京都市のインテリアデザイナー3人

サービス地域

京都のインテリアデザイナーにデザインを依頼するメリット

京都は人口約150万人の大都市であるとともに、伝統的な都市景観や建築、さらには人々の生業などが非常に魅力的な街でもあります。そんな京都でインテリア空間をデザインする際は、地元京都のインテリアデザイナーにデザインを依頼してみるといいでしょう。室内環境をおしゃれで快適にしていくには、室内だけでなく、光や風といった外部環境も十分に考慮していく必要があります。さらに京都では、京都らしい都市景観を守るために建物のデザインが条例などで細かく制限されているため、そうしたデザインに合ったインテリアをコーディネートする必要も出てくるでしょう。そうしたことからも、京都の景観や条例などに詳しい地元のインテリアデザイナーを優先して探してみるといいかもしれません。

インテリアデザイナーが手がける仕事

建物の室内をデザインしていくことがインテリアデザイナーの主な仕事となりますが、それは住宅や店舗、学校やホテルなどあらゆる用途の室内空間に及びます。また、インテリアと合わせて、ファサードなどの外部空間も手がけるインテリアデザイナーや、家具や照明といったインテリアアイテムを自らデザインし制作もする方もいます。こうしたようにインテリアデザイナーが手がける仕事は幅広いことから、インテリアデザイナーによっては特定の用途やデザインスタイルの空間デザインを得意とすることもあります。

京都で店を建てる際に考えること1

観光客の多い京都ではインテリアデザイナーに店舗のデザインを依頼することも多いでしょう。京都で店を出すとなると、京都らしいおしゃれな演出の空間デザインにしたいと思います。プロのインテリアデザイナーは、家具や照明、内装の仕上げ材などの卸売店やメーカーを数多く知っていますが、京都のインテリアデザイナーであれば地元京都のそうした卸売店やメーカーに詳しいことから、そうしたところの素材やインテリアアイテムを取り入れることで、京都の伝統的なデザインや雰囲気を演出したり、和モダンというかたちでそこに新しさを組み合わせた空間デザインも上手につくることができるでしょう。

京都で店を建てる際に考えること2

京都で店を建てる際は建物を新築することもできますが、京都には町屋を代表とする非常に魅力的な既存の建物があるため、そうした建物をリノベーションしてお店を出すことを検討してみてもいいでしょう。そうした建物の建築的な特徴をよく知っている京都のインテリアデザイナーであれば、町屋などの建物や空間が持つ魅力的な部分を上手く活かした空間デザインをしてくれますし、そうした空間演出は京都らしいお店の雰囲気にもつながるでしょう、

店舗デザインでインテリアデザイナーにかかる費用

インテリアデザイナーにかかる費用がどれくらいかと心配の方もいらっしゃるかもしれません。ほとんどのインテリアデザイナーは、施工費の10~15%でデザイン料を設定しています。施工費自体が店舗の規模や業種によって大きく幅があることから、正確なデザイン料を知るには各店舗デザインで施工費の見積もりをしてもらう必要があります。そうしたことからも、まずはコスト面と合わせて店舗デザインの相談をしてみるといいでしょう。

京都でインテリアデザインを考える際に考えたいこと

京都でインテリアをデザインしてもらいたい時は、当然インテリアデザイナーに依頼することも1つの方法ですが、建築家に依頼することも考えてみて下さい。先にも述べたように、京都では条例によって建物のデザインが細かく決められています。そうした条例の下、建物を設計しなければならない京都の建築家は、もちろんそうしたデザイン規定もよく知っていることから、彼らにインテリアデザインを依頼することで、建物の外側と内側をまとまりをもってデザインしていくことも可能となるでしょう。

京都でのインテリアデザインに他に考えておきたいこと

京都でインテリアデザインについて何か予定しているのなら、必要となるのは京都のインテリアデザイナーだけではないでしょう。上でも取り上げたように、計画によっては建築家の方が相応しいケースもあります。またキッチンについてはキッチンプランナーがいるように、スペースによっては、専門的な知識を持つ専門家の方が良い場合もあるでしょう。そのため計画に必要となる専門家を見極めて、依頼をしてみてはどうでしょうか。