Nagoya の ランドスケープアーキテクト | homify

名古屋市のランドスケープアーキテクト0人

一致する検索結果がありませんでした。このカテゴリーに一致する写真をアップロードする第一人者になって下さい。

ランドスケープアーキテクトとは

ランドスケープアーキテクトという用語は、ランドスケープとアーキテクト、つまり、景観・風景と建築家を融合させた言葉です。字面だけみると景観をデザインすることのみのように見えますが、実際はもっと広範にわたります。類似した用語としてランドスケープデザイナー、ランドスケープコンサルタントといった名称も挙げられるように、自然あふれる街づくり、環境づくりはもちろんのこと、河川や森、海岸といった自然環境の保全、防災など、人と生き物、自然が長期的に共生する環境を作り出す専門家です。

 

ランドスケープアーキテクトの仕事

ランドスケープアーキテクトの仕事は、前述のとおり、驚くほど学際的。広大な土地活用のための計画作成から、都市部の景観デザイン、既存の自然を再生していくための事業や河川や海岸などの防災整備、公園や緑地、スポーツ施設といったレジャー関連の事業まで、公共の空間をアレンジするだけでなく、企業のオフィスや、商業施設の緑化計画から個人宅の庭づくりまで、民間の環境コーディネートと、幅広い知識が求められるものです。そのため、ランドスケープアーキテクトになるためには、建築や景観デザインはもちろんのこと、土地の利用計画や、雨水の管理、浸食の保護、環境保全、動植物や自然全般の生態系についての知識、公園・観光・イベント施設関連事業、さらには、歴史や伝統を踏まえた庭園づくりなどについての理解が求められます。彼らの仕事の目標は、自然と人間とが調和し、共存するような環境をデザインし、それを長期的に保持できるよう整備すること。公共・民間のどちらからも必要とされる仕事です。

 

ランドスケープアーキテクトの歴史

「ランドスケープアーキテクチャー」ということばは、1828年、ギルバート・レイン・メーソンが最初に使ったとされる比較的新しい用語です。庭そのものに目を向けるのでなく、周辺環境やその土地の用途なども考慮して空間をデザインすることを目指しています。ランドスケープアーキテクトを自称したのは1863年にニューヨークのセントラルパークを設計したフレデリック・L・オルムステッドが最初と言われており、彼はランドスケープアーキテクチャーの父とも呼ばれます。

ヨーロッパにおける造園の歴史は、古代までさかのぼりますが、ルネサンスに至るまで個人の庭園として発展を遂げます。庭園が政治的権力を表現するためのツールとして利用され始めたのはバロック期。これがランドスケープアーキテクチャーのルーツといわれています。有名な例として、ヴェルサイユ宮殿の庭園が知られています。

ランドスケープアーキテクチャーが広まる背景とされるのが、産業革命による都市部の拡大と環境の悪化。自然の広がる田舎が都市から遠く離れ、工業化による環境汚染に蝕まれた都市に暮らす人々が自然を求めたのも不思議ではありません。こうした社会構造や都市環境の変化に伴い、一般民衆が気軽に自然を楽しめる場を作ることや、悪天候でも衛生的に暮らす事のできる街づくりが求められてきたのです。

日本においては、昔から寺社の敷地内や権力者の邸宅に庭が作られ、その際、借景や点景といったトリックが取り入れられてきましたが、都市計画において自然を意識的にとりいれようとする試みが一般的になったのは20世紀の終わり。西側諸国と比較しても日本にはまだまだランドスケープアーキテクトが少ないとはいえ、今後さらに注目される分野とも言えます。

 

ランドスケープアーキテクトの協会

日本にはまだまだ専門家が少ないのですが、ランドスケープアーキテクトの団体としてランドスケープコンサルタンツ協会があります。この協会は登録ランドスケープアーキテクトという民間資格制度を創設しており、これを取得することによって、ランドスケープアーキテクトとしての職能が示せます。またこの協会には、所属する会員が中心となって立ち上げたランドスケープ経営研究会があり、ここでは、国内外の民間からの事業課題やアイデアを研究したり、そのノウハウや意見を交換し合ったり、技術情報を提供したりするなど、相互に協力し合うことにより、さらなる環境づくりの向上を目指しています。

 

名古屋でランドスケープアーキテクトを探すなら

名古屋でランドスケープアーキテクトに依頼する場面はいろいろあると思いますが、ビルの建て込んだ都心においては、屋上庭園や水の流れる庭のような自然を感じられる施設を、建物の中に作ろうとする試みが多いかもしれません。名古屋市内でも、緑豊かな地域に戸建てを建てる場合には、周辺の生態系を気にされる方もいらっしゃるかもしれません。そうした場合には、環境調査を依頼してみるのも一つの手。プランの大小に関わらず、建物と植物、自然を結びつけることを求めるのであれば、ランドスケープアーキテクトに相談してみるとよさそうですね。

ランドスケープアーキテクトによっては、庭造りの専門家寄りの方や建築家寄りの専門家もいます。前もって専門分野をチェックした上で、依頼先を決めていきましょう。

homifyで住まいの専門家を見つけましょう

homifyではランドスケープアーキテクトだけでなく多くの造園会社も登録しています。

homifyに登録されている造園会社のリスト

環境を意識した住まいについては、こちらの記事が参考になるかもしれません。

エコロジー住宅で人にも環境にもやさしい住まいに!エコな家づくりのすすめ方

homifyで夢の住まいを実現させよう!

homifyでマイホームの参考になる住まいの写真を見ることができます。

家の写真

関連する写真を見る