Tokyo の 大工 | homify

東京特別区部の大工0人

一致する検索結果がありませんでした。このカテゴリーに一致する写真をアップロードする第一人者になって下さい。

東京の大工に家づくりを依頼するメリット

東京は、日本の政治・経済の中心地であり、周辺地域も含めた東京大都市圏には日本の人口の3分の1が住んでいるというメトロポリスであります。その東京の中でも、高級ブランドや百貨店が建ち並ぶ銀座や若者の街の渋谷、江戸文化が残る浅草など、エリアによって特徴的な地域性を持っています。そうした都心から離れた地域には、良好な住環境を持つエリアも存在します。そんな東京で家づくりをしようと考えている方は、地元東京の大工さんに依頼してみてはいかがでしょうか。住宅の計画・建設の知識や経験の豊富な大工さんであれば、安心して家づくりを進めていけることはもちろん、地元で長年家づくりをしてきた経験を活かして、それぞれの地域性に合わせた住まいを建ててくれるはずです。さらに、そうした経験の中で築かれた建築士などの周りの専門家とのサポート関係・信頼関係も、地元の大工さんとの家づくりにおいて魅力になるでしょう。

東京で家を建てる際の費用

東京で家を建てるとなると、どれくらいの費用がかかるのか知りたい方も多いと思います。しかし、建設コストというのは、建物の大きさや性能、設備といったあらゆる要素によって大きな差が出てくるので、一概にその値を言うことは難しいのです。また、東京となれば、土地代も立地場所によって大きく異なってきます。そうしたことから、一番は専門家に直接相談することですが、住宅金融支援機構による調査データを参考にしてみてもいいかもしれません。この調査は住宅ローンの利用者を対象としたもので、この調査結果によると、東京都で注文住宅を建てた際の平均費用は約3900万円、その際の平均床面積は約127㎡となっています。さらに、土地付きの注文住宅を建てた際の平均費用は約5600万円、その際の平均床面積は約99㎡となっています。

 

東京で家を建てる際に知っておきたい制限

家を建てるにあたって、地震に対する不安を抱える方もいらっしゃるでしょう。東京でも、近い将来の首都直下地震などの発生が予想され、家づくりの際は十分な地震対策が欠かせません。その際に知っておきたい制限が耐震基準です。現在の耐震基準は、大地震にも耐えられる耐震性が設定されていますが、注意が必要なのが1981年(昭和56年)に大幅に改正された耐震基準前に建てられた建物です。この旧耐震基準で建てられた建物をリノベーションして家づくりを進めていく方は、耐震補強をしていきながら安心して住み続けていける住まいにしていきましょう。

 

東京の街の魅力

東京で家づくりをしていく上では、東京中に張り巡らされた鉄道網というのは街の大きな魅力となるでしょう。乗り換えをすれば、どこへ行くにもほとんど電車だけで行き来することができますので、広い範囲で敷地探しをしていくことができるでしょう。もちろん、乗り換えの回数やかかる時間、駅までの距離といった利便性には幅がありますので、敷地選びの際はその点も重視しながら進めていくといいでしょう。こうした敷地探しの際は、鉄道網や地域性についてある程度の理解が必要となりますので、そうした地元のことに精通した東京の大工さんと土地探しから相談してみることも考えてみてはいかがでしょうか。

 

東京で家を建てる際に考えたいこと

以前までは新築という新しく家を建てることでマイホームを手に入れるという方法が一般的でしたが、現在では中古住宅や中古マンションを購入して、それをリフォームあるいはリノベーションする方も増えています。その方法であれば、候補となる物件も多くなりますし、全面改装すれば新築のようにきれいな住まいにできながら、建設コストも新築より抑えやすいというのが魅力となっています。そうしたリノベーションの際も大工さんに依頼することで、既存建物を活かしながらそれぞれの家族のライフスタイルに合った住まいづくりをしてくれることはもちろん、耐震補強や機械加工ではできないような大工ならではの手刻みによって、躯体を丁寧に補修しながら地震への不安を払拭し、何十年とそこで安心して住み続けていける家づくりをしてくれるはずです。

homifyで住まいの専門家を見つけましょう

homifyに登録されている建築家は、こちらで見ることができます。

homifyに登録されている建築家のリスト

大工については、こちらの記事が参考になるかもしれません。

プレカットと大工。比較することで見えてくるそれぞれの良さとは?

homifyで夢の住まいを実現させよう

homifyでマイホームの参考になる住まいの写真を見ることができます。

リビングルームの写真

関連する写真を見る