茨城県 の デザイナー | homify

茨城県 の デザイナー 9602 人

S H I G E R U “S E R G I O“ T A N I M U R A
国内外に於けるテーブルトップ全般のプロダクトデザイン設計•開発に従事。プロフェッショナル仕様では、航空機内食器、ホテル•レストランなど数多くのデザインに携わり ニューヨーク(米国) にて5年に渡りデザインワークを行う。
西村章デザイン事務所
医療介護用のマットレス開発に長年仕えていた経験を活かし、蓄積されたデータのもと、お客様のご要望を具現化します。※ 睡眠の改善を目的としたマットレスの提案 ※ アプローチ・着座・座位姿勢・立上りを考慮したソファの提案 ※ 使用目的に応じた柔らかさ・
SHINYA YOSHIDA DESIGN
吉田真也1984年生まれ。元自動車のメカニック。2012年「SHINYA YOSHIDA DESIGN」としてデザイン活動を開始する。同年より日本工学院専門学校PD科非常勤講師。GOOD DESIGN賞、iF DESIGN賞 受賞など。生活用品
ムラサワデザイン MURASAWADESIGN
ムラサワデザイン代表。家具を中心とした生活道具全般のデザインを手がける。地域性と工場の個性を活かした製品開発を行いながら、継続性のあるモノつくり環境を創出する。「デザインは生活や行動のすべての中にある」を信条として、現場で手を動かし、それぞれの
KAMEI DESIGN.
TAKAAKI KAMEI / 亀井隆昭  千葉県生まれ。ユーザーにとって魅力的な体験をデザインするヒューマンセンタードデザインという手法をもとに、笑顔や笑いの溢れる楽しい暮らしを提案しています。日用品を中心にジャンルを問わず業務を行っていますので
MEDIUM
MEDIUMは津留敬文と津留礼子によるデザインスタジオ。「ナイスなデザイン」を標榜し、社会と人、生産者と消費者など様々なものの媒質(=ミディアム)として、プロダクトデザインの領域を中心に、商品企画・開発、展示、パッケージなどトータルなデザイン
エドライフ
エドライフは家具のデザイン、製作、販売までを行う会社です。日本の古き良き暮らしを現代に取り入れる事を考え、日本で使われなくなった製品に新たな価値を見つけます。現代ではあまり見かけなくなった素材、デザイン、構造。すべて古い物が良いとは思いませんが
INFIT DESIGN
代表者:田中英明。インテリアデザイン事務所、アートプロデュース会社勤務を経て独立。単に見た目だけの提案に終始せず、デザインに関連する様々な要件に対応する。工業製品全般、パッケージや各種グラフィックデザイン、UIやインタラクション、UXなどの
有限会社バッタネイション
時空設計兄弟 バッタ☆ネイションインテリアデザイン/映像制作/ネット生配信
TOMOYUKI MATSUOKA DESIGN
Design studio based in Tokyo, Japan.Our range is Product design, Furniture design, Graphic design.
POTPURRI
POTPURRIは現代に暮らす人たちの「着る、暮す、食す」へ提案をします。ライフスタイルの中で、時に遊ぶことも、働くことも生活の一部であると考え 提案の中には普遍的なもの、いつでも変わることのない美しい造形を追求していくこと。 同時に、ひとつの
oodesign
大村卓によるデザイン事務所。日常の延長あるいは転換を心がけ、発見のあるデザインを目指しています。
IWASAKI DESIGN STUDIO
岩崎一郎1965年東京生まれ。ソニー(株) デザインセンター勤務の後、渡伊。 ミラノのデザインスタジオを経て帰国後、1995年にイワサキデザインスタジオを設立。 テーブルウェアや文具などの日用品から調理器具、家具、照明、デジタルカメラや携帯電話
Takeshi Ishiguro Creative Lab
1994年ロンドン、ロイヤル・カレッジ・オブ・アート工業デザイン科修了。1995年から米IDEO社入社サンフランシスコ事務所に勤務し広くプロダクトデザイン、戦略にたずさわる、1998年「Rice Salt&Pepper」、2007年に加湿器
DRILL DESIGN Co., Ltd.
林 裕輔と安西 葉子によるデザインスタジオ。2001年設立。プロダクトデザインを中心に、グラフィック・パッケージ・空間デザインなど、カテゴリーを超えてデザインとディレクションを行う。デザインは目的ではなく未来をつくる手段という考えのもと、クリエイション
Shinobu Koizumi Design Office
うれしさ、おどろき、ここちよさ、なつかしさ。さまざまな感情が呼び起こされるきっかけ。それは椅子の高さかもしれないし、張地の触感や、腰掛けた時の音、あるいは全く新しい何かかもしれません。このような「心に作用する機能」、私はそれこそがデザインなのではないかと
Nojima Design Office
1977年千葉市生まれ。5歳まで幼少をドイツ・ミュンヘンで過ごす。2001年 慶應義塾大学環境情報学部卒業2004年 慶應義塾大学大学院政策メディア研究科修了。 同年、コクヨ株式会社RDIセンター配属。 現在、コクヨファニチャー株式会社
TOKUJIN YOSHIOKA INC.
Established his own studio, Tokujin Yoshioka Design in 2000. He has done many projects with lssey Miyake for nearly 20 years
Hirota Design Studio
廣田尚子/1990東京芸術大学卒業 GKプランニング&デザインを経て1996ヒロタデザインスタジオ設立 女子美術大学教授 2003よりグッドデザイン賞審査員 東京ビジネスデザインアワード審査委員長 先入観や常識を丁寧に見直し、生活と心を豊
TAKAFUMI NEMOTO / 根本崇史
埼玉県生まれ。高校生活をシンガポールで過ごす。 日本大学芸術学部在学中よりデザイン活動を始める。電気メーカーにてデザイナー、新規事業プランナーとして努め退社。 その後ECAL(スイス州立ローザンヌ美術大学)マスター・オブ・プロダクトデザイン