Niigata の 塗装会社 | homify

新潟市の塗装会社0人

一致する検索結果がありませんでした。このカテゴリーに一致する写真をアップロードする第一人者になって下さい。


新潟市の塗装業者



住まいで塗装が必要となる場合に多いのは外壁塗装


●外壁塗装を依頼する場合に考えられる専門家


新潟市で外壁塗装を施工する場合は塗装業者へ直接依頼するか、自宅を新築または改装時などに施工依頼したハウスメーカーへ連絡してください。
新潟市とその周辺地域で長く営業している実績があり、丁寧で高品質な仕事で顧客から高く評価されている塗装業者を探しましょう。新潟市は日本海側最大の都市であるため塗装業者も多く見つかるでしょう。
しかし、価格の安さだけで即決すると後々のトラブルにもつながりかねません。塗装業者数社をピックアップし、慎重に比較・検討することが大切です。



●外壁塗装を検討するシグナル


外壁塗装が既に劣化しているか、または次の塗装施工まで猶予があるのかはあなた自身でチェック可能です。
外壁塗装に以下のようなシグナルが出ていないかじっくり観察してみてください。

・大きなひび割れ、塗装の剥落
外壁塗装の塗料の膜(塗膜)は気候の変化や紫外線の影響などで劣化し、徐々に薄くなっていきます。ひびが入ったということは塗膜の耐久性を超えたということです。髪の毛のように細いひびは問題ありませんが、大きく太いひび割れの場合は塗装のやり直しが必要です。
ひび割れを元に塗膜が大きく剥がれ落ちたり、塗膜の内側に雨水が溜まるなどの二次被害にもつながります。これらは外壁材にも悪影響を及ぼすため、大きなひび割れを放置してはいけません。


・チョーキング(白い粉がつく現象)
紫外線による劣化現象は他にもあります。それは[チョーキング]という現象。塗料の成分は紫外線により少しずつ分解され、最後は白色顔料だけが表面へ浮き出てきます。
手のひらで外壁塗装をざっと撫でた時、手が真っ白になるほど粉が付いた場合は、かなり塗料の劣化が進んでいます。

・塗装後の年数
外壁塗装の施工から何年経過していますか?十年を超えている場合は新たな塗装をすぐにでも検討すべきです。
そうでない場合も、どんな種類の塗料を使用したかで耐久年数が大きく異なるため、自宅の外壁に施工した塗料を再確認してください。



●塗装を検討する年数(素材によって異なる)


自宅の外壁に施工した塗料の種類を確認しましょう。目安の耐久年数を超えていませんか?
アクリル塗料やウレタン塗料はローコストですが、一覧からも分かるように耐久年数が短いので塗り直しも短いサイクルで行うことになります。
一般的な塗装業者の場合はウレタン塗料が使用されますが、見積もり取得の際にご自身で問い合わせてください。

アクリル塗料 2~5年目
ウレタン塗料 5~8年目
シリコン塗料 7~12年目
ラジカル 8~13年目
フッ素系  10~15年目
無機系     15~20年目
遮熱系     15~20年目


●塗装を行う最適な季節


新潟市は4月から10月にかけての日照時間が長く、それは実は東京よりも多いのです。しかも4月~6月初旬は降水量が少なく、空気が乾燥するため外壁塗装に最適な時期といえます。その後7月中旬頃までは梅雨のピークとなるので避けましょう。雨の多い季節はもちろんのこと、気温五度以下の日は塗料が乾きにくくなるため同様に避けた方が無難でしょう。新潟市は日本海沿岸部の平野に位置するため、北陸の他都市と比べれば積雪は少ない方ですが、やはり緊急時以外は外壁塗装の施工は4月~6月初旬に行うことをおすすめします。


●外壁塗装の価格の内訳



新潟市で塗装業者に外壁塗装を依頼した場合、一般的な住宅地に立つ20-29坪の住宅で価格は約85-105万円ほどとされています。内訳は塗料の種類と量、そして足場代が含まれています。足場単価は敷地の形状に左右され、通常の足場が組み立てられない狭小地や変形地では特殊な足場を使うため価格が上がります。


繰り返しますが、塗装業者やハウスメーカーへの依頼はまず複数の業者から見積もりを得て、比較検討してください。外壁塗装の依頼はその中から実績と信頼感のあるベストな一社へ行いましょう。

homifyで住まいの専門家を見つけましょう

homifyに登録されている建築家は、こちらで見ることができます。

homifyに登録されている建築家のリスト

壁については、こちらの記事が参考になるかもしれません。

塗壁が住まいにもたらしてくれること、そのメリット、デメリット

homifyで夢の住まいを実現させよう

homifyでマイホームの参考になる住まいの写真を見ることができます。

壁の写真

関連する写真を見る