西宮 の 作家&職人 | homify

西宮 の 作家&職人 4415 人

山本製陶所
大阪は西区九条に工房を構え作陶しています。 器の使い易さは当然の事として食卓が笑顔でつつまれるお手伝いが出来ればと楽しい絵を描いた気分が上がる器を作っています。 学生の頃は絵を学びました。以前は白磁作品を作ってましたが絵を描きたい衝動にかられ
器GALLERIA
In 2000 after the career as an interior designer, to be a ceramic artist. To produce a delicate and colorful vessel on the
mabataki
「マバタキのように自然に、いつもの生活に少しの彩りを。」 そんな言葉を大切にしながら、オリジナルプロダクトの雑貨製作をしております。 より日常で、より身近で長く愛用して頂けるモノづくりを心がけております。
su-nao home
「su-nao home」 2015年に新しくスタートした黒を中心とした陶器ブランドです。 黒くしっとりとした、持ったときに手になじむ、陶器と金属が合わさったような肌感が特徴です。 薄作り、裏まで釉薬を施し、そして炎によって微妙な「揺らぎ」
陶器食器店 a new sprout / junko sakamoto
1991年~大阪府枚方市「一才窯」にて陶芸を学ぶ 2002年~web shop 「a new sprout」OPEN  飲食店、引き出物等の製作、ギャラリー展開催 2006年~大阪府枚方市に陶器食器店a new sprout / junko
陶刻家 由上恒美                                          Ceramic Sculptor  tsunemi yukami  
平和 peace         陶を削って制作する作家です。彫刻の要素が好きです。 感覚でウツワもつくります。育てるウツワと呼んでいます。 ひとつひとつ違った作品をつくっています。 立体作品の空シリーズでは、絶滅危惧種の制作を ライフワーク
trace
木工プロダクト「trace」は無垢材や古材などを使った家具や雑貨をデザイン、製作しています。
nobuhito nakaoka
日本六古窯の一つである産地 丹波にて作陶しております。 伝統と個人の感覚の狭間で新しい作品が生まれてくるのではないかとモノづくり取り組んでいます。 軽々しくなく、重くなく、凜とした存在でありますように。
古澤 彩
動物、自然をテーマに陶器で製作しています。 心が落ち着き、体の力が抜けてしまう様な作品を 作り続けていきたいです。 木工にも興味があり、木のアクセサリー、おもちゃなども 製作しています。
keiichishimizu 丹波かねと窯
丹波で4代続く窯元です。 作家として花器、お茶道具、食器等の作品をつくって
工房えらむ
日本の木を、手で彫って器を製作しています。 木を手で彫ることによって、いろいろな自由なかたちの使いやすい器づくりをしています。 器は主に漆を塗って、木の個性を生かし、丈夫で使いやすい器にしています。
monoton ceramic labo
日々の生活に寄り添い 使い込まれ静かに馴染み そして溶け込んでいく陶という素材。 いろいろな国の様々な街で見た風景の記憶。 生活の道具だけにとどまることなく 人の暮らしの中でただ穏やかに しかし時に凛と、 そしてまた華やかに 息づく陶のかたち