Sapporo の 屋根工事業者 | homify

札幌市の屋根工事業者0人

一致する検索結果がありませんでした。このカテゴリーに一致する写真をアップロードする第一人者になって下さい。

屋根の工事は専門業者に相談!・札幌市

 

風、雨、雪などから家を守ってくれる屋根。もし屋根に不具合が生じた場合、速やかに修理、リフォームを行わなくてはなりません。どのような屋根材があり、どのような工事方法があるのか、また費用はどのくらいかかるのかなど専門の屋根工事業者に相談してみましょう。打ち合わせの際に知っていると役立つ基本的な屋根材の情報をこちらでご紹介いたします。

 

札幌市には屋根工事業者が多数存在しています。降雪地域では、落雪で軒下に停めている車に傷がつく、隣家に迷惑をかけてしまうなどということも起こりうるため、相談する工事業者は慎重に選ばなくてはなりません。複数社に見積もりを依頼し、費用感と内訳を確認すると同時に、これまでに様々な案件をこなしている会社かどうかも知ることが重要です。

 

 

主な屋根材の種類と特徴

次の4種にカテゴライズされ、種類によってメンテナンス方法も異なります。

 

⒈ 金属系

・トタン

雨漏りしにくく、施工期間が短く低コストという点は良いですが、印象がチープである、耐久性が低い、防音性が低い、夏は暑く冬は寒いなどのマイナス要素も目立ちます。

耐用年数;約10〜20年

メンテナンス:塗り替えやサビの補修が頻繁に必要

 

・ガルバリウム

軽量で耐震性が高く、カラー展開が豊富で加工もしやすい屋根材です。一般的なものなら低コストですむのも魅力です。防音性や断熱性は低く、傷が入り易いのがマイナス点です。

耐用年数:約30〜40年

メンテナンス:10〜30年で塗り替えが必要

 

・  銅板

軽量で耐震性に優れ、サビにくく柔らかいので加工もしやすい屋根材です。その上低コストなのも魅力です。

耐久年数:約50~60年

メンテナンス:ほとんど必要なし

 

 

⒉ スレート系

・化粧スレート

セメントに繊維材を混ぜてつくった屋根材です。軽量、安価で施工しやすい、カラー展開が豊富という長所の反面、割れやすく劣化しやすいなどの短所もあります。日本では住宅の屋根で最も多く使われています。

耐用年数:約20〜25年

メンテナンス:7〜10年で塗り替えが必要

 

・天然スレート

粘板岩の玄昌石という石を板状にした屋根材で、耐久性、耐候性、断熱性や高いのですが、割れやすくコストがかかるため日本ではあまり普及していません。

 

 

⒊ セメント系

・  プレスセメント瓦(厚型スレート瓦)

セメント、硬質細骨材、水で作られたモルタルの瓦です。耐熱性が高い、膨張縮小の影響を受けにくい、施工もしやすくカラーが豊富、低コストという長所が目立ちます。

耐用年数:約30〜40年

メンテナンス:10〜15年で塗り替えが必要

 

・コンクリート瓦(モニエル瓦)

プレスセメントと同じ原料で、セメントの割合は少なく押し出し成形方式で形を作るため、立体感のある洋風住宅に向いています。耐火性に優れ、カラーが豊富です。

 

 

⒋ 粘土系

・日本瓦

粘土を高温で焼き上げて作る屋根材です。屋根材の中では最も耐久性が高く、一枚単位で取り替えることが可能です。重量が重く、耐震性が低いなどのデメリットもあります。耐用年数:約50〜100年

メンテナンス:25〜30年で下地の補修などが必要

 

 

屋根メンテナンスのシグナル

次のような不具合があれば専門の業者に相談してみましょう。

 

・  雨漏り

・  錆

・  天井などにシミ

・  色あせや変色

・  損傷

 

 

 

屋根工事の業者

内容によって依頼する業者は異なります。

 

・瓦屋根の場合:瓦屋

・スレート屋根、鋼板屋根:板金屋

・塗装の場合:塗装屋

  

 

屋根修理の種類、その特徴と費用相場

 

⒈ 葺き替え工事

野地板(木材下地)、防水シート(ルーフィング)、屋根材を張り替えます。

費用相場(約30坪の場合):60~200万円

 

⒉ カバー工法

既存の屋根の上に重ねるように屋根材を取り付けていきます。屋根材の撤去を行わない分、葺き替え工事よりも費用を抑えられます。

費用相場(約30坪の場合):80~120万円

 

⒊ 塗装工事

屋根を洗浄した後、専用の屋根塗料で塗り替えます。

費用相場(約30坪の場合):40~80万円

 

⒋ 板金工事

棟板金を一度取り外してから新たに取り付けます。木材下地も腐食していたら、こちらも取り替えます。

費用相場(約30坪の場合):20~80万円

 

⒌ 漆喰工事

屋根と下地を接着する漆喰を詰めたり、入れ直したりする補修作業です。

費用相場(約30坪の場合):30~80万円

 

⒍ 雨樋工事

破損や劣化箇所を補修、修理します。

費用相場:3千~10万円(足場の有無や雨樋に長さによって変動)

 

⒎ 防水工事

次のような工事の種類があり、費用も異なります。

・  ウレタン防水:2,500円~7,000円/㎡

・  FRP防水:4,000円~7,000円/㎡

・  シート防水(ゴム塩ビ):2,100円~7,500円/㎡

・  アスファルト防水:5,500円~8,000円/㎡

・  コーキング防水:5,000円~30,000円

homifyで住まいの専門家を見つけましょう

homifyに登録されている建築家は、こちらで見ることができます。

homifyに登録されている建築家のリスト

屋根については、こちらの記事が参考になるかもしれません。

屋根の形で変わる家づくり!切妻屋根・寄棟屋根・片流れ屋根のメリット・デメリット

homifyで夢の住まいを実現させよう

homifyでマイホームの参考になる住まいの写真を見ることができます。

屋根の写真

関連する写真を見る