Sapporo の 塗装会社 | homify

札幌市の塗装会社0人

サービス地域
一致する検索結果がありませんでした。このカテゴリーに一致する写真をアップロードする第一人者になって下さい。

札幌市の塗装業者


住まいで塗装が必要となる場合に多いのは外壁塗装


●外壁塗装を依頼する場合に考えられる専門家


外壁塗装が必要となった場合は外壁塗装を専門としている塗装業者、またはハウスメーカーへ依頼しましょう。
塗装業者に依頼する場合は優良業者かそうでないかを見極めるのが大切です。
市としては全国第四位の人口を抱える札幌市には多くの塗装専門業者が存在します。
たくさんの選択肢から選べるのは良いことですが、その分迷ってしまうのも事実です。
まずは札幌市内で長きに渡り活動し、地元の顧客から信頼を得ている外壁塗装業者を探しましょう。
インターネット上の情報だけでなく、実際にその業者に施工してもらったという生の口コミがあれば信頼度が増します。
信頼できる塗装業者を自力で見つけられなかった場合は、あなたの自宅を新築(または改装)したハウスメーカーの担当者に相談するのもひとつの方法です。
ハウスメーカーは外壁塗装を専門業者へ委託しています。ハウスメーカーが委託しているという点でその業者は安心感や信頼感があると判断できるかもしれません。
しかしどちらに依頼するにしても、数社から見積もりを取ったのちに総合的に納得できる一社を指名することが重要です。


●外壁塗装を検討するシグナル


あなたの自宅が新たな外壁塗装を必要としているか否かはあなたの目で確認できます。
次に記述する現象が見つかった場合は外壁塗装の実施を検討してください。

・ひび割れ
外壁塗装は1年365日、気候の変化と紫外線のダメージを受け続けています。
これらのダメージが長年蓄積した結果、塗膜(塗装の膜)にひび割れが発生します。
髪の毛のような細いひび割れ(ヘアークラック)の段階であれば問題ありませんが、
目に見えて分かる大きなひび割れの場合は外壁塗装のやり直しが必要です。

・チョーキング(白い粉がつく現象)
外壁の表面をざっと撫でた時、手のひらに白い粉がたくさん付きませんか?もしそうなら外壁塗料が既に劣化している証拠です。
これは「チョーキング」と呼ばれ、紫外線により塗料の中の白色顔料が分解され表面へ出ている状態です。

・塗料の剥落
ひび割れが進むとそこから塗膜が剥がれ落ちていきます。塗膜が剥落した箇所は外壁材がむき出しになり、雨や紫外線などのダメージを直接受けてしまいます。剥落が見つかったら範囲が広がる前に対処しましょう。

・塗装の膨れ
ひび割れから雨水が侵入し溜まると塗装の膜が内側からぷくっと膨れることがあります。
進行すると塗膜の剥落につながったり、外壁材を湿らせて傷める原因となります。

・塗装後の年数
自宅の外壁塗装を施工してから何年経過していますか?
これはシンプルで分かりやすい基準のひとつですが、外壁に使用された塗料の種類によって塗り直しのタイミングが少しずつ異なります。
以下に詳しく記します。


●塗装を検討する年数(素材によって異なる)


外壁用塗料一覧と、右側の数字が大まかな耐久年数です。
前回自宅の外壁に使用した塗料の種類と施工年からの経過年数を照らし合わせてみましょう。

アクリル塗料 2~5年目
ウレタン塗料 5~8年目
シリコン塗料 7~12年目
ラジカル 8~13年目
フッ素系  10~15年目
無機系     15~20年目
遮熱系     15~20年目

外壁塗装ではシリコン塗料が幅広く使用されています。
アクリル塗料やウレタン塗料で見積もりが作成されている場合は低価格なため、お得だと感じるかもしれません。
しかし一覧からも分かるように、この二種は耐久年数が短いため頻繁な塗り直しが必要となります。長い目で見ると総コストは… ?

ニーズに合わせて塗料を選んでください!



●塗装を行う最適な季節



外壁塗装を行うのに向いているのは湿度が低く、天気が安定して晴れの日が続く季節です。
本州の場合は春と秋をおすすめしていますが、札幌市の場合は春といえど雪が降ることもあるので一概に外壁塗装に向いた季節とはいえません。
反対に札幌市の夏は湿度が低く、本州ほど気温も上がらないので外壁塗装に向いているといえます。
雪に閉ざされる冬季は問題外として、札幌市で外壁塗装を行うなら降雪の心配がなくなった初夏から初秋にかけてがベストです。
外壁用塗料は気温五度以下になると乾燥しにくくなるため、初秋でも気温が低すぎる場合はおすすめしません。


●外壁塗装の価格の内訳


誰もが気になる外壁塗装の価格ですが、20坪台の一般住宅を例にすると総額約85-105万円ほど(シリコン塗料使用の場合)。
札幌市の住宅は30-34坪が平均的なサイズとされているので、その場合は見積もり価格はもう少し上がるでしょう。
外壁塗装代の内訳は塗料の種類と面積、そして足場代の三つです。狭小地専用足場など特殊な足場を使わなければならない敷地では単価が上がります。


外壁塗装は北海道の厳しい自然環境から外壁を守る薄いガードです。外観の色ばかりでなく、これからはその機能と役割にも注目してみてください!塗装業者の選び方も変わってくるはずです。

homifyで住まいの専門家を見つけましょう

homifyに登録されている建築家は、こちらで見ることができます。

homifyに登録されている建築家のリスト

壁については、こちらの記事が参考になるかもしれません。

塗壁が住まいにもたらしてくれること、そのメリット、デメリット

homifyで夢の住まいを実現させよう

homifyでマイホームの参考になる住まいの写真を見ることができます。

壁の写真