Kobe の 大工 | homify

神戸市の大工0人

サービス地域
一致する検索結果がありませんでした。このカテゴリーに一致する写真をアップロードする第一人者になって下さい。

神戸の大工に家づくりを依頼するメリット

神戸は人口150万人以上の日本の中でも第六位になる大きな街です。南は大阪湾が広がり、北は六甲山といった山々に囲まれた自然が身近にある都市でもあります。こうした神戸で家を建てようと考えている方は、地元神戸の大工さんに依頼してみてはいかがでしょうか。神戸と言っても、山沿いは傾斜地になりますし、海沿いは山側よりも平均気温が高いなど、街の中でも異なる特徴があります。そうした街の気候風土などに精通している神戸の大工さんであれば、神戸の地域性とあなたの理想とする家づくりを合わせて、より良い快適な住まいをつくり出してくれるはずです。また、長年の付き合いによってある建築士などとの信頼関係やサポートも家づくりにプラスに働くでしょう。

 

神戸で家を建てる際の費用

家を建てる際にかかる費用というのは、建物の規模や立地条件、家に求める性能などによって大きく異なってくるため、例え同じ敷地であっても、1500万円で建てることもできれば、5000万円で建ててしまうこともできます。住宅金融支援機構が行う住宅ローン利用者の調査データによると、兵庫県に家を建てる場合にかかった費用の平均は約3200万円、床面積の平均は約130㎡となっています。また、土地代を含めた建設費用の平均は約3800万円、この時の床面積の平均は約115㎡となっています。こうした値を参考材料として考えることができますが、このデータは神戸だけでなく、兵庫県全体の値でもありますので、詳しい費用を知りたい方は専門家に相談してみるといいでしょう。ハウスメーカーや工務店、大工など依頼先も様々ありますが、大手ハウスメーカーのように宣伝費等が建設費用に含まれることのない大工さんに家づくりを頼めば、同じ建設費用でもより理想に近い住まいを手に入れることができると思います。

 

神戸で家を建てる際に知っておきたい制限

神戸で家を建てる際に知っておきたい法規制の1つが、「風致地区」です。風致地区とは、地域の景観や自然を保全していくために設定される制度であり、そのエリア内では建築物に様々な規制がかかることになります。その制限とは、例えば建物の高さ制限が10mあるいは15mに定められていたり、敷地面積に対する建物の建築面積の割合である建ぺい率が10分の2から10分の4までになっているなど、他の地区よりも厳しい規制がかけられています。神戸では、住吉川・赤塚山風致地区、六甲山風致地区といった地域が風致地区となっています。こうした制限は細かく分かりづらいと思われる方もいらっしゃるでしょう。そうした場合は、こうした制限に詳しい地元の大工さんなどに相談すると、敷地選びから安心して進めていくことができるでしょう。

 

神戸の建築の魅力

神戸の建築と言えば、異人館を始めとする西洋風の建物でしょう。古くから神戸には外国とつながる港があり、そこから海外の建築を含む様々な文化も入ってきました。神戸は、こうした異なる文化を積極的に取り込んでいき、街並みとしても西洋風の景観やモダンなおしゃれなデザインが街中で見ることができます。そのような神戸で家を建てるのであれば、是非その地域の街並みや景観に溶け込むような家づくりをしていくことも考えてみるといいでしょう。その際は、地域の特性に精通した神戸の大工さんなどに依頼してみて下さい。先程の風致地区を含めて、神戸で家を建てる際に押さえておきたいことを考慮しながら、住み手にとっても地域にとっても魅力的な住まいをつくってくれるはずです。

 

神戸で家を建てる際に考えたいこと

神戸ほどの大きな都市になると、街中にマンションが建ち並んでいます。そのため、神戸で家を建てる際には、一戸建てだけでなくマンションも含めて考えてみると家づくりの幅も広がります。その時に、新築マンションではなく、中古マンションをリノベーションすることも検討していくことで、立地やインテリア・間取りもより希望に近いかたちにしていきやすくなると思います。一戸建ての時も同様で、既存の一戸建てのリノベーションも考えてみてはいかがでしょうか。築年数が古い中古物件だと、耐震性などに不安を抱く方もいらっしゃるでしょう。しかし、高い技術を持つ経験豊かな大工さんであれば、耐震補強はもちろんのこと、建物の躯体自体を細かに補修していき、より長く住み続けていける住まいにしてくれるでしょう。

homifyで住まいの専門家を見つけましょう

homifyに登録されている建築家は、こちらで見ることができます。

homifyに登録されている建築家のリスト

大工については、こちらの記事が参考になるかもしれません。

プレカットと大工。比較することで見えてくるそれぞれの良さとは?

homifyで夢の住まいを実現させよう

homifyでマイホームの参考になる住まいの写真を見ることができます。

リビングルームの写真