Niigata の ランドスケープアーキテクト | homify

新潟市のランドスケープアーキテクト0人

一致する検索結果がありませんでした。このカテゴリーに一致する写真をアップロードする第一人者になって下さい。

新潟市のランドスケープアーキテクト

1、ランドスケープ・アーキテクトとは

ランドスケープ・アーキテクトとは「ランドスケープ=風景・景観」、「アーキテクト=建築家」というそれぞれの意味からも分かるように、自然の風景及び景観をデザインに組み込みながら、スペースや建造物を設計する専門家です。扱う対象には居住空間及び生活空間も含まれます。

2、ランドスケープアーキテクトの仕事

自然環境を保全しながらデザインに取り込み、生活スペースの一部としてその魅力や機能を生かすこと、これがランドスケープアーキテクトの仕事です。対象は公共スペースから私的空間におよび、個人宅の庭から商業施設の外構や公園、広場、庭園まで扱います。より大規模なプロジェクトになると都市開発やまちづくりに参加することもあります。

3、ランドスケープアーキテクトの歴史

この専門家の歴史の起源を知るには「ランドスケープデザイン」の歴史をまず知る必要があります。

ランドスケープデザインは1800年代の米国で基礎が築かれました。英国で発展したランドスケープ・ガーデン(風景式庭園)から大きく影響を受けているフレデリック・オルムステッド(Frederick Law Olmsted)が、ニューヨークのセントラルパークを設計したのがランドスケープデザインの始まりとされています。

彼はその後も数多の公園デザインや都市計画に関わり、初めて公式に「ランドスケープアーキテクト」と名乗った人物ちなったのでした。

日本では明治時代に「ランドスケープアーキテクチャー=造園学」と訳され、公園や緑地などの公共スペースの整備を行う「公共造園」の分野で発展し、現在に至ります。

4、ランドスケープアーキテクトの協会

ランドスケープアーキテクトにデザインを依頼したくても、まったく伝手が無い場合は誰に依頼しても一抹の不安を感じることでしょう。その場合は民間資格を取得している専門家へ依頼するとリスクが少ないでしょう。民間資格の認定を行っているのは一般社団法人「ランドスケープコンサルタンツ協会」です。発足して約50年のこの協会は職能確立や後継者の育成、そして諸外国のランドスケープアーキテクトとの国際的連携を目指して活動しています。ランドスケープアーキテクトとしての国家資格は日本には未だありませんが、関連性が高いものを挙げるなら「1級・2級造園施工管理技士」です。

5、まとめ

ランドスケープアーキテクトはあなたが暮らす普段の生活スペースと周囲の自然環境を融合させ、より魅力的で居心地の良いスペースを作ることができます。もしあなたがそんな生活空間で暮らしたいと希望するなら、建築家や庭師ではなくランドスケープアーキテクトに設計を依頼すべきです。新潟市には雄大な河川と海、潟湖や肥沃な田畑など豊かな自然があります。新潟市を拠点に活動するランドスケープアーキテクトなら、それらを生かした美しいスペースを作り上げてくれることでしょう。

homifyで住まいの専門家を見つけましょう

homifyではランドスケープアーキテクトだけでなく多くの造園会社も登録しています。

homifyに登録されている造園会社のリスト

環境を意識した住まいについては、こちらの記事が参考になるかもしれません。

エコロジー住宅で人にも環境にもやさしい住まいに!エコな家づくりのすすめ方

homifyで夢の住まいを実現させよう!

homifyでマイホームの参考になる住まいの写真を見ることができます。

家の写真

関連する写真を見る