Kitakyushu の 大工 | homify

北九州市の大工0人

一致する検索結果がありませんでした。このカテゴリーに一致する写真をアップロードする第一人者になって下さい。

北九州の大工に家づくりを依頼するメリット

北九州は、旧門司市を合併して以来、街の北側に関門海峡と響灘が広がり、下関を通して本州にもつながる九州の玄関口となっています。また、九州の中でも福岡市の次に人口でも経済的にも大きな街であります。街の中には板櫃川や紫川といった河川があり、響灘だけでなく、洞海湾や周防灘にも囲まれた水との距離が非常に近い都市となっています。同時に、内陸側には山地も見られ、街の中でも様々な地域性が見られます。それは、日本海気候となる響灘、瀬戸内海気候の周防灘といったように気候的な傾向にも見てとれます。こうしたことから、北九州で家づくりを行っていく際は、地元の気候風土に精通した北九州の大工さんに依頼してみてはいかがでしょうか。地元の大工さんであれば、住宅計画・建設を安心して任せられるだけでなく、北九州の地域性に適した暮らしやすい住まいにしてくれるはずです。また、その地域で豊富な家づくりの経験があることで、それを通じて築かれた建築士といった他の専門家とのサポートや信頼関係もより良い家づくりをして行く上で魅力となるでしょう。

 

北九州で家を建てる際の費用

立地や建物の規模、家にどれくらいの性能を求めるかなどで住宅の建設費用というのは大きく差が出てくるため、北九州で家を建てる際の費用はどれくらいかというのは、1つ1つの計画で希望や予算などを聞きながら専門家と話し合うことで見ていくことが一番です。また、大手ハウスメーカーなどが建設費用に宣伝費用などを含めているのに対して、大工さんなどはそうした広告費がそもそもないことから比較的コストが抑えやすいなど、依頼先でも価格は変動してくることも念頭に置いておくといいと思います。参考までに住宅金融支援機構が住宅ローン利用者に対して行う調査の結果を紹介しておくと、北九州を含めた福岡県における注文住宅の建設費用の平均は約3300万円、その際の床面積の平均は約130㎡となっています。こうした価格を念頭に、より詳しい建設費用が知りたい方は直接専門家に相談してみるといいでしょう。

 

北九州で家を建てる際に知っておきたい制限

建物を計画・建設していく際には、建築基準法や都市計画法などの法規制に則って進めていくことになるため、そうしたことは専門家に任せることになります。しかし、建て主としてもそうした制限を知っておくことで、より良い住まいづくりをしていくことが可能となると思います。北九州のような建物が密集して建ち並ぶエリアが広くある街の場合、防火・耐火についての制限を知っておくといいかもしれません。こうした制限によって、万が一建物で火災が発生した際でも隣家に火が燃え広がらないようにしたり、隣家の火をもらわないようにしていくため、屋根や外壁にどれくらいの耐火性能が求められるかといった様々な制限が決められています。こうした制限というのは、「防火地域」や「準防火地域」といったエリアごとに異なるため、敷地を探す際にはその場所がどのエリアに属しているかを確認しながら選んでみるといいかもしれません。

 

北九州の建築の魅力

旧門司市を含めた5つの市が合併したことにより、北九州には建築的にも多様な特色が見られるようになっています。旧門司市にあたる門司区に明治・大正時代に建てられたモダンな建築群があることをご存知の方もいらっしゃるでしょう。そこには、モダン建築がつくり出す当時の特徴的な雰囲気を味わえる街並みが広がっており、門司港レトロ地区として北九州の魅力的な地区の1つとなっています。そうした古くからある街並みが残っている地域もあれば、若松区の北九州エコタウンのように、持続可能性をテーマとした最先端の街づくりが行われているエリアも見られます。気候風土だけでなく、こうした街の特色も多様なものが見られる北九州ですので、家づくりをする際は地元に詳しい大工さんなどに依頼してみることがおすすめです。

 

北九州で家を建てる際に考えたいこと

新築でマイホームをどこにどのように建てるかで家づくりを考える方も多いと思います。しかし、近年は既存の建物を利用して、リフォームやリノベーションでマイホームをつくっていく方も増えています。その際は、リフォーム・リノベーションの経験が豊富な大工さんに家づくりを相談してみてはいかがでしょうか。それによって、耐震補強による地震への不安が解消されるだけでなく、機械による加工ではできないような細かく正確な手刻みで建物の躯体を丁寧に補修してくれるので、既存の建物でも新築のように安心して長く暮らし続けていける住まいにしてくれるはずです。

homifyで住まいの専門家を見つけましょう

homifyに登録されている建築家は、こちらで見ることができます。

homifyに登録されている建築家のリスト

大工については、こちらの記事が参考になるかもしれません。

プレカットと大工。比較することで見えてくるそれぞれの良さとは?

homifyで夢の住まいを実現させよう

homifyでマイホームの参考になる住まいの写真を見ることができます。

リビングルームの写真

関連する写真を見る