Hiroshima の 大工 | homify

広島市の大工0人

一致する検索結果がありませんでした。このカテゴリーに一致する写真をアップロードする第一人者になって下さい。

広島の大工に家づくりを依頼するメリット

広島は、中国地方で最も大きな都市であり、人口100万人以上の県の県庁所在地でもあります。そうしたことから、この地方の政治や経済の中心地でもあります。街は、太田川によってつくられた三角州の平野部を中心に広がり、南は広島湾、北は山々に囲まれています。市内にはいくつもの川が流れており、そこに2000を超える橋が架けられていると言われています。また、南部の埋め立てと北部の山の斜面を切り開いていくことにより街は広がっていきました。特に山の開発は近年でも進められており、広島で家づくりをしようという方は見晴らしの良い高台に敷地を見つけることもできるでしょう。その場合は、広島の大工さんに依頼してみることも考えてみて下さい。と言うのも、そうした山側の切り開いた土地は景色が良いと同時に、土砂災害の危険性もゼロではありませんので、そうしたことに詳しい地元の大工さんに家づくりをお願いすることで、より安全な敷地を見つけたり、より安心の住まいをつくっていくことができるはずです。

 

広島で家を建てる際の費用

住宅の建設にかかるコストというのは、立地や建物の規模、建物に求められる断熱性や気密性などの性能の高さによって大きく差が生まれるため、おおよその金額を知るには個別に見ていくしかありません。また、工務店やハウスメーカーのような依頼先によっても建設費用は変わってきます。例えば、大手ハウスメーカーの場合、広告費用などが建設費用に含まれてきますが、大工さんの場合はそうした費用がないことから、同じ建物を建てると大工さんの方が安く建てられる可能性が高くなります。参考までに、住宅金融支援機構の調査による住宅ローン利用者の建設費用の平均を見てみると、広島県内で土地を購入して注文住宅を建てた際の建設費用の平均は約3500万円、その時の床面積の平均は約117㎡となっています。こうした値を念頭に置きながら、専門家との相談に役立ててみてもいいかもしれません。

 

広島で家を建てる際に知っておきたい制限

斜面を削って市街地を拡大している広島では、上で述べたように土砂災害が発生する可能性の高いエリアもあります。そのため、広島で家づくりをしようと敷地を探す際は、その場所が「土砂災害特別警戒区域」あるいは「土砂災害警戒区域」となっているかを確認していきましょう。こうした警戒区域では、建物の構造といった家のかたちに直接関わる部分に制限がかけられていますので、敷地を選ぶ前にそこでどのような建物が建てられるかを確認しておくといいでしょう。こうした法規制を自分でチェックしていくことに煩わしさを感じる方もいらっしゃるでしょうし、複雑で専門的な部分もありますので、その際は土地探しから広島の大工さんのような家づくりについてはもちろんのこと、その地域の気候風土や法規制についても詳しい専門家に相談してみると、安心して住まいづくりも進めていくことができるでしょう。

 

広島の建築の魅力

広島の市街地が広がる平野部には数多くの河川が通っており、それらが広島湾へと注いでいます。北側を向けば、緑豊かな山が近くに迫っており、水と緑の自然が身近に感じられる街でもあります。山側では斜面を削って住宅地が形成されてきており、見晴らしの良い場所からは瀬戸内海に浮かぶ島々を臨むことができ、地域によっては厳島神社のある宮島も眺めることもできます。当然こうした斜面地につくられた宅地というのは、切土や盛土できれいに敷地が平坦になっている土地も数多くありますが、中にはスキップフロアを取り入れるなど、傾斜を上手に家づくりに活かしている住まいも見ることができます。そうした家づくりでは、傾斜地での計画や施工についての経験が豊富な大工さんなどの専門家に依頼すると、安心した住まいづくりを進めていけると思います。

 

広島で家を建てる際に考えたいこと

マイホームが欲しいとなると、新築だけで土地探しや家づくりを考えていく方も多いと思います。しかし、中古の一戸建てやマンションをリフォーム・リノベーションすることも含めて考えていくことで、立地や住まいのかたちも幅広くなっていきます。中には、築年数の大きい中古物件は耐震性の不安があるため敬遠するという方もいるかもしれません。しかし、住宅建設についての知識や経験の豊富な大工さんなら、そうした古い木造住宅でもしっかりと耐震補強していくことはもちろんのこと、建物の躯体を丁寧に補修していく確かな技術を持っているため、機械では不可能な細かな手刻みでその先何十年と安心して暮らしていける住まいに蘇らせてくれるはずです。

homifyで住まいの専門家を見つけましょう

homifyに登録されている建築家は、こちらで見ることができます。

homifyに登録されている建築家のリスト

大工については、こちらの記事が参考になるかもしれません。

プレカットと大工。比較することで見えてくるそれぞれの良さとは?

homifyで夢の住まいを実現させよう

homifyでマイホームの参考になる住まいの写真を見ることができます。

リビングルームの写真

関連する写真を見る