Mashiko の 作家&職人 | homify
Error: Cannot find module './CookieBanner' at eval (webpack:///./app/assets/javascripts/webpack/react-components_lazy_^\.\/.*$_namespace_object?:3654:12) at at process._tickCallback (internal/process/next_tick.js:189:7) at Function.Module.runMain (module.js:696:11) at startup (bootstrap_node.js:204:16) at bootstrap_node.js:625:3

Mashiko の 作家&職人 4803 人

新田 学 (GAKU! CO-BO)
栃木県の山あいの町・茂木。そこで、灰釉(天然樫灰釉ほか)や赤化粧焼き締めなどで器を創っています。『いつもより ちょっといい暮らしを・・・・』そんな、life styleに合わせた作品を提案します。プロフィールはこちら
川尻製陶所 - kawajiri Earthenware Factory
栃木県益子町の、眺めの良い丘の上にある小さな製陶所です。 地元の土を使い、薪の窯で焼く器。 豊かな土が採れるこの土地で、自然と関わり合いながら制作し、その恵みをお届けすることができたらと思い器を作っています。 焼成の燃料に使う薪は、再生燃料
月兎窯
I made pottery made by hand and fired by wood kiln (anagama)
taro-cobo
栃木県芳賀郡茂木町の陶芸工房です。磁器製の食器を中心に作っています。毎日使うのが少し楽しくなるような器作りを心掛けています。
堀水窯
栃木県益子町で夫婦(堀水達雄・小夜)で陶器作りをしております。達雄と小夜と基本的に別の物を作っていますが、堀水窯として製作する場合も有ります。
小堤晶子 OZ.FACTORY
茨城県笠間の陶工房です。使って楽しくなるような器を作ってます
はなわか
白磁で小さな雑貨をつくっています。「色」が好きなのできれいに発色するよう心がけています。http://hanawaka.jimdo.com/
土の家
クルクルまわすロクロのかわりに、手のひらでコロコロと粘土を転がして、使ったその日から手に馴染む器や小物を作っています。
里窯【藤原 里子】
茨城県笠間(陶芸の里)で食器、盆栽鉢、シーサーをメインに制作しております。食器は料理の邪魔をしないように、適度に軽く、温かみのあるものを。盆栽鉢は、前職が盆栽作家だったので、それぞれの樹に合うもの、そしてなにより植物が居心地よくきちんと健康
Keicondo
世界中の食卓へ向けてスタイルのある器を提案して行きたいと考えています。直接触れて、感じてもらえる機会をなるべく 設ていきたいと考えております。イベントの際にはDM等お知らせを送らさせて頂きますので、 問い合わせ下さい。Towards the
いなだちゃこ
ほそぼそとこしかけくん を作ってます。
作房和樂(サボウワラク)
夫婦で一級建築士事務所をしております。住宅や店舗などの設計をしながら、より居心地のよい空間にするためのアイテムを考え楽しみながら手作りしています。素材を生かした、ひとつひとつ表情の違う木の作品に愛着を感じていただけると嬉しいです。
Ricca OKANO
Profile Ricca OKANO1994 Solo exhibition(Galerie412/Tokyo)1996 Solo exhibition(Gallery Genkai/Tokyo)Solo exhibition(Kaneko
キカキカク
キカキカクは夫婦で制作を行う小さな工房です。海と山に挟まれた小田原で、手作業で陶器のうつわや陶雑貨を制作しています。染付けという技法で一筆一筆絵付けをしたうつわは、伝統的な技法を用いながらも、現在の食卓にもなじむ形状や柄、色味を心がけています
Hiroshi NOMOTO
Profile  Hiroshi NOMOTO1956 Born in Gunma, JAPAN1979 Graduated from Nagoya University of Arts1984 Kanagawa Prefectural Museum
 みたけさいとう商店
「生活を大切に、より楽しく、より気持ちよく暮らせること」をテーマに、衣食住にかかわるいろいろを、自分たちで作り、実際に使って本当にいいと思えるものだけを、販売したいと考えていますそれがちょっとあるだけで、ごはんが美味しく楽しくなるもの、日々
ポティエ 手塚美弥
作品づくりについて私の作品づくりは、旅から始まります。学生時代から現在進行形の旅の中で、その行った国や場所の空気感や風景・風・香り・人々との出会いなどからイメージを紡ぎだし、その国の印象に残ったお料理をテーマに、作品づくりをしています。そのため
庚申窯-Koshin-kiln-
福岡県の伝統工芸のひとつ、上野焼(あがのやき)の窯元、庚申窯(こうしんがま)のコウヅルユウタと申します。一応 国指定の伝統工芸品ではありますがかなり自由、実験的に作陶していて、作品はあまり量産しておらず、手作りならではのものを作れたらと思っています