理想のインテリアコーディネーターを見つける | homify

インテリアコーディネーター10,771人

インテリアコーディネーター

室内空間の内装をカスタマイズするにあたり、家具選びからレイアウトまで、好みのスタイルと使いやすさとを兼ね備えたインテリアにするには、余程の知識と確固たるイメージがない限り、素人では百点満点の出来上がりはなかなか難しいものです。そうした場合にはインテリアコーディネーターに相談してみてはいかがでしょうか。商業施設ではコンセプトに沿ってコーディネートされることが求められますし、個人宅であっても、やはりプロのアドバイスがあると、望んだ以上の空間が得られるでしょう。

 

インテリアコーディネーターが手がける仕事

インテリアコーディネーターは、内装や家具、照明器具や住宅の設備などについての知識を持ち、求められるスタイルに合わせて調度品や小物を選びながら、インテリアのレイアウトについて提案をしてくれます。まずヒアリングを行うことで、その空間の用途や求められるスタイル、予算などを明確にし、それをもとにプランニング、空間構成に必要となる商品がセレクトされます。こうして出来上がったプランを提案の上、実現していくことになります。インテリアコーディネーターによっては得意とするスタイルや空間があることも。今まで手がけた事例などを参考にして、ご自身の思いに沿ってくれそうなインテリアコーディネーターを見つけてみるといいでしょう。

 

店を建てる際に考えること

新しくお店を出店する場合、インテリアコーディネーターに内装のデザインを依頼することは多いのでは?店舗のデザインは、小売店か飲食店かによってもかなり異なってきますし、そのコンセプトによっても当然、求めるデザインは変わってきます。また立地によっても、その周辺のお店の雰囲気や近隣を行き交う人の層などにも特色があるため、考慮していく必要があるでしょう。

 

個人宅のコーディネートの際に考えること

個人宅をカスタマイズする場合、インテリアコーディネーターへ依頼するのを戸惑う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、例えば家具のほとんどを新調するつもりで部屋のレイアウトを考える場合、コストばかりに注目して買いそろえると、まとまりのない空間になりがちです。ライフスタイルや好みのインテリアのスタイル、予算に合わせて家具やインテリア小物までを提案してくれるプロにお願いすることで、買い物の失敗や使いづらいレイアウトなどから解放されるのであれば、相談してみる価値はありそうです。

 

インテリアコーディネーターにかかる費用

インテリアコーディネーターにかかる費用は、作業内容や作業範囲、打ち合わせの回数などによっても異なってきます。現地へ足を運ぶことも多い場合には、交通費が含まれているかどうかも知っておきたいポイントです。場合によってはショッピングに同行することも。事前に必ず問い合わせて確認しておきましょう。また、予算については最初のヒアリングの段階で提示しておくと、インテリアコーディネーターも仕事がしやすくなるでしょう。

 

インテリアデザインを考える際におさえたいポイント 1

インテリアデザインを考えるにあたり、インテリアコーディネーター、またはインテリアデザイナーと呼ばれる方に相談することが一般的かもしれません。確かにそれも正論ですが、他の選択肢として、建築家に相談してみるのもいいかもしれません。建物の構造や周囲の環境にも考慮する彼らならば、また異なる視点からインテリアを考えてくれそうですね。

 

インテリアデザインを考える際におさえたいポイント2

住宅であれ店舗であれ、インテリアのデザインについてお考えなのであれば、必ずしも求めるものはインテリアコーディネーターばかりではないかもしれません。使いやすいキッチンやバスルームについて考えていく場合、キッチンプランナーやバスルームデザイナーといった専門家へアプローチしてみると、痒い所に手が届くデザインが実現できるでしょう。

homifyで住まいの専門家を見つけましょう

homifyに登録されているインテリアコーディネーターは、こちらで見ることができます。

homifyに登録されているインテリアコーディネーターのリスト

homifyで夢の住まいを実現させよう

homifyでマイホームの参考になる住まいの写真を見ることができます。

リビングルームの写真

 

  

関連する写真を見る