Fukuoka の 塗装会社 | homify

福岡市の塗装会社0人

サービス地域
一致する検索結果がありませんでした。このカテゴリーに一致する写真をアップロードする第一人者になって下さい。

福岡市で塗装業者を探すには


●外壁塗装を依頼する場合に考えられる専門家

福岡市で外壁塗装を行う場合はハウスメーカー、または塗装専門業者へ依頼しましょう。ハウスメーカーは家を新築する時だけでなくアフターケアも行います。あなたの自宅を施工したハウスメーカーの担当者に一度相談してみてください。ハウスメーカーが普段から外壁塗装を委託している安心感ある塗装職人を紹介してくれるでしょう。

外壁塗装専門業者へ直接依頼する場合は、多くの選択肢の中から塗装の技術やコスト面、接客態度など納得出来る業者を見つけ出す必要があります。福岡市は人口の多さでは九州地区一位、西日本という大きな範囲で見ても第二位という大都市です。外壁塗装専門家も無数に存在しますが、見積もり金額だけで選ぶのは厳禁。福岡市内で長年営業している実績があり、地域住民から信頼を得ている業者かどうかを見極めることが大切です!



●外壁塗装を検討するシグナル

外壁塗装が今すぐ必要?それともまだ大丈夫?自宅の外壁が新たな塗装を必要としているかどうかはあなた自身で判断可能です。外壁に次の現象が出ていたら塗装を検討すべきタイミングです!


・ひび割れ

外壁塗装はダメージを受けて少しずつ薄くなり、最後はヒビが入り剥がれ落ちます。そのダメージの原因とは紫外線や激しい風雨、気温の変化といった防ぎようのない気象現象です。線を書いたような細いヒビ割れであれば問題ありませんが、太く大きなヒビ割れがあるのなら外壁塗装の施工が必要です。


・チョーキング(白い粉がつく現象)

[チョーキング]とは紫外線による劣化で塗料から白色顔料のみが分解され、浮き出てくる現象です。外壁塗装の表面をさっと触った時に白い粉で手の平が真っ白になった場合、この[チョーキング]が起きています。外壁塗装を必要としているシグナルです。指に多少粉が付くくらいであればまだ大丈夫です。


・塗料の剥落

ヒビ割れの項でも触れましたが、ヒビを元に塗料の膜が剥がれ落ちてしまうことがあります。塗料が剥落している箇所は外壁材が直接ダメージを受けてしまいます。剥落の範囲が広がる前に対応を!


・塗装の膨れ

外壁塗装の表面がぷっくり膨らんでいませんか?これは塗膜の内側に水が溜まっています。ヒビ割れから雨水が侵入した場合と、熱を持ちやすい外壁材が水蒸気を発生させてその水分が溜まった場合とがあります。後者の場合は施工不良が原因です。


・塗装後の年数
前回の外壁塗装から何年経過しているかもひとつの判断基準となります。外壁塗料の種類別の耐久年数を次で紹介します。




●塗装を検討する年数(素材によって異なる)


外壁塗装用の塗料一覧とそれぞれの耐久年数です。塗膜の質や気候条件によってはこの限りではありません。
アクリル塗料 2~5年目
ウレタン塗料 5~8年目
シリコン塗料 7~12年目
ラジカル 8~13年目
フッ素系  10~15年目
無機系     15~20年目
遮熱系     15~20年目
アクリル塗料やウレタン塗料は低価格です。しかし耐久年数が他と比べて短いので頻繁な塗り直しが必要となってしまい、長い目で見るとローコストとは言えないかもしれません。一般的な外壁塗装ではシリコン塗料が使われています。



●塗装を行う最適な季節

先述した[外壁塗装を検討すべきシグナル]が自宅の外壁に出ていたらすぐにでも塗装業者へ依頼をしたくなりますが、実は外壁塗装を避けた方が良い季節があります。


・雨の多い季節

外壁をしっかり守る質の高い塗膜(塗料の膜)を作るには、塗料の塗布と完全な乾燥を何度か繰り返す必要があります。梅雨や秋雨の時期は雨が続くため乾燥が難しく、塗膜の質が下がります。雨の度に作業を中断しなければならないので施工期間も無駄に長引いてしまいます。


・気温が低い季節、湿度の高い季節

外壁用塗料は気温が5度以下になると乾きにくくなります。福岡市では冬季も温暖な気候で冬日になることは殆どありませんが、この塗料の性質は頭に入れておきましょう。

福岡及びその周辺で外壁塗装を行う場合は寒さよりも湿度に注意が必要です。この地域は暖流の影響で湿った空気が流れ込んでいるため、常に湿度が高め。湿度が高いと雨の季節と同様に塗料が乾きにくくなるので注意してください。

福岡の夏は気温、湿度ともに高く厳しい暑さが長く続きます。外壁塗装に向いている季節とは梅雨から夏の終わりまでを避けた秋から春にかけてです。

●外壁塗装の価格の内訳


外壁塗装の価格を構成するのは三つ。まずは先述した塗料の種類、そしてそれを塗布する面積、最後に足場代です。一般的な20坪台の住宅を例にすると約85-105万円が相場とされています(シリコン塗料を使用した場合)。足場代は外壁塗装を施工する建物の階数だけでなく、敷地のサイズにも左右されます。通常サイズの足場が組み立てられない小さな敷地や隣家との隙間には狭小用足場を使用するため、足場単価が上がります。

平均して一軒あたり約100万円近くのコストが必要な外壁塗装は、数年に一度とはいえ決して安い出費ではありません。だからこそ塗装業者選びは慎重に、納得出来る一社を選びたいですね。
(価格データは2018年12月記事公開時のもの)

●homifyで住まいの専門家を見つけましょう

homifyに登録されている建築家は、こちらで見ることができます。

homifyに登録されている建築家のリスト

●建築家選びの参考に読んでみましょう。

建築家選びのポイントまとめ

●homifyで夢の住まいを実現させよう

homifyでマイホームの参考になる住まいの写真を見ることができます。

壁の写真