Kobe の インテリアデザイナー | homify

神戸市のインテリアデザイナー5人

サービス地域

神戸のインテリアデザイナー

神戸のインテリアデザイナーにデザインを依頼するメリット 

インテリアデザイナーはや商業建築と言った、様々な空間のデザインを手がけます。それは空間の演出を考えるデザイナーと言えるかもしれません。そんな空間のデザインを神戸の街で考えるのなら、神戸のインテリアデザイナーを探すと良いでしょう。街にそれぞれのスタイルがあるように、神戸には神戸の街のスタイルがあります。それはインテリアのデザインにも影響を与える場合もあるでしょう。例えば神戸の街に、東京や京都の流行りのスタイルを持ってきたからといって、それが上手くいくとは限りません。街の文化や風土など、そこにあるものを取り込む形のものこそが、素晴しい空間の演出やデザインに繋がります。

インテリアデザイナーが手がける仕事 

インテリアデザイナーと言えば、空間の演出が仕事となります。それは様々な仕事が当てはまりますが、特に店舗デザインが特に重要となるでしょう。店舗と言っても様々なものがあります。例えば、レストランやカフェ、バーなどの飲食店。そしてブティックやアパレルショップなどの衣類や装飾品を販売する空間。また美容院やエステサロン、ネイルサロンといった美容に関する空間。他にも歯科医や医院といった医療に関する空間。こうした様々な職種の営業空間のデザインを手がけることになります。インテリアデザイナーによっては、得意の空間があるので、こうした情報をあらかじめ確認しておくと良いでしょう。

神戸で店を建てる際に考えること1 

神戸で店を開くのであれば、その店舗のコンセプトが重要となることもあります。店の提供するサービスを最大限にアピールするコンセプトによって、インテリアデザインなどが決まってくるでしょう。こうしたコンセプトからインテリアデザインを考える場合には、店の立地や人の流れなどの調査することもあります。その場合には、周辺の住民の数、交通量を調べることになるでしょう。そしてリサーチからコンセプトを固めて、それに合った外装や内装など店のデザインが決まってきます。こうしたプロセスで店舗のデザインを決める場合に、神戸のインテリアデザイナーの存在が役に立つでしょう。

神戸で店を建てる際に考えること2 

もちろん店舗周辺での調査も重要ですが、それ以外にも神戸という街全体のイメージを考えることも重要な場合もあります。それはお店の対象となるお客さんが、地元の神戸の人だけでなく、神戸に訪れる観光客なども含める場合です。その場合には、神戸の街のイメージを取り込むことも重要となるでしょう。神戸は港町で海外との交易の場として栄え、異人館があるように異国情緒溢れる街として知られています。そんな神戸は他にはないオシャレな雰囲気を持った街です。このような街のイメージを取り込むことは、神戸の街を訪れる人に大きな効果をもたらすでしょう。そのため、こうした神戸を熟知している神戸のインテリアデザイナーが最適です。

店舗デザインでインテリアデザイナーにかかる費用 

店舗デザインでかかる費用は、現場の大きさや、仕事内容、そしてデザイナーによって変わってきます。そのため、神戸のインテリアデザイナーにかかる費用を明確に出すことはできません。ですが、大まかな目安としては全体の総工費の10~15パーセントと言われています。こうした価格は、神戸のインテリアデザイナーとのデザイン料を決める際に、目安となるでしょう。ただし、先にも書いたように、そのあくまでも目安となるため、デザイン料を決める際には、算出された価格の内容を確認しておくのが良いかもしれません。

神戸でインテリアデザインを考える際に考えたいこと 

もし神戸でお店などを開くのであれば、神戸のインテリアデザイナーが必要となるでしょう。ですが、それ以外にも神戸の建築家が、こうした店舗デザインを手がけることもできます。こうした場合には、空間だけでなく、建物そのものから考えることができるため、外装から内装、そして家具に至るまで、一つのコンセプトから空間の演出をまとめて考えることができます。神戸のインテリアデザイナーだけでなく、神戸の建築家も合わせて考えてみましょう。