Sapporo の インテリアコーディネーター | homify

札幌市のインテリアコーディネーター0人

一致する検索結果がありませんでした。このカテゴリーに一致する写真をアップロードする第一人者になって下さい。

札幌のインテリアコーディネーターに仕事を依頼するメリット

室内空間のアレンジについて考えていく場合、よほどの知識とセンスがない限り、素人が百点満点のインテリアを実現することは難しいのではないでしょうか。見た目の美しさや好みに加え、過ごしやすさ、動線のよさ、電気配線などを考慮した心地よい空間づくりを目指すのであれば、やはりインテリアコーディネーターといったプロに依頼することは、多くの問題をシンプルに解決することにつながります。商業施設では、内装デザインは即仕事の効率にも関わってきます。札幌のインテリアコーディネーターならば、気候などにも考慮して、心地よい空間を提案してくれそうですね。

 

インテリアコーディネーターが手がける仕事

インテリアコーディネーターの業務内容は、インテリアに必要となる家具や照明や住宅設備などについての豊富な知識を活用し、依頼主の求めるスタイルに合わせた家具やインテリア小物を選び、内装レイアウトを提案することです。まず依頼主から、デザインする空間とインテリアの方向性、空間の利用法や予算についての情報を得、それを基に空間をデザインしていきます。インテリアコーディネーターによっては、得意とする分野やスタイルがある場合も。仕事を依頼する前に、過去の事例を参考に自分の願いを叶えてくれそうなインテリアコーディネーターをセレクトしましょう。

 

札幌で店を建てる際に考えること

新しく店をオープンする場合、インテリアコーディネーターに内装のデザインをお願いすることが多いのではないでしょうか。店舗のデザインとひとくちに言っても、飲食店なのか小売店なのか、または宿泊施設なのかによっても求められるものは異なってきます。さらに、客層やコンセプトによっても取り入れられるべきスタイルはさまざま。多くの街と同様、札幌でも立地によって、その周辺の雰囲気や客層などに特色があります。地元・札幌のインテリアコーディネーターならば、そのエリアの特性などを活かしたインテリアを提案してくれるのではないでしょうか。

 

札幌で個人宅のコーディネートの際に考えること

個人のお宅でインテリアアレンジを考える場合、わざわざプロのインテリアコーディネーターに依頼をすることは少ないのでは?確かに、内装に必要となるものに加えて、別途費用がかかることに抵抗があるかもしれません。しかし、多くの人が、店頭で気に入っても自宅ではイメージが違ったり、使い勝手が悪かったり、という経験をしているのではないでしょうか。場数を踏んでいるプロだからこそ、そうした失敗を避け、使いやすく、予算に合わせた空間づくりが可能になるのです。最終的に無駄なく好みのインテリアが手に入るということにもなるかもしれません。

 

インテリアコーディネーターにかかる費用

インテリアコーディネーターにかかる費用には、特に固定の金額というものはなく、手がける空間の大きさや作業の内容、打ち合わせの回数によって変動します。現場へ赴くことが多い場合、交通費を別途請求されることもあります。事前に提示された費用にこれが含まれているか確認しておきましょう。さらに、買い物への同行といったオプションサービスがあることもあります。ニーズにあわせて取り入れていくといいかもしれません。最初の打ち合わせの段階で、予算について明示しておきましょう。そうすることで、インテリアコーディネーターは仕事がしやすくなります。

 

札幌でインテリアデザインを考える際におさえたいポイント 1

インテリアデザインについてアドバイスを仰ぐ際、多くの場合においてインテリアデザイナーやインテリアコーディネーターといった職業の方を探すかもしれません。確かにそれもいいのですが、もし他の選択肢を探しているのであれば、例えば地元・札幌を拠点とする建築家に相談してみるのもいいかもしれません。建物の立地や周囲の環境、建物のポテンシャルを引き出す術を知る建築家ならば、札幌のような気候の厳しい土地でも心地よく過ごせるインテリアを考えてくれるかもしれません。

 

札幌でインテリアデザインを考える際におさえたいポイント2

プライベートな空間であれ、パブリックスペースであれ、インテリアのデザインについて考えるときに、相談相手となるのは必ずしも札幌のインテリアコーディネーターばかりではないかもしれません。家族みんなでキッチンに立つご家庭や、数人の料理人が同時に立ち働く飲食店ならば、動線のよいキッチン作りのためにキッチンコーディネーターにあたるのが大切ですし、庭やベランダのような屋外空間と内装とをうまく融合させるインテリアを考えたいならば、ランドスケープアーキテクトと相談してみるといいアイデアがもらえるかもしれません。ニーズに合わせて専門家を選んでいきたいですね。

 

homifyで住まいの専門家を見つけましょう

homifyに登録されているインテリアコーディネーターは、こちらで見ることができます。

homifyに登録されているインテリアコーディネーターのリスト

インテリアのスタイルについては、こちらの記事が参考になるかもしれません。

インテリアスタイルの種類とそれぞれの特徴

homifyで夢の住まいを実現させよう

homifyでマイホームの参考になる住まいの写真を見ることができます。

リビングルームの写真

  

関連する写真を見る