Saitama の インテリアコーディネーター | homify

さいたま市のインテリアコーディネーター2人

サービス地域

埼玉のインテリアデザイナー

埼玉のインテリアデザイナーにデザインを依頼するメリット 

埼玉は東京のベットタウンとして首都圏の中でも住みやすい街ですが、最近では街のあちこちで再開発が行われ、埼玉自体も街として非常に魅力的になってきています。そんな埼玉でインテリアをプロの方にデザインしてもらいたい場合は、地元埼玉のインテリアデザイナーにお願いしてみるといいでしょう。室内をデザインしていくことから、どの街のインテリアデザイナーに依頼しても構わないと思われるかもしれませんが、室内環境は光や風、さらには隣接する建物など外部環境も大きく関係してきます。そうしたことからも、それぞれの街や地域の気候風土などに深く精通している地元のインテリアデザイナーがより良い空間デザインの助けになることが多くなるでしょう。 

インテリアデザイナーが手がける仕事

インテリアデザイナーの仕事は、もちろん建築物のインテリアをデザインしていくことですが、ファサードといった建物の外側のデザインも手がけるインテリアデザイナーもいます。さらには、家具などのインテリアを飾るアイテムを自らデザインし、その制作も手がける方もいます。インテリアと言っても、住宅やレストラン、ホテルなどその空間の種類は多岐にわたるため、インテリアデザイナーの中には店舗デザインなどを専門とする方もいますので、プロに依頼する際は過去の事例を参考にしながら自分の依頼内容に合ったインテリアデザイナーを探してみるといいでしょう。

埼玉で店を建てる際に考えること1 

埼玉のような大きな街ではインテリアデザイナーにお店のデザインを依頼することも多くなるでしょう。お店となれば、業種や提供するサービスの内容によってお店のコンセプトがあり、そのコンセプトが店舗デザインを大きく左右することもあります。お店の立地場所や周辺の人通り・交通量、さらには地域性もそういったコンセプトや店舗デザインに影響するでしょう。そうしたことからも、街や地域の特徴をよく知っている埼玉のインテリアデザイナーはより良い空間づくりをしていく上で助けになるはずです。 

埼玉で店を建てる際に考えること2 

埼玉のような大きな都市の場合、街中の集客力のあるような好立地となると、既存の建物を探すことがほとんどでしょう。既存の建物を利用することは、建設コストが建物を新築する場合と比べて有利となる点も魅力となります。建物にはそれぞれ造りや空間に特徴があることから、そうしたものを新しい空間デザインにも活かしていくことで、お店がより魅力的になります。プロの方であれば、そうした点もよく理解していますし、地元のインテリアデザイナーであれば、地域の建築的な特徴も空間デザインに組み込んでくれるでしょう。

店舗デザインでインテリアデザイナーにかかる費用 

多くのインテリアデザイナーは、デザイン料を総工費の10〜15%としています。これを高いと見るか安いと見るかは人それぞれでしょうが、インテリアデザイナーの役割は、施主の予算内で希望通りあるいはそれ以上の空間にデザインしていくことでもあります。まずは、全体の工費を知るためにも、実際にインテリアデザイナーに予算や希望するデザインについて相談してみるといいでしょう。

埼玉でインテリアデザインを考える際に考えたいこと 

埼玉でインテリアをプロの方にデザインしてもらいたい時は、建築家に頼むこともできます。インテリアデザイナーのように、店舗デザインなどを得意とする方もいますので、依頼する内容によってそれが得意な建築家を探してみてもいいかもしれません。建築家に依頼することで、インテリア空間のデザインはもちろんのこと、それに合わせて建物の造りや外観、さらには建物周辺のエクステリアもまとまりをもってデザインしていくことが可能となります。

埼玉のインテリアデザインで他に考えておきたいこと 

埼玉で何かインテリアデザインについて計画しているのであれば、どの専門家が必要となるか考えてみましょう。上でも取り上げたように、埼玉のインテリアデザイナーではなく建築家が必要となる場合もあります。またキッチンにはキッチンプランナーがいるように、取り扱うものによっては、専門的な知識を持った専門家が必要となる場合もあります。そのため、どの専門家が必要になるかを見極めて問い合わせてみましょう。