Saitama の 配管工事業者 | homify

さいたま市の配管工事業者0人

一致する検索結果がありませんでした。このカテゴリーに一致する写真をアップロードする第一人者になって下さい。

配管工の仕事とは

配管工は、建物に必要となる配管を設置するプロフェッショナルです。空調や換気などの空気に関わる配管、給排水など水にまつわる配管、ガスの配管などの日常生活や工業施設、公共施設のインフラを整備してくれます。この中でも、我々の暮らしに関わる頻度の高いのは、給排水の配管を整備する職人でしょう。水は生活するために欠かすことのできないもの。健康で衛生的に暮らすためにも、水道管のメンテナンスやトラブルについての正しい知識は持っておきたいものです。

ここでは配管の中でも特に、水道のトラブルについて知っておきたいポイントをご紹介します。

 

さいたまで水道の配管工事業者を探すには

水道管に関係するトラブルが生じた場合、多くの人がネット上で専門業者を探すのでは?また、近所の口コミを頼りにするのも一つの方法。いずれにしても気を付けておきたいのが、依頼先の業者が、自治体から指定給水装置工事事業者の指定を受けているか、ということです。自治体からの指定がない業者では、高額な請求や手抜き工事などといった被害に遭う可能性もあります。さいたま市内で水道の配管工事業者を探す場合は、さいたま市水道局のホームページに記載された、指定給水装置工事事業者のリストをチェックすると確実です。

 

漏水のトラブル

水道料金が普段より高くなっていたり、雨が降ったわけでもないのに敷地内の土が湿っていたりした場合、または、床が水浸しになったり水漏れの音が聞こえたりする場合には、漏水の恐れが大。早急に配管工事業者に連絡しましょう。漏水が断続的に起こると、水道料金が上がるばかりか、水漏れによって建物の壁や柱、基礎などが水分を含み、カビが発生してしまうことも。このような被害を抑えるためにも、地元・さいたま市で指定された配管工事業者に漏水の確認と、それにまつわる対処工事を依頼しましょう。

 

排水管の水つまり

水廻りの排水口の流れが滞ったり、二階のトイレを使うと一階のトイレが逆流したりする場合、または、排水口や、使用中の蛇口から遠い所でボコボコと異音がする場合には、排水管がつまっている可能性があります。普段よりも様子がちょっと違うかも?と気づいたら、地元・さいたま市指定の配管工事業者に連絡しましょう。ご自宅の排水管が完全に詰まってしまうと、キッチンやトイレはもちろんのこと、水廻りすべてが使用不可能となってしまうかもしれません。

赤水

蛇口から出る水の色が濁っていたり、水を飲むと鉄の味がしたりしますか?または、漏水が起きているのであれば、赤水が発生している可能性大。これは古い家に特によく見られる現象で、水道管の中に赤錆が出ることが原因とされます。近年出回っている水道管は、管の内面がコーティングされているため、赤水はあまり発生しませんが、古い水道には鉄管が使われていたため、管そのものが錆びたり、接続部のねじが錆びたりすることによって赤水が生じます。錆を多く含んだ水を長期にわたり飲み続けると、健康を害する可能性も高まります。また、水道管の劣化によって、水漏れが起こることにもなりかねません。このような異常に気付いたら、早めに配管工事業者に連絡して、給水管の更生工事を依頼したいですね。

 

排水口や排水管からの悪臭

排水口からひどい臭いがする場合、まずは排水口周りに着いた汚れやカビなどを掃除したり、市販のパイプ洗浄剤を使用したりしてみましょう。こうした対処にも関わらず悪臭が戻ってくる場合、また建物内に悪臭が立ち込めている場合には、排水トラップと呼ばれる、悪臭が屋内に入らないようにする排水管の設備がうまく機能していないのかもしれません。配管に係る不具合の可能性が見られたら、さいたま市指定の配管工事業者に依頼し、修理してもらいましょう。

 

水道管の凍結

比較的気候の温暖なさいたま市でも、冬には氷点下まで下がることがあります。屋外に設置されている水道管に防寒措置がなされていない場合、中の水が凍り、水道管が破裂することもあるかもしれません。このようなトラブルを避けるためも、むき出しの水道管に毛布などを巻き付けるなど、寒さ対策をしておきましょう。もし凍ってしまった場合は、自然に解凍するまで待つか、50度くらいのぬるま湯を、布を被せた水道管にゆっくりかけて溶かしましょう。急に熱湯をかけると、水道管や蛇口を破損させてしてしまう恐れがあるため、注意が必要です。

すでに凍結により家の敷地内の水道管が破裂してしまったら、配管工事業者に対処をお願いしましょう。敷地外で起こった破損の場合は、水道局の管轄となるため、さいたま市水道局に連絡してください。

 

 

配管に係るトラブルは、しょっちゅう起こることではないため、その対処に困ってしまうことも多いかもしれません。しかし、特に水道関係のトラブルは健康被害や建物の損害に直結します。異常には早急に対処していきたいですね。

homifyで住まいの専門家を見つけましょう

homifyに登録されている建築家は、こちらで見ることができます。

homifyに登録されている建築家のリスト

水回りについては、こちらの記事が参考になるかもしれません。

水回りの間取りで家の使いやすさが決まる!そのプランニングをする上で知っておきたい6つのこと

homifyで夢の住まいを実現させよう

homifyでマイホームの参考になる住まいの写真を見ることができます。

バスルームの写真

関連する写真を見る