Osaka の ランドスケープアーキテクト | homify

大阪市のランドスケープアーキテクト2人

ランドスケープアーキテクトとは

ランドスケープアーキテクトとは、文字通り、景観・風景と建築家を組み合わせてつくられた用語です。とはいえ、彼らが専門とするのは、単に景観をデザインするだけではありません。類似する言葉としてランドスケープデザイナー、ランドスケープコンサルタントが挙げられますが、緑あふれる街づくりや、自然に囲まれた環境づくりはもちろんのこと、河川や海岸、山や森といった自然環境の管理・保全など、人と生き物、自然が長期的に調和し共生する空間を作り出すプロフェッショナルです。

 

ランドスケープアーキテクトの仕事

ランドスケープアーキテクトの仕事は、驚くほど多分野に渡るもの。広大な土地を活用していくためのプランを立てたり、都市の景観デザインを手掛けたりするのはもちろんのこと、既存の自然を再生するための事業や、河川や海岸などの美観と防災のための整備、公園・緑地・スポーツ施設のようなレジャー関係の事業といった公共施設に関わることが一つの柱。もう一つの柱としては、企業のオフィスや、商業施設の緑化を手掛けたり、個人宅の造園計画をしたりといった民間の空間コーディネートが挙げられます。これらの業務をこなすためには、建築や環境デザインだけでなく、土地の利用計画や、雨水の管理、川や海の浸食に対する保護、環境保全、動植物を含めた生態系についての知識、レジャー施設のプラン、さらには、その地の歴史と伝統に根差した庭園づくりなどについての知識が求められます。ランドスケープアーキテクトの仕事の目標は、自然と人間とがうまく調和し、活用できるような環境をつくり、それを永続的に維持できるよう整備すること。公共事業としても民間事業としても求められる仕事です。

 

ランドスケープアーキテクトの歴史

「ランドスケープアーキテクチャー」という言葉は、1828年、ギルバート・レイン・メーソンが最初に使ったとされる比較的新しいもの。美しい庭を作るだけでなく、さらに周囲の環境やその土地の利用法などにも考慮した空間づくりを目指しています。ランドスケープアーキテクトを自称したのは1863年にニューヨークのセントラルパークを設計したフレデリック・L・オルムステッドが最初といわれており、それゆえ彼はランドスケープアーキテクチャーの父とも呼ばれています。

ヨーロッパにおいて造園の歴史は、古代まで遡りますが、ルネサンスに至るまで個人の庭園としてあり続けます。庭園が政治的な力を誇示する道具として活用され始めたのはバロック期。これがランドスケープアーキテクチャーの前史といえます。よく知られた例としてはヴェルサイユ宮殿の庭園が挙げられます。

ランドスケープアーキテクチャーが発展する背景には、産業革命による都市部の拡大と環境の悪化がありました。田園は都市から遠く離れ、都市は大気汚染と環境の悪化が進み、人々の自然に対する思いが高まってきたことから、新しい都市計画に自然が感じられる要素を導入しはじめます。社会構造や都市構造の変化に伴い、一般民衆が自然を身近に楽しめる場を作ること、また悪天候でも衛生的に暮らせる街づくりが求められてきたのです。

日本においては、古くから寺社や権力者などの邸宅の庭を作る際に、借景や点景といったテクニックが取り入れられてきましたが、都市計画において自然の要素を意図的に組み込む試みが一般化したのは20世紀の終わり。西側諸国と比べて日本ではランドスケープアーキテクトはまだまだ少ないですが、逆にいえばこれからさらに伸びていく分野ということです。

 

ランドスケープアーキテクトの協会

日本にはまだまだ専門家が少ないのですが、ランドスケープアーキテクトの集まる団体としてランドスケープコンサルタンツ協会があります。この協会は登録ランドスケープアーキテクトという民間資格制度を創設しており、これを取得することによって、ランドスケープアーキテクトとしての職能を示すことができます。また、この協会に所属する会員が中心となって立ち上げられたランドスケープ経営研究会では、国内外さまざまな民間からの事業課題やアイデアを研究し、そのノウハウや意見の交換、技術情報を提供をするなど、よりよい環境づくりを目指して活動しています。

 

大阪でランドスケープアーキテクトを探すなら

大阪でランドスケープアーキテクトを必要とする場面はいろいろありますが、建物の多い街の中心では、企業や商業施設のようなパブリック空間であっても、プライベートな空間であっても、屋上庭園や水を使った憩いの場のような形で、建物の中に自然の要素を取り入れようとする試みが多いでしょう。大阪市内でも自然の多い地域では、周囲の生態系に配慮した家づくりをお考えの方もあるかもしれません。こうした場合には、周辺の環境調査を依頼してから住まいづくりを考えてみてもいいでしょう。自然が感じられる建物づくりや、周囲の自然と住空間とを一体化させたい、といった思いがあるのであれば、ランドスケープアーキテクトに相談してみるとよさそうですね。

ランドスケープアーキテクトによっては、造園に近い方や建築に近い専門家もいます。ニーズに合わせて依頼先を決めていきたいですね。

homifyで住まいの専門家を見つけましょう

homifyではランドスケープアーキテクトだけでなく多くの造園会社も登録しています。

homifyに登録されている造園会社のリスト

環境を意識した住まいについては、こちらの記事が参考になるかもしれません。

エコロジー住宅で人にも環境にもやさしい住まいに!エコな家づくりのすすめ方

homifyで夢の住まいを実現させよう!

homifyでマイホームの参考になる住まいの写真を見ることができます。

家の写真

関連する写真を見る