Kitakyushu の 配管工事業者 | homify

北九州市の配管工事業者0人

一致する検索結果がありませんでした。このカテゴリーに一致する写真をアップロードする第一人者になって下さい。

配管工事業者の仕事とは

配管工の仕事とは、建物を活用していくのに必要となる配管を設置すること。空調関係の設備や、給排水関係の設備、ガスの配管といった日々の暮らしや工業施設、公共施設のインフラを整えてくれます。この中でも我々の暮らしに頻繁に関わるのが、水関係の配管の専門家でしょう。水道は生活していく中でなくてはならないもの。衛生的で健やかな暮らしのためにも、水廻りのメンテナンスやトラブルに対する措置方法について、正しい知識を身につけておきたいですね。

ここでは水のトラブルについて、知っておきたいポイントを紹介していきます。

 

北九州で水道の配管工事業者を探すには

水道管や水廻りで問題が生じたとき、その対処法や専門業者をインターネットで調べる人も多いのでは?長くお住まいの方ならば、近所の口コミを参考にしてみてもよさそうですが、業者選びで気を付けておきたいのが、自治体から指定給水装置工事事業者の指定を受けているかどうか、ということでです。自治体からの認定がない業者に頼むと、高額な請求や手抜き工事などのトラブルに遭う可能性もあるといいます。北九州市内で水道の配管工事業者を探す場合、北九州市水道局のホームページの、指定給水装置工事事業者の一覧を参考にしてみるとよいでしょう。

 

漏水のトラブル

水道代が急に高くなったり、宅地内の土が晴れていても湿っていたりした場合、床が水浸しになったり水音が家のどこかから聞こえたりする場合には、漏水の恐れがあります。早急に配管工事業者に連絡することをお勧めします。水漏れが続くと、水道料金が上がるだけでなく、壁や柱といった構造部分が水を含んで、カビが発生してしまうかもしれません。いろんな被害を抑えるためにも、地元・北九州市で指定された配管工事業者に連絡をして、漏水の確認と対処工事を依頼しましょう。

 

排水管の水つまり

トイレやキッチンなどの排水が滞りがちである場合、二階のトイレを使うと一階のトイレが逆流する場合、また、排水口や、蛇口から離れた所で変な音がする場合には、排水管がつまっている可能性があります。少しでも異常を察したら、地元・北九州市指定の配管工事業者に連絡してみましょう。排水管が完全につまると、自宅で普段通りの生活が出来なくなってしまう可能性もあります。

赤水

蛇口から濁った水が出たり、水を飲むと鉄の味がしたりしますか?また、水がどこかから漏れているような場合、赤水という現象が発生しているのかも。これは古い家でよく見られる問題で、内部が錆びてしまった鉄製の水道管が原因となります。近年使用される水道管では、管の内面がコーティングされており、赤水はあまり発生しませんが、古いものでは管そのものが錆びたり、接続部のねじが錆びたりすることにより、赤水が出るのです。錆を過剰に含んだ水を飲み水やお風呂の水として使い続けると、健康に重大な被害が出る恐れもあります。また、錆びによる劣化が原因で、漏水が発生することにもつながりかねません。こうした異常に気付いたら、早めに配管工事業者に連絡して、給水管の更生工事をしてもらいましょう。

 

排水口や排水管からの悪臭

洗面所やキッチンの排水口がひどく臭う場合、匂いのもととなりがちな汚れやカビなどを除去したり、パイプ洗浄剤を使用したりすることで、問題が解決できるかもしれません。しかし、こうしたケアにも関わらず悪臭が戻ってくる場合、または家のどこかから悪臭がする場合には、排水トラップという、悪臭が下水管から屋内に戻らないようにする装置がうまく働いていないのかも。こうした場合には、北九州市が指定する配管工事業者に依頼して、直してもらいましょう。

 

水道管の凍結

気候の温暖な北九州でも、冬の寒い時期には零下まで下がることもあります。水道管がむき出しのまま屋外にある場合、中の水が凍ったり、水が凍ることによって水道管が破裂してしまったりすることもあります。水道トラブルを避けるためも、むき出しの水道管には保温材を巻き付けるなどの対策をしておきたいですね。それでも万が一凍ってしまった場合には、自然に解凍するのを待つか、凍ったと思われる部分に布などを被せて、50度くらいのお湯をゆっくりかけ、溶かしていきましょう。熱湯をかけてしまうと、水道管や蛇口を破損させてしてしまうため、注意が必要です。

すでに凍結により宅地内の水道管が破裂してしまったときには、配管工事業者に、宅地外で起こった水道管の破裂は、水道局に連絡してください。

 

 

配管にかかわる問題は、しょっちゅう起こることではないですが、だからこそ対処に戸惑ってしまうことも多いでしょう。しかし、特に水関係のトラブルは建物自体の破損や健康被害にも密接につながるもの。早急に対処できるようにしていきたいですね。

homifyで住まいの専門家を見つけましょう

homifyに登録されている建築家は、こちらで見ることができます。

homifyに登録されている建築家のリスト

水回りについては、こちらの記事が参考になるかもしれません。

水回りの間取りで家の使いやすさが決まる!そのプランニングをする上で知っておきたい6つのこと

homifyで夢の住まいを実現させよう

homifyでマイホームの参考になる住まいの写真を見ることができます。

バスルームの写真

関連する写真を見る