Okayama の 床工事業者 | homify

岡山市の床工事業者0人

一致する検索結果がありませんでした。このカテゴリーに一致する写真をアップロードする第一人者になって下さい。

床工事で創る!素敵で快適な空間・岡山市

床材にはフローリングやクッションフロア、カーペット、畳など様々な種類があります。床は空間の中で大きな面積を占めるため、インテリアの印象を左右しますが、靴を脱いで生活するのが一般的な日本人にとっては踏み心地や肌触りも選ぶ際の重要なポイントです。最近ではリノベーションによって無垢のフローリングを使った木の温もりを感じられる空間や、畳とフローリングが現代的にミックスされた空間造りも人気です。

 

人口約72万人の岡山市。リフォーム会社も多数あり、東リ、ウッドワンプラザ、EIDAI、リクシルなどの有名メーカーのショールームも点在しています。ショールームでは実際の商品のデザインやカラーを見ることができますし、肌触りも確認することができるので、床工事を検討されている方は足を運んでみることをお勧めします。

 

 

主な床素材の種類と特徴

 

1. クッションフロア

〈製品の特徴〉

    ・  塩化ビニル系の床材である

    ・  住宅や店舗などで広く採用されている

    ・  大きくタイルとシートに分類される

    ・  クッション性がある

    ・  耐水性がある

    ・  遮音性が高い

    ・  傷がつきにくい

    ・  耐熱性が低い

    ・   

 

〈メリット〉

    ・  デザインやカラーのバリエーションが豊富

    ・  安価である

    ・  多くの製品の中から用途に合わせた機能性を選ぶことができる

    ・  階下へ音が響きにくい

 

〈デメリット〉

    ・  木目調は実際のフローリングに見劣りする

    ・  家具などを置いた跡がつきやすい

    ・  仕上げ面は下地の凹凸に左右される

 

2. フローリング

フローリングは「無垢フローリング」と「複合フローリング」に分けられます。各製品の特徴は下記のとおりです。

 

①無垢フローリング

〈製品特徴〉

    ・  100%天然木を用いた床材

    ・  調湿効果や断熱性に優れている

    ・  耐水性が低い

 

〈メリット〉

    ・  自然素材が持つ特有の心地良い肌触り

    ・  色や風合いなどの経年変化を楽しむことができる

 

〈デメリット〉

    ・  汚れやすい

    ・  定期的なメンテナンスが必要

    ・  温度や湿度による膨張などの変形が発生する場合がある

    ・  複合フローリングよりも高い

 

 

②複合フローリング

〈製品特徴〉

    ・  合板に天然木の薄板や木目を印刷したシートを貼った床材

    ・  耐水性や耐候性に優れている

    ・  硬い

 

〈メリット〉

    ・  デザインのバリエーションが豊富

    ・  温度や湿度による変形は生じない

    ・  無垢フローリングより安い

 

〈デメリット〉

    ・  高級感が出ない

    ・  表面がはがれるような傷がつくと補修が困難である

 

 

3. カーペット

〈製品特徴〉

    ・  ウール、アクリル、ナイロンなどの繊維素材から作られる床材

    ・  住宅、オフィス、店舗に広く採用されている

    ・  保温性、断熱性が高い

    ・  防音性に優れている

 

〈メリット〉

    ・  階下への音漏れが少ない

    ・  衝撃が足に響かない

    ・  経済的である

 

〈デメリット〉

    ・  汚れやすい

    ・  環境によっては臭いやダニが発生する場合がある

    ・  車椅子やキャスター付きのものの移動には向いていない

 

 

4. 畳

〈製品特徴〉

    ・  わらの畳床に、編んだい草が貼られた床材

    ・  断熱性が高い

    ・  湿気を吸う

    ・  厚い畳はクッション性があり、薄い畳はクッション性がない

    ・   

〈メリット〉

    ・  天然素材特有の気持ち良い肌触り

    ・  い草には天然の浄化作用、抗菌作用が備わっている

    ・  日本の気候に適している

 

〈デメリット〉

    ・  傷がつきやすい

    ・  定期的なメンテナンスが必要

    ・  環境により臭いやダニが発生する恐れがある

 

 

 

張り替えのタイミングと費用の目安

 

1. クッションフロア

タイミング例:劣化による割れが生じた

       落ちない汚れが目立つようになった

      (約10年程度)

費用の目安(10㎡):約5万円

 

 

2. フローリング

タイミング例:傷や汚れが目立つ

       きしみなどが感じられる

      (10年から15年程度)

費用の目安(10㎡):約10万円〜

※元の床材、選ぶフローリング、面積、場所によって費用は大きく変わります。

 

 

3. カーペット

タイミング例:日焼けや汚れが目立つ

       ダニが発生した

      (約5年程度)

費用の目安(10㎡):約6万円

 

 

4. 畳

タイミング例:日焼けが目立つ

       畳同士の隙間が目立つ

      (約3年〜10年)

費用の目安(畳1枚あたり):表面の畳表を裏返す「裏返し」4,000円/枚~

               畳表の取り換えの「表替え」5,000円/枚~

               畳そのもの新調「畳替え」12,000円/枚~

 

 

 

強度や耐久性、耐水性、クッション性、断熱性など、環境や用途によって求められる床材の機能は異なります。ライフスタイルに合わせた好みの床材を選び、毎日をより心地良く過ごしたいですね。

(表示価格は、2019年6月の参考価格です)

homifyで住まいの専門家を見つけましょう

homifyで床工事業者だけでなく多くの屋根工事業者も登録しています。

homifyに登録されている屋根工事業者のリスト

畳やフローリングについては、こちらの記事が参考になるかもしれません。

畳vsフローリング。比較することで見えてくるそれぞれの良さ

homifyで夢の住まいを実現させよう!

homifyでマイホームの参考になる住まいの写真を見ることができます。

フローリングの写真

関連する写真を見る