Kyoto の 大工 | homify

京都市の大工0人

一致する検索結果がありませんでした。このカテゴリーに一致する写真をアップロードする第一人者になって下さい。

京都の大工に家づくりを依頼するメリット

京都は、人口150万人にも迫る大きな街であり、また古都として多くの伝統的な建物や街並みが残っていることから、観光地としても非常にたくさんの人々で溢れている賑わいのある街です。京都と言えば、盆地という地理的特徴から年間や一日の中で気温差が大きいという基本的な気候になりますが、最近では街中でのヒートアイランド現象によって、冬季や朝は昔ほど気温が低くないようです。反対に、夏季の暑さは以前よりも厳しくなっています。そんな京都で家を建てる際は、地元京都の大工さんに依頼してみてはいかがでしょうか。京都で住宅の建設に携わっている方であれば、近年の街の気候などにも対応しながら、京都の街並みなどに溶け込みような素敵な住まいをつくってくれると思います。また、家づくりに関して経験と知識の豊富な大工さんであれば、より安心してスムーズな住まいづくりを任せることができるでしょう。

京都で家を建てる際の費用

家を建てる際にかかる費用というのは、建物の立地や規模、求められる性能などによって大きく差がでるため、一概に述べることは難しくなります。京都の場合、町家や長屋をリノベーションして住まいを京都に持ちたいという方もいらっしゃるでしょう。そうした場合も、1000万円以下で手に入るものから、数千万円するようなものまでありますし、そのリノベーション費用も既存の建物の状態などによって、数百万円から数千万円と大きく差が出てきます。詳しく建設費用について知りたい方は、直接専門家に相談してみるといいでしょう。その際は、町家などのリノベーションなどの経験のある大工さんに依頼すると、物件探しからあなたの理想とする建物に出会えるかもしれません。

京都で家を建てる際に知っておきたい制限

京都のような特徴的な街で家づくりをする際は、建て主としても知っておきたい法規制があります。その1つが、景観条例です。これは、伝統的な京都の景観を保全するという目的で、市街地の広い範囲で適用されています。具体的な制限は、建物の高さ制限であったり、屋根の形態や素材、外壁の色といったように、建物の形やデザインについて細かく決められています。そうしたことから、地域によっては思い通りの家のデザインに出来ないといったことも生じてきますので、こうした条例に詳しい地元の専門家に依頼することをおすすめします。

京都の建築の特色

多くの街では、白で統一された洗練されたデザインのモダンな建物も見ることができますが、上に述べたような景観条例がある京都では、京都の伝統的な街並みの雰囲気を崩さないように、和のデザインを基調とした建物が建ち並んでいます。その中には、100年前に建てられたような古い建物も現存しています。多くの神社やお寺に加えて、そうした街並みが保護され、さらには京焼や西陣織などの伝統産業も未だに残っているため、建物や街並みはもちろんのこと、人々の生活や生業も伝統的なかたちで続いている街でもあります。こうした京都の古くから続く生活スタイルに合った住まいづくりをしていくためにも、京都の建築についてはもちろんのこと、そこにある暮らしにも詳しい地元京都の大工さんに依頼してみてはいかがでしょうか。

京都で家を建てる際に考えたいこと

町家や長屋は京都を象徴するような非常に魅力的な建物です。しかし、その多くは築年数が古いため、耐震性などに不安を持たれる方もいらっしゃるでしょう。そんな時は、大工さんに耐震補強も含めてリノベーションを依頼してみてはいかがでしょうか。そうした建物について知識と経験の豊富な地元の大工さんであれば、耐震補強はもちろんのこと、大工さんならではの正確で細かい手刻みによっては、建物の躯体自体も補修することが可能となるため、その先何十年と安心して暮らしていける住まいに生まれ変えてくれるはずです。

homifyで住まいの専門家を見つけましょう

homifyに登録されている建築家は、こちらで見ることができます。

homifyに登録されている建築家のリスト

大工については、こちらの記事が参考になるかもしれません。

プレカットと大工。比較することで見えてくるそれぞれの良さとは?

homifyで夢の住まいを実現させよう

homifyでマイホームの参考になる住まいの写真を見ることができます。

リビングルームの写真

関連する写真を見る