Chiba の 作家&職人 | homify

Chiba の 作家&職人 5008 人

KAORI MIYAMA
造形作家 ミヤマカオリ 千葉市在住 日本大学大学院芸術学研究科博士前期課程修了。 彫刻の制作活動をしています。2006年スウェーデンの工芸学校の夏期講習に参加。 このときの陶芸体験を機に陶芸も始めました。 2012年4月 陶芸工房 K-CO-BO
アトリエ1
アトリエ1では、時計はインテリアの重要なアイテムと考え、多様化するインテリアに相応しい時計づくりをしています。木の魅力を最大限生かした時計は、お客様からも高いご満足をただいています。時計を通して皆様と末永くお付き合いできればと考えています。
机上工芸舎
千葉県船橋市にて制作しています。“机の上”で使う日常の中のものに新たな感覚が生み出せるような作品を目指しています。作品は主に粘土を1段ずつ積み上げていく手びねり技法を使い、その造形性を活かしながら器作りをしています。表面には艶をおさえたマット
須藤圭太 Keita SUTO
陶芸家1982年  茨城県笠間市出身 2008年  東北芸術工科大学美術科 工芸コース卒業 2010年  京都造形芸術大学 大学院 芸術表現領域修了 2011年  HAUTE ÉCOLE D’ART ET DE DESIGN GENÈVE/
翠嵐窯(すいらんがま)
私は千葉県千葉市で作陶をしています。お茶を楽しむ器と暮らしを楽しむ焼き物を作っています。日本茶インストラクターとしてお茶の話と和菓子作りをテーマに私の器を使いお茶を楽しむ会を開いています。また、陶芸教室を開いています。作品は公募展、個展、ネットショップ
TOMOHARU NAKAGAWA 中川 智治
留学していたオーストラリアのギャラリーで北欧の陶芸家「ベルント・フリーベリ」の作品に出合い、陶芸に興味を持つ。  日本へ帰国後、自宅近くの陶芸教室にて陶芸をはじめる。  同教室にて勤務後、2014年より本格的に作家活動をはじめ、現在に至る。
WOOD STUDIO KUZE'S
WOOD STUDIO KUZE'S(ウッドスタジオクゼーズ)は、千葉県茂原市にあるオーダー家具工房です。 天然の素材でしか表せない、手触りや風合いを大切にするために、 無垢の木にこだわって家具を製作しています。
atelier dehors
木の器、木を使ったアート作品、寄木アクセサリーなどを制作。
ポプリローカルファニチャー
アメリカで学んだ家具作りをベースに良質な無垢のホワイトパイン材を使用して、50年100年とお使いいただけるパイン家具を新築やリフォームまた既存の家具の入れ替えなど、それぞれのお客様のご希望に合わせ自由設計でイメージ通りオーダー家具を手作りで
工房 木歓坊 kikanbo
無垢材を使って、あらゆる木工品、家具の注文を承っております。関東地方(主に、神奈川、東京、茨城、千葉)が圏内です。あらゆるスタイル(レトロ、モダン、ナチュラル、和風、クラシカル)に応じます。あなただけのオリジナル家具はいかがでしょうか?茨城県北相馬郡利根町押戸後庵
佐藤美季
使う人の気持ちとつながるような、そんな器が作りたいと思い制作しています。生活のいろいろなシーンで、誰かをもてなす、そして自分をもてなすアイテムとして使っていただけると嬉しい限りです。<プロフィール>  日本・アメリカの大学、益子の窯元にて陶芸
contemporary glass nido
私達nidoが提案するステンドグラスは長い時を経てきたものや遠い国の面影をもつものたちの密やかな物語がそっときこえてくるような詩的なガラス作品の世界です。1枚1枚ガラスを吟味し、繊細な表現で作られたガラスで特別な空間の演出のお手伝いをいたします
布きれ・やました 山下枝梨子
糸を染めて手織りで布を作っています。主張が少なく存在感がうすいわき役な布たちですが、飽きがこないので長く使っていただけると思います。「これがいい。」ではなく、「今日もこれでいいか。」と、ついつい使用頻度高めに手にとってしまうような『生活必需品
陶芸工房ラ・プエルタ 
大学で造形芸術を学んだ後スペイン陶芸留学し、陶芸工房ラ・プエルタを設立しました。和洋折衷の色鮮やかな陶器や陶板画、スペインタイルを制作しております。オーダーメイドも承りますのでお問い合わせください。東京青山教室、新潟工房教室 主催 その他ワークショップ
RINVERRE
小さい頃からガラスの透明感が大好きで、お小遣いをためて小さな置物を集めていました。 いつか私もこんなかわいい物を作りたい。。。 そんな気持ちが今に至っています。   ほっこり、かわいい動物や植物をテーマに、アクセサリーは大人でも着けられる
ポティエ 手塚美弥
作品づくりについて私の作品づくりは、旅から始まります。学生時代から現在進行形の旅の中で、その行った国や場所の空気感や風景・風・香り・人々との出会いなどからイメージを紡ぎだし、その国の印象に残ったお料理をテーマに、作品づくりをしています。そのため
ceramica yytt
器好きが高じて自ら作るようになりました。 「テーブルの上のやさしい陶器」がコンセプトです。シンプルで使いやすく、優しく暮らしに寄り添う器を作っていきたいと思っています。浮かんだアイデアを温めて、ひとつずつ形にしていくのが楽しみです。最近は「
五月女寛
陶器で家型のオブジェや花入れ、器などを製作し、個展やクラフトフェアを中心に活動しております。日々、土という素材と向き合い、時間はかかりますが手びねりで一つひとつ作る方法を貫いています。作る上で大切に思うことは、手触り、簡素さ、温もりです。めざすものは
苔色工房
ほんの少しだけ変わっているもの。でもシンプルなもの。使いやすいもの。和食のような洋食のような普段の食事にあったもの。そして、日常の中でちょっとにっこりできるもの。そんなうつわを陶を素材に作っています。
Hidemi Nishida
Hidemi Nishida is an environmental artist based in Japan. Nishida efforts to create temporary space that leads people into