数の案件をこなしてきた実績があるかどうかは、依頼する業者を決定するにあたって最も重要な条件です。また、見積もりは数社に依頼し、各会社の費用感と内訳を確認することも大切です。後悔することなく満足行く屋根を完成させるために、気になることは全て担当者に相談しましょう。

 

 

屋根材の分類と特徴

屋根材は主に次の4種に分けられます。

 

⒈ 金属系

①トタン

メリット  :安価で施工しやすい

       つなぎ目が少なく雨漏りしにくい

       薄くて軽量

デメリット :錆びやすく見た目がチープ

       耐久性が低い

       防音性が低い

       断熱性が低い

耐用年数  :約10〜20年

メンテナンス:定期的にサビの補修や塗り替えが必用

 

②ガルバリウム

メリット  :軽量で耐震性が高い

       一般的なタイプなら安価

       カラーが豊富

       加工がしやすい

デメリット :断熱性が低い

       防音性が低い

       傷が入りやすい

       職人が少ない

耐用年数  :約30〜40年

メンテナンス:10〜30年で塗り替えが必要

 

    ③    銅板

メリット  :錆びにくく安価

       柔らかく加工がしやすい

       軽量で耐震性が高い

デメリット :防音性が低い

       高価である

耐久年数  :約50~60年

メンテナンス:ほとんど必要なし

 

 

⒉ スレート系

①化粧スレート

セメントに繊維材を混ぜ人工的につくった屋根材です。住宅の屋根で最も多く使われています。

メリット  :軽量で耐震性が高い

       安価である

       カラーが豊富で施工しやすい

       耐熱性が高い

       耐火性が高い

デメリット :割れやすく劣化しやすい

耐用年数  :約20〜25年

メンテナンス:7〜10年で塗り替えが必要

 

②天然スレート

粘板岩の玄昌石という石を板状にした屋根材です。

メリット  :耐候性が高い

       耐久性が高い

       断熱性が高い

デメリット :割れやすい

       高価である

 

 

⒊ セメント系

    ①    プレスセメント瓦(厚型スレート瓦)

セメント34%、硬質細骨材66%、水で混練したモルタルの瓦です。

メリット  :耐熱性が高い

       膨張縮小の影響を受けにくい

       施工がしやすくカラーも豊富

       安価である

耐用年数  :約30〜40年

メンテナンス:10〜15年で塗り替えが必要

 

②コンクリート瓦(モニエル瓦)

プレスセメントと同じ原料で、セメントの割合が少なく押し出し成形方式で形を作るため、立体感のある洋風住宅に向いています。

メリット  :耐火性が高い

       カラーが豊富

 

 

⒋ 粘土系

・日本瓦

粘土を瓦の形にして乾燥させ、高温で焼き上げて作ります。

メリット  :屋根材の中で一番耐久性が高い

       メンテナンスがしやすく一枚単位で取り替えられる

       塗装は必要ない

デメリット :重量が重く、耐震性が低い

耐用年数  :約50〜100年

メンテナンス:25〜30年で下地の補修などが必要

 

 

 

メンテナンスのシグナル

屋根に次のような症状が現れたら専門の屋根工事業者に相談してみましょう。

 

    ・  雨漏り

    ・  天井にシミ

    ・  屋根材の色あせや変色

    ・  屋根材の損傷

    ・  屋根材に錆

 

 

 

屋根工事の業者

内容によって依頼する業者が異なります

 

・瓦屋根の場合:瓦屋

・塗装の場合:塗装屋

・スレート屋根、鋼板屋根:板金屋

 

 

 

屋根修理の種類・特徴と費用の目安

 

⒈ 葺き替え工事

野地板(木材下地)、防水シート(ルーフィング)、屋根材を張り替えます。

目安価格(約30坪):60~200万円

 

⒉ カバー工法

既存の屋根の上に、重ねるように屋根材を取り付けます。

目安価格(約30坪):80~120万円

 

⒊ 塗装工事

屋根を洗浄し、専用の屋根塗料で塗り替えます。

目安価格(約30坪):40~80万円

 

⒋ 板金工事

棟板金を取り外して新たに取り付け、木材下地が腐食していたら同時に取り替えます。

目安価格(約30坪):20~80万円

 

⒌ 漆喰工事

日本瓦の下に敷かれている屋根と下地を接着する漆喰を入れ直します。

目安価格(約30坪):30~80万円

 

⒍ 雨樋工事

破損や劣化箇所を修理・補修します。

目安価格:3千~10万円(足場の有無や雨樋に長さによって異なる)

 

⒎ 防水工事

    ・  シート防水(ゴム塩ビ):2,100円~7,500円/㎡

    ・  ウレタン防水:2,500円~7,000円/㎡

    ・  アスファルト防水:5,500円~8,000円/㎡

    ・  FRP防水:4,000円~7,000円/㎡

    ・  コーキング防水:5,000円~30,000円

(掲載している価格は2019年1月現在の目安価格です)

homifyで住まいの専門家を見つけましょう

homifyに登録されている建築家は、こちらで見ることができます。

homifyに登録されている建築家のリスト

屋根については、こちらの記事が参考になるかもしれません。

屋根の形で変わる家づくり!切妻屋根・寄棟屋根・片流れ屋根のメリット・デメリット

homifyで夢の住まいを実現させよう

homifyでマイホームの参考になる住まいの写真を見ることができます。

屋根の写真

関連する写真を見る