Ichinomiya の 作家&職人 | homify

Ichinomiya の 作家&職人 4446 人

suzugama
「食事をより楽しく、深めていくきっかけづくり」をテーマに使い易さだけでなく キッチンからテーブルまで暮らしを楽しめるような器づくりを心掛けています。 忙しく過ぎていく毎日の中でも、いつもより少し時間をかけて料理を作ってみる。 家族と、仲間と
今野 忠則
Craft for Life ~ 便利さよりも美しさを、シンプルの中にもイロドリを。工業製品と美術品のあいだに立ち、使う方の生活を彩ることを目的とした道具でありたいと願っています。 自然素材の質感が活かされるものや、新旧問わず手仕事の痕跡が
吉村桂子
色ガラスを繋げたものに息をいれて器を作っています。 少し特別な、けれども普段使いできるものを作っています。
Kazuko Uga
焼き物で表現できること。色々な可能性を試行錯誤中。 I’ve always thought about new expression with porcelain & clay. http://kazuko-uga.com/
Naoko Nakajima,
作家 中島奈緒子(NAOKO NAKAJIMA) 愛知県春日井市で、絵本の世界のような陶磁のブローチやちいさな器、 人形など手作りで作っています。 1972 愛知県名古屋市生まれ 名古屋市工芸高等学校 デザイン科卒 名古屋造形大学 総合芸術学科美術科卒
 みたけさいとう商店
「生活を大切に、より楽しく、より気持ちよく暮らせること」をテーマに、 衣食住にかかわるいろいろを、自分たちで作り、実際に使って本当にいいと思えるものだけを、販売したいと考えています それがちょっとあるだけで、ごはんが美味しく楽しくなるもの、
Satomi noda
HP : http://homepage3.nifty.com/kijicraft/ FB : https://www.facebook.com/nodasatomi FBページ : https://www.facebook.com/nodasatomi
アトリエつみき屋
天然木を使って、家具、生活小物、オブジェを製作しています。 With a tree , I make furniture , a life accessory , an art object.
Pottery木[ki]  (ポタリー木)
ー暮らしのあらゆるシーンに息づく『つちもの』を さまざまなカタチで楽しんでいただけますー 陶の制作・陶芸インストラクター 陶の制作:オブジェ・花器・食器・雑貨・アクセサリー・表札・プランター・・・個人から店舗まで、ご注文品も承っております。
百々堂 磁器製造所 DoDoDo Porcelain Manufacture
百々堂(「どうどうどう」と読みます) 名古屋と瀬戸の間に挟まれた尾張旭の陶芸工房です。山茶碗と古瀬戸がお気に入り、そして瀬戸染付、馬の目、石皿(土地柄瀬戸物が多いです)、印判等々、作品にもそんな古陶磁の雰囲気を感じて頂けたらと思っています。
作房和樂(サボウワラク)
夫婦で一級建築士事務所をしております。 住宅や店舗などの設計をしながら、より居心地のよい空間にするためのアイテムを考え 楽しみながら手作りしています。 素材を生かした、ひとつひとつ表情の違う木の作品に愛着を感じていただけると嬉しいです。
Ricca OKANO
Profile Ricca OKANO 1994 Solo exhibition(Galerie412/Tokyo) 1996 Solo exhibition(Gallery Genkai/Tokyo) Solo exhibition(Kaneko
3rd ceramics (サードセラミックス)
サードセラミックスは ”気づきのある暮らしをおくる人へ” をコンセプトに2014年より岐阜県多治見市にて陶磁器の製造販売を行っています。 食器、花器や洗面器などの住宅機器のOEM製作も行っています。 お問い合わせ先 3rd.ceramics
キカキカク
キカキカクは夫婦で制作を行う小さな工房です。 海と山に挟まれた小田原で、手作業で陶器のうつわや陶雑貨を制作しています。 染付けという技法で一筆一筆絵付けをしたうつわは、伝統的な技法を用いながらも、現在の食卓にもなじむ形状や柄、色味を心がけています
Hiroshi NOMOTO
Profile  Hiroshi NOMOTO 1956 Born in Gunma, JAPAN 1979 Graduated from Nagoya University of Arts 1984 Kanagawa Prefectural
水谷美樹
磁器のうつわや花器、アクセサリーなどを制作しています。 日常の、ちょっとしたわき役になれるようなものを作っていきたいです。
ポティエ 手塚美弥
作品づくりについて 私の作品づくりは、旅から始まります。 学生時代から現在進行形の旅の中で、その行った国や場所の空気感や風景・風・香り・人々との出会いなどからイメージを紡ぎだし、その国の印象に残ったお料理をテーマに、作品づくりをしています。