Sagamihara の 塗装会社 | homify

相模原市の塗装会社0人

一致する検索結果がありませんでした。このカテゴリーに一致する写真をアップロードする第一人者になって下さい。

相模原市の塗装業者




住まいで塗装が必要となる場合に多いのは外壁塗装


●外壁塗装を依頼する場合に考えられる専門家


外壁塗装の施工依頼は専門家である塗装業者、またはハウスメーカーへします。相模原市に根付いた活動で顧客から信頼されている実績ある専門家を探すことが大切です。親類や友人、同僚、近隣住民など、外壁塗装を実際に専門家に依頼したことがあるという人がいるのなら、ぜひ意見を聞いてみましょう。生の口コミは何より参考になります。また、複数の業者を比較することも重要です。まずは数社に見積もりを依頼してじっくり比較・検討しましょう。金額の安さだけで選ばずに、確かな実績があること、仕事が丁寧であること、顧客から信頼されていることなどを見極めることが大切です。



●外壁塗装を検討するシグナル



外壁塗装は一度施工したら永久にもつわけではなく、数年に一度の塗り直しが必要です。次に紹介する現象が外壁塗装に出ていたら要注意です。外壁塗装の塗り直しを検討する必要があります。

・大きなひび割れ、塗装の剥落
外壁塗装に大きなひび割れがありませんか?
塗装の膜は紫外線や天候及び気温の変化で日々ダメージを受けています。そのダメージによって塗膜は徐々に薄くなり、最後にはひびが入り割れます。細い線を描いたようなひび割れの場合はまだ猶予がありますが、はっきりと分かる大きなひび割れの場合は塗装のやり直しを検討すべきです。ひび割れを放置するとそこから侵入した雨水が溜まって塗膜が内側から膨れる、また塗膜が剥落するなどの二次被害につながります。外壁材に悪影響が出る前に対処しましょう。

・チョーキング(白い粉がつく現象)
紫外線による劣化現象は他にもあります。紫外線を受け続けることによって外壁用塗料の成分は徐々に分解されていきます。そして劣化が進むと白色顔料のみが表面へ浮き出てきて、外壁塗装の表面に細かい粉として現れます。これは[チョーキング]という現象で、完全に塗料が分解されてしまっている証拠です。外壁塗装の表面を手で撫でた時、手のひらが真っ白になった場合は塗装の塗り直しが必要です。


・塗装後の年数
あなたは自宅の外壁塗装施工後からの経過年数を把握していますか?五年、十年という節目は塗り直しの良い機会になりますが、塗料によって耐久年数が異なるため塗り直しが必要か否かは一概には言えません。また、経過年数が短くても先述した現象が外壁塗装に見られた場合は塗装の施工を検討してください。


●塗装を検討する年数(素材によって異なる)
外壁塗装には一般的にシリコン塗料が使用されます。アクリル塗料やウレタン塗料はローコストですが、一覧からも分かるように耐久年数が短いため塗り直しのサイクルも早くなります。

アクリル塗料 2~5年目
ウレタン塗料 5~8年目
シリコン塗料 7~12年目
ラジカル 8~13年目
フッ素系  10~15年目
無機系     15~20年目
遮熱系     15~20年目


●塗装を行う最適な季節


外壁塗装の施工におすすめの季節は大きく分けると春と秋です。細かい条件を述べていくと、まずは空気が乾燥している湿度が低い日であること、晴天が数日続くこと、気温五度以下にならないこと、これらの条件を満たす期間のことです。
春も秋も季節の変わり目は天気が崩れやすく、突然雨が降ることもあるので気を付けましょう。梅雨や台風シーズン、塗料が乾きにくくなる高温多湿の日は避けた方が良いでしょう。



●外壁塗装の価格の内訳


最後に外壁塗装にかかるコストとその内訳を紹介します。
相模原市の平均的な住宅地に立つ20坪台の住宅の場合、シリコン塗料使用で外壁塗装にかかるコストは総額約85-105万円ほど。内訳は塗料の種類と量、そして足場代です。足場単価はどのような種類の足場を使用するかで変動するため、狭小敷地や変形敷地などで専用の足場を使う必要がある場合は単価が高くなります。見積もりを得たら、総額だけでなく内訳までしっかり確認しましょう。

homifyで住まいの専門家を見つけましょう

homifyに登録されている建築家は、こちらで見ることができます。

homifyに登録されている建築家のリスト

壁については、こちらの記事が参考になるかもしれません。

塗壁が住まいにもたらしてくれること、そのメリット、デメリット

homifyで夢の住まいを実現させよう

homifyでマイホームの参考になる住まいの写真を見ることができます。

壁の写真



関連する写真を見る