理想の大工を見つける | homify

大工584人

サービス地域

大工に家づくりを依頼するメリット

家づくりをしていく際には、ハウスメーカーや工務店といった家の設計や建設の依頼先で迷われる方も少なくないはずです。やはりそれぞれにメリット・デメリットがあるため、どれが良いかというのは建て主がどのような家づくりをしていきたいかということが大きく影響してきます。そうした中で、ここでは大工に家づくりを依頼することのメリットを見ていきたいと思いますが、まず挙げられるのが木材を活かした家づくりをしていくことができる点です。長年木とともに家づくりをしてきた大工さんであれば、各木材の特徴や個性を活かしながら加工ができるため、同じ住まいでも機械加工によるものとは違った木の温かみが感じられる家となるでしょう。また、機械加工では難しいような大工さんならではの巧みで正確な技術をもって加工された複雑な継ぎ手などを持つ住まいも建てることができます。さらに、ある地域で長年家づくりに関わってきたことで、建築士といった他の専門家との連携や信頼関係もより良い住まいづくりをしていく上で魅力となるはずです。

 

家を建てる際の費用

家を建てるとなると、それにどれ程の費用がかかるか知りたい方も多いでしょう。1つ参考にできるデータがあります。それは住宅ローン利用者を対象とした住宅金融支援機構が行う調査で、その調査結果によると、全国において注文住宅を建てた時にかかった費用の平均はおよそ3400万円となっており、その際の平均床面積はおよそ128㎡となっています。また、土地の購入費が含められる土地付き注文住宅を建てた時の費用の平均はおよそ4000万円、その際の平均床面積はおよそ113㎡となっています。しかし、これはあくまで全国で見た時の平均値であり、土地代というのは立地によって大きく差が生じますし、建物自体にかかるコストもその規模やそれに求められる性能など様々な要素によって大きく変動します。そうしたことから、建設費用について細かく知りたい方は、直接専門家に相談してみることが一番です。

 

家を建てる際に知っておきたい制限

建物を建てる際には、建築基準法や都市計画法、それぞれの地域にある条例といった法規制に則って計画・建設が進められることになります。建て主としては、そうした細かな制限については専門家に一任することになりますが、予め少しでも知っておくと、家づくりだけでなく、土地探しの際にも役立つことになります。例えば、耐震性については新築では問題ありませんが、中古物件をリノベーションする際は、耐震基準が大きく改正された1981年(昭和56年)よりも前に建てられた建物かどうかを確認し、そうであれば耐震補強を第一に進めていきましょう。また、「防火地域」や「準防火地域」といったエリアごとに建物の防火・耐火性能などの制限がかけられる点にも注目しながら敷地探しを検討してみることもできるでしょう。さらに、それぞれの都市や地区の条例などによって細かく制限がかけられている場合も多々ありますので、そうしたことに精通した地元の大工さんに土地探しから相談してみることも考えてみてはいかがでしょうか。

 

その他に家を建てる際に考えたいこと

近年は、新築だけでなく、リフォームやリノベーションによってマイホームを手に入れる方も珍しくなくなってきました。中古住宅や中古マンションを購入してリノベーションすることは、物件選びをより幅広くしてくれますし、ほとんど新築と変わらないようなきれいな住まいを手にすることができます。それでありながら、新築よりも低いコストで建てることも難しくありません。こうしたリノベーションの際も大工さんに依頼してみてはいかがでしょうか。リフォーム・リノベーションの経験豊かな大工さんであれば、細かで正確な手刻みでもって、築年数の古い既存建物の躯体もきれいに補修してくれますし、しっかりとした耐震補強と合わせれば、古い建物でも耐震性の強い住まいに蘇り、安心して長く暮らしていけるマイホームにしてくれるはずです。

homifyで住まいの専門家を見つけましょう

homifyに登録されている建築家は、こちらで見ることができます。

homifyに登録されている建築家のリスト

大工については、こちらの記事が参考になるかもしれません。

プレカットと大工。比較することで見えてくるそれぞれの良さとは?

homifyで夢の住まいを実現させよう

homifyでマイホームの参考になる住まいの写真を見ることができます。

リビングルームの写真

関連する写真を見る