Kawasaki の インテリアコーディネーター | homify

川崎市のインテリアコーディネーター8人

サービス地域

川崎のインテリアデザイナー

川崎のインテリアデザイナーにデザインを依頼するメリット 

川崎は東京へのアクセスもしやすく、東京の1つのベットタウンとしての役割も大きいものでしたが、近年では川崎駅などの駅周辺の再開発もさかんで、川崎の街自体も非常に魅力的になってきています。そんな川崎でインテリ空間をおしゃれにデザインしたい時は、地元川崎のインテリアデザイナーを探してみるとより良い空間づくりをする際に有利となるでしょう。それぞれの街には気候や風土に特徴があり、そうした外部環境もインテリアづくりに影響を及ぼします。また、街の景観などのデザインには街それぞれのスタイルや流行りもある場合もあることから、そうした街のことに精通した地元のインテリアデザイナーに依頼してみるといいでしょう。

インテリアデザイナーが手がける仕事 

インテリアデザイナーが手がける仕事としては、住宅・店舗・オフィス・病院といったように建築のあらゆる室内空間をデザインすることがまず挙げられます。また、そうした室内の空間デザインに加えて、ファサードを中心としたエクステリアも手がける場合もあります。インテリアには家具や照明といったインテリアをおしゃれに演出するアイテムが欠かせませんが、そうしたアイテムをデザインして制作も自らされるインテリアデザイナーもいらっしゃいます。上手なインテリアデザイナーの選び方は、そうしたデザイナーたちが過去に手がけた事例を見て、あなたの希望するデザインスタイルや仕事内容に合った方を探してみることでもあります。 

川崎で店を建てる際に考えること1 

駅周辺を中心とした再開発によって、川崎の街自体もさらに活気を帯びてきています。そんな川崎ではインテリアデザイナーに店舗デザインを依頼することもあるでしょう。店舗デザインにおいては、お店のコンセプトがインテリ空間を大きく決めていきます。また、そうしたコンセプトや店舗デザインは、人通りや交通量などの立地条件や、その地域の特徴、さらにはターゲットとする客層なども重要な要素となります。こうした点を特に重視したい方は、街の特色をよく理解している川崎のインテリアデザイナーに依頼してみるといいでしょう。 川崎で店を建てる際に考えること2 プロのインテリアデザイナーは、古い建物の建築的な魅力を活かしながら、その建物だからこそできるお店のデザインを生み出してくれます。さらに、既存の建物を利用することを考えていくことで、駅に近い立地のいい場所を選べる可能性も高まりますし、建物を建て替えるなどの新築と比較してもコスト面で有利となっていくでしょう。こうした既存の建物には地域の特色や歴史が伺えますので、地元の事に関して深く精通している川崎のインテリアデザイナーとともに上手に既存の建物を活かした空間づくりをしていくことも考えてみて下さい。

店舗デザインでインテリアデザイナーにかかる費用 

多くのインテリアデザイナーは、デザイン料を総工費の10〜15%と決めているようです。総工費自体は、店舗の規模や業種、さらには希望するデザインスタイルなどによって幅がでてくるため、デザイン料を含めて実際にどれくらいの費用がかかるかは、インテリアデザイナーと直接相談してみることでおおよその見積もりが分かるでしょう。インテリアデザイナーにかかる費用を高いと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、既存の建材や家具を再利用したり、リフォームを数回に分けて行うなどのプロジェクトの規模を小さくするといった様々な方法で依頼主の予算内で希望の室内空間にデザインしてくれるのがインテリアデザイナーでもありますので、まずは予算も含めて実際に一度相談してみるといいでしょう。 

川崎でインテリアデザインを考える際に考えたいこと 

川崎でプロの方にインテリアをデザインしてもらいたい時、インテリアデザイナーにお願いすることはもちろんですが、場合よっては建築家に依頼することも考えてみるといいでしょう。建築家に依頼することで、建て替えなどの新築だけでなく、改築、さらには減築といったように建物の造りから様々なかたちに対応することができ、その中でインテリアも建物と一体でつくっていくことができます。

川崎のインテリアデザインで他に考えたいこと 

川崎のインテリアデザインで何か計画しているのであれば、必要となる専門家をしっかりと考えてみましょう。例えば、上でも取り上げたように、川崎のインテリアデザイナーではなく建築家が必要となる場合があります。またキッチンにはキッチンプランナーがいるように、取り扱うものによっては、専門的な知識を持つ専門家が必要になる場合もあります。そのため、現在計画しているものに必要な専門家を見極めて、問い合わせてみましょう。