Kawasaki の 大工 | homify

川崎市の大工0人

サービス地域
一致する検索結果がありませんでした。このカテゴリーに一致する写真をアップロードする第一人者になって下さい。

川崎の大工に家づくりを依頼するメリット

川崎は、神奈川県において横浜に次いで大きな街であり、その横浜と東京の間に位置することから、東京だけでなく、横浜へもアクセスのしやすい地域であります。市内にはいくつも私鉄が通っていることから、都心へのアクセス時間も短い便利な街です。特に、最近では駅周辺の再開発がさかんに進められ、川崎の街自体としても暮らしやすい魅力的なものとなってきています。また、市内には大きく宅地が広がっていることから、理想とする住環境を見つけやすく、思い通りの家づくりをしていくことができる地域を見つけることができると思います。そうした川崎で住宅を建てようと考えている方は、街の地域性や気候風土をよく知っている地元川崎の大工に依頼してみてはいかがでしょうか。大工さんであれば、家を建設することについて豊富な経験と知識を持っていることはもちろん、地元川崎の方に依頼することで、それぞれの地域に合った家づくりをしてくれるはずです。また、長年その地域で家づくりに携わっていることで、建築士などとの信頼関係やサポートもしっかりしており、スムーズな住まいづくりを安心して任せることができると思います。

 

川崎で家を建てる際の費用

川崎という立地や住宅に限らず、建物を建てる際にかかる費用というのは、その規模や性能などによって大きな幅が生じるため、川崎で家を建てる場合にどれくらいの費用がかかるかというのははっきりと表しづらい部分があります。また、ハウスメーカーや工務店、大工といった依頼先によっても建設費用というのは違いが生まれます。そうした点では、広告費などが建設コストの一部に含まれるハウスメーカーと比べると、大工さんに家づくりを頼んだ場合は、同じコストでも建物自体によりお金をかけられるため、ワンランク上の素材を使ったり、設備によりこだわれたりと、より良い住まいづくりがしやすいことは大きな魅力となるでしょう。参考までに、住宅金融支援機構が行う住宅ローン利用者に向けた調査データを見てみると、神奈川県で注文住宅を建てた時にかかる建設コストの平均はおよそ3300万円で、その時の平均の床面積はおよそ130㎡となっています。この値は、川崎だけではなく、神奈川県全体のものですし、立地条件によっても建設コストは異なってきますので、川崎で家を建てる際の費用について詳しく知りたい方は、実際に専門家に相談してみるといいでしょう。

 

川崎で家を建てる際に知っておきたい制限

家を建てる際に最も気になることの1つが耐震性でしょう。新築の場合は、現在の耐震基準に沿って建てられていくため、それほど心配する必要がないと思いますが、川崎のような成熟した街ではまだまだ魅力的な中古物件があるため、そうした既存の建物をリノベーションしてマイホームを手に入れようと考えている方もいらっしゃるでしょう。その際に知っておきたいのが、1981年(昭和56年)に耐震基準が大きく改正されたことです。そのため、このあたりの時期以前に建てられた建物の場合は、建物のしっかりとした耐震強化を行っていきましょう。また、木造建築物の耐震基準については2000年に改正されていますので、中古の木造住宅をリフォーム・リノベーションしようという場合は、こうしたことについても専門家に確認してみると安心でしょう。

 

川崎の街の魅力

上でも述べたように、川崎の街の魅力と言えば、東京や横浜へのアクセスの良さがまず挙げられるでしょう。東急東横線や京王線などを使って、新宿や渋谷、横浜へ短時間で行き来することができることはもちろん、羽田空港も近距離にあり、さらには東京湾アクアラインも川崎から千葉へと通じているため、千葉に向かうにも車で約30分という交通の便に関して非常に魅力的な街となっています。近年は特に駅周辺の再開発によって街がさらに便利で住みやすい環境になってきていますが、同時に多摩川といった水辺空間や、川崎の西側を中心として緑が広がっている地域もあり、自然を身近に感じられる街でもあります。このように、多様な交通網や自然との距離といった面で、街の中にも様々な地域性を持つ街でもありますので、そうした地元のことに詳しい川崎の大工さんに敷地探しから相談することで、土地選びから納得のいく家づくりをしていってはいかがでしょうか。

 

川崎で家を建てる際に考えたいこと

家を建てるとなると、新築をまずイメージする方も少なくないと思います。しかし、既存の一戸建てやマンションをリノベーションすることも考えていくことで、川崎のような大きな街では立地も家づくりの幅も大きく広がっていきます。それでも、中古物件ではどうしても耐震面で不安に感じるかもしれません。しかし、築年数の長い木造住宅でも、豊富な経験と知識を持つ大工さんであれば、建物の耐震補強をしてくれるだけでなく、機械ではできないような細かく正確な手刻みによって、躯体を丁寧に補修することができるため、安心して何十年と住み続けていくことができる住まいにしてくれるでしょう。

homifyで住まいの専門家を見つけましょう

homifyに登録されている建築家は、こちらで見ることができます。

homifyに登録されている建築家のリスト

大工については、こちらの記事が参考になるかもしれません。

プレカットと大工。比較することで見えてくるそれぞれの良さとは?

homifyで夢の住まいを実現させよう

homifyでマイホームの参考になる住まいの写真を見ることができます。

リビングルームの写真