Osaka の 塗装会社 | homify

大阪市の塗装会社0人

サービス地域
一致する検索結果がありませんでした。このカテゴリーに一致する写真をアップロードする第一人者になって下さい。

大阪で塗装業者を探すには

●外壁塗装を依頼する場合に考えられる専門家


外壁塗装を行っている専門家は塗装業者やハウスメーカーです。自宅を施工したハウスメーカーであれば当時の担当者や職人とも既に面識があるはずです。まずは電話やメールで現在の外壁の状況を相談してみると良いでしょう。ハウスメーカーに外壁塗装を依頼する利点は、彼らが普段から業務委託している信頼感のある塗装職人が施工してくれるという点です。
塗装業者に直接依頼することも可能です。大阪府には外壁塗装の専門業者が多く存在します。だからこそどこに依頼すべきか迷ってしまうのですが、まずは地域密着型で長年活動している実績のある数社をピックアップして見積もりを取りましょう。外壁塗装を施工してもらったという生の口コミを近隣住民から得ることができれば良い判断材料となりますし、信頼感や安心感につながります。



●外壁塗装を検討するシグナル


外壁塗装を検討すべきシグナルは専門家でなくても実は目に見えて分かります。築年数もひとつの目安ですが、それに囚われすぎず、まずは自宅の外壁をすみずみまで観察してください。外壁に以下の現象が出ていたらあなたの家は新たな塗装を必要としています!


・ひび割れ
外壁塗装は太陽からの紫外線、激しい気候や気温の変化に常に晒されています。すると塗装の膜(塗膜)が少しずつ薄くなっていき、ひびが入って最終的に割れて剥がれ落ちてしまいます。髪の毛のような細いひび(ヘアークラック)であればまだ問題ありませんが、大きなひび(構造クラック)が入っている場合は要注意。塗装の塗り直しを必要としています。

・チョーキング(白い粉がつく現象)
掌で外壁をざっと撫でた時、白い粉が掌全面に付いた場合は塗料が完全に劣化しています。これは外壁塗料が紫外線により劣化し、白色顔料だけが分解され表面に浮き出てきている[チョーキング]という現象。白い粉が指先に多少付くくらいなら問題ありません。


・塗料の剥落
外壁塗装にひびが入ると塗膜の剥落の原因となります。塗膜が剥落した箇所はいわば裸の状態。外壁だけでなく建物の他の部分にもダメージが及ぶ前に対処すべきです。


・塗装の膨れ

外壁塗装にぷっくりと膨れが出来ることがあります。これは蓄熱しやすい外壁材が使われている場合に多く、内部で発生した水蒸気が塗膜を押し上げてしまう現象です。多くの場合施工不良が原因で、正しい下処理や施工が行われなかったためです。他には放置されたひび割れから雨水が溜まり、膨らんでしまうこともあります。このようにひびは色々な現象の原因となります。繰り返しますが、大きなひびには要注意です!


・塗装後の年数
一度目の外壁塗装から何年経過しているのか、それも判断材料のひとつとなります。しかし塗料の種類により耐久性が2年〜20年と大きく異なるので、まずは自宅の外壁塗装にどんな塗料が使用されたのかを調べましょう。



●塗装を検討する年数(素材によって異なる)


外壁塗装用の塗料の種類と、それぞれの塗料の耐久年数です。
アクリル塗料 2~5年目
ウレタン塗料 5~8年目
シリコン塗料 7~12年目
ラジカル 8~13年目
フッ素系  10~15年目
無機系     15~20年目
遮熱系     15~20年目
外壁用塗料の中でもアクリル塗料とウレタン塗料は低価格ですが、耐久年数を見れば分かる通り低品質で頻繁な塗り直しが必要なので、長い目で見るとお得とは言えません。塗装業者に直接依頼する場合は、どんな塗料を使用しているのかまずは問い合わせてみましょう。



●塗装を行う最適な季節

外壁塗装が必要と分かったら「今すぐに塗装業者に依頼しなきゃ!」と焦る方もいるかもしれませんが、いったん冷静になりましょう。外壁塗装は年中いつでも行えるものではないのです。外壁塗装を避けるべき季節を知っておくとコストを無駄にせずに済みますよ。
・雨の多い季節
外壁塗装は単にペンキを塗ったら完成、というものではありません。外壁用の塗料を塗布し、いったん完全に乾燥させ、さらにもう一度塗料を塗布し… と、何度かこの作業を繰り返して強い塗膜を作っていくのです。雨が多いシーズンは塗料が雨で流れたり、完全に乾燥させることが難しいため塗膜のクオリティと強度が低くなってしまいます。雨が降り出す度に作業を中断せざるを得ないので効率が悪く、期間が延びてコストも増えてしまいます。
・気温が低い季節、湿度の高い季節
大阪府では地域によって多少の差はありますが冬期は夜間に氷点下になったり雪が舞うこともあります。そうでなくても気温が5度を下回ると塗料が乾きにくくなるので、冬期の外壁塗装はあまりおすすめできません。さらに大阪は年間を通して湿度が高め。高い湿度も塗料の完全な乾燥を阻む原因です。梅雨の時期に限らず湿度が高いと感じるシーズンは避けた方が良いでしょう。
外壁塗装に適した条件をまとめると、1,晴れの日が多い 2,空気が乾燥している 3,気温が極端に低すぎたり高すぎたりしない ということになります。それはずばり春と秋。人気の業者に依頼が集中する時期でもあるので、外壁塗装を検討している場合は早めの予約を!

●外壁塗装の価格の内訳


外壁塗装にかかるコストの内訳は塗料の種類、塗布する面積、そして足場代で構成されます。住宅地に立つ20坪台の一般的な住宅を例にすると、シリコン塗料を使用した場合、総額約85-105万円ほどが平均価格とされています。足場代って何?と疑問に思う方も多いかもしれませんが、住宅密集地などで通常の足場が立てられない場合は狭小用足場を使用しなければならないため、単価が少し上がります。大阪府ではJR大阪環状線の東側外周部に住宅密集地が多く、また京阪沿線にも広い範囲で住宅が密集しています。古くから存在する下町の長屋や商店街など、建物同士が密接して隙間がほとんどない場所は人が入れないため外壁塗装ができません。

外壁塗装は建物を守る薄いガードとして機能しています。色で目を楽しませる以上に重要な役割を果たしているんです。外壁塗装にかかる金額は決して安くはありませんが、だからこそ塗装業者探しは慎重に、妥協せずに信頼できる専門家を見つけることをおすすめします。

(価格データは2018年12月記事公開時のもの)

●homifyで住まいの専門家を見つけましょう

homifyに登録されている建築家は、こちらで見ることができます。

homifyに登録されている建築家のリスト

●建築家選びの参考に読んでみましょう。

建築家選びのポイントまとめ

●homifyで夢の住まいを実現させよう

homifyでマイホームの参考になる住まいの写真を見ることができます。

壁の写真