大阪市のインテリアコーディネーター1人

サービス地域

大阪のインテリアデザイナー

大阪のインテリアデザイナーにデザインを依頼するメリット 

大阪は東京に次ぐ日本の大都市であり、古くから日本の商業の中心地でもありました。そんな大阪で住宅や店舗などのインテリアを新たにデザインする際は、地元大阪のインテリアデザイナーに依頼するといいでしょう。室内空間のデザインを扱うことから、どの街のインテリアデザイナーでも変わらないと思われるかもしれませんが、室内環境は外からの光や風、気温などによって変化し、また地域や近隣といった周辺環境によっても室内の状況は異なるため、そうした地域の気候風土や外部環境を踏まえながらインテリアもデザインしていく必要もあります。そうしたことからも、大阪においては地域の特性をよく理解している大阪のインテリアデザイナーに依頼してみると、より良いインテリア空間を手に入れられることにつながるのではないでしょうか。 

インテリアデザイナーが手がける仕事 

インテリアデザイナーは、住宅や店舗のインテリアデザインをはじめ、美術館やホテルといった室内空間にまつわるあらゆるデザインを手がけます。さらに、家具や照明、キッチン用品などのインテリアアイテムを自らデザイン・制作するインテリアデザイナーもいます。また、中には建物のファサードを中心としたエクステリアのデザインも手掛ける方もいます。このように、インテリアデザイナーの手がける仕事は多岐にわたることから、それぞれのインテリアデザイナーが得意とする空間やインテリアスタイルもありますので、デザインを依頼する際は空間をどのようなものにしたいかによって、そうしたタイプの空間デザインの経験豊かなインテリアデザイナーを選んでいくことも検討してみて下さい。 

大阪で店を建てる際に考えること1 

インテリアデザイナーにデザインを依頼するとなると、店舗の新たな内装をお願いすることも多いと思います。そうした際、まずお店のコンセプトが内装デザインにも大きく影響します。お店の業種次第でも当然インテリアのデザインは大きく異なりますが、お店のコンセプトによってもターゲットとする客層やイメージに違いが出てくることから、そうしたこともインテリアスタイルをどのような方向性にするかの決定に大きく関わってきます。お店を成功させるためには、インテリア空間のデザインや利便性、快適性も重要な要素となりますので、地元の特性に理解の深い大阪のインテリアデザイナーにまずは相談してみることから始めてみて下さい。

大阪で店を建てる際に考えること2 

大阪のような大都市では、建物を新築するよりも、既存の建物を改装してお店を出すことが多くなるでしょう。また、その方が建物にかかる工事費用も抑えることができることに加えて、お店のコンセプトに合った立地や物件を見つけることも容易となります。そうした際も、大阪のインテリアデザイナーにデザインを依頼するといいでしょう。彼らに建物のデザインを頼むことによって、既存の建物が持つ大阪独特の建築的な特徴を活かしながら、インテリアさらにはお店全体に大阪やその建物の雰囲気を上手に組み合わせた空間デザインを実現してくれるはずです。

店舗デザインでインテリアデザイナーにかかる費用 

新たに店舗を開く際に建物にかかる費用は、その規模やお店の業種によって異なります。そのため、ほとんどのインテリアデザイナーはデザイン料を総工費の10~15%と割合で設定しています。費用がどれくらいかかるか分からないため、インテリアデザイナーに依頼することに不安を感じている方もいらっしゃるかもしれませんが、依頼主の予算内で希望通り、あるいはそれ以上の空間を生み出すことが彼らの役割でもありますので、まずは予算を伝えて、その中でどのようなことが可能かを実際に相談してみて下さい。

大阪でインテリアデザインを考える際に考えたいこと 

大阪で新たにお店を開くのであれば、地元のことに精通した大阪のインテリアデザイナーにデザインを頼むことは、お店を成功させる意味でもおすすめの方法です。しかし、それと同時に大阪の建築家に店舗デザインを依頼することも是非検討してみて下さい。建築家は当然建物の設計・デザインを行ってくれるだけでなく、内装デザイン、さらには家具や照明など建築にまつわるあらゆる要素をまとめてデザインしてくれるため、依頼主のコンセプトに合わせて建物からインテリアまでをまとまりのある形に実現してくれます。

大阪でのインテリアデザインで他に考えたいこと

大阪でインテリアデザインについて何か計画を考えるのであれば、必要となるのは大阪のインテリアデザイナーだけではないでしょう。上でも取り上げたように、建築家が必要となる場合もあります。またキッチンについてはキッチンプランナーのような専門家があるように、スペースによっては、専門的な知識を持つ他の専門家が必要となる場合もあるかもしれません。もしインテリアデザインについて考えているのであれば、こうした必要となる専門家を考えてみましょう。