Sendai の ランドスケープアーキテクト | homify

仙台市のランドスケープアーキテクト0人

一致する検索結果がありませんでした。このカテゴリーに一致する写真をアップロードする第一人者になって下さい。

仙台市のランドスケープアーキテクト

ランドスケープ・アーキテクトとは

ここでは「ランドスケープ・アーキテクト」という専門家について紹介します。風景や景観を意味する「ランドスケープ」、建築家を意味する「アーキテクト」が合体した「ランドスケープ・アーキテクト」とは、周囲の風景や景観を取り込んだスペースをデザインする専門家です。ランドスケープ・アーキテクトの扱う範囲には生活環境、居住空間のデザインも含まれています。

ランドスケープアーキテクトの仕事

ランドスケープアーキテクトが関わる対象は公共のスペース、例えば商業施設の外構、公園や広場、庭園など多数の人が使用する場所があります。反対に私的なスペース、個人宅の庭のデザインなども行っており、ランドスケープアーキテクトは一般的なガーデンデザイナーや庭師が扱う範囲よりも幅広い対象を取り扱います。もちろんあなたがランドスケープアーキテクトに自宅の庭や外構デザインを依頼することも可能です。さらにランドスケープアーキテクトは生活環境も含んだデザインを行うため、都市開発やまちづくりなどの大規模なプロジェクトを取り扱うこともあります。公共スペース、私的スペースどちらの場合においても対象とその周囲の環境を守りつつ生かし、審美性と機能性の高いスペースを作ることがランドスケープアーキテクトの仕事です。

ランドスケープアーキテクトの歴史

ランドスケープアーキテクトは「ランドスケープアーキテクチャーを取り扱う専門家」として遡ることで、その歴史を知ることができます。その起源は広大な庭園のデザインにつながります。

ランドスケープデザインが確立されたのは1800年代のアメリカ。イギリスで発展したランドスケープ・ガーデン(風景式庭園)から影響を受けたフレデリック・オルムステッド(Frederick Law Olmsted)が、セントラルパーク(ニューヨーク)を設計したのが始まりとされています。その後も数多くの公園や都市計画に関わったフレデリックにより、ランドスケープデザインの基礎が築かれました。

明治時代になると日本にもランドスケープアーキテクチャーの概念が輸入され、「ランドスケープ・アーキテクチャー=造園学」と訳されます。そして公共造園(公園や緑地などの公共スペースの整備)の分野で発展し、日本の伝統的なガーデンデザインや技法が継承されたスタイルが生み出されました。このことは日本に限ったことではなく、他国においても地域の伝統や自然及び気候の特徴、または時代背景や人々のニーズなどが反映されたスタイルを見ることができます。

ランドスケープアーキテクトの協会

ランドスケープアーキテクトに依頼したい事案があるのなら、まずは資格を所持している専門家を探すことから始めましょう。日本においては「ランドスケープコンサルタンツ協会」が民間資格の認定を行っています。現在のところ日本には国家資格はありませんが、それに関連するものとして「1級・2級造園施工管理技士」という国家資格があります。ランドスケープコンサルタンツ協会は発足して約50年、職能の確立や後継者の育成、そして国外のランドスケープアーキテクトとの国際的連携を目指して活動しています。

まとめ

普段の暮らしの場と周囲の自然環境とをトータルで捉え、自然との触れ合いや調和がありつつ生活環境としても快適なスペースを望む方は、ランドスケープアーキテクトに依頼することをおすすめします。建物と庭を別々の専門家に依頼する場合とは異なるユニークで魅力的なアイデアが提供されるでしょう。

仙台市は都心部にも緑が多いのが特徴で「杜の都」という呼称も全国的に知られています。都心からも眺めることができる青葉山や広瀬川、または豊かな街路樹などがあり、都市部に位置する敷地でもランドスケープアーキテクトの手にかかれば自然と調和した住まい作りが可能でしょう。

homifyで住まいの専門家を見つけましょう

homifyではランドスケープアーキテクトだけでなく多くの造園会社も登録しています。

homifyに登録されている造園会社のリスト

環境を意識した住まいについては、こちらの記事が参考になるかもしれません。

エコロジー住宅で人にも環境にもやさしい住まいに!エコな家づくりのすすめ方

homifyで夢の住まいを実現させよう!

homifyでマイホームの参考になる住まいの写真を見ることができます。

家の写真

関連する写真を見る