茨城県 の 作家&職人 | homify

茨城県 の 作家&職人 5185 人

Keicondo
世界中の食卓へ向けてスタイルのある器を提案して 行きたいと考えています。 直接触れて、感じてもらえる機会をなるべく 設ていきたいと考えております。 イベントの際にはDM等お知らせを送らさせて頂きますので、 問い合わせ下さい。 Towards
里窯【藤原 里子】
茨城県笠間(陶芸の里)で食器、盆栽鉢、シーサーをメインに制作しております。食器は料理の邪魔をしないように、適度に軽く、温かみのあるものを。盆栽鉢は、前職が盆栽作家だったので、それぞれの樹に合うもの、そしてなにより植物が居心地よくきちんと健康
いなだちゃこ
ほそぼそと こしかけくん を作ってます。
小堤晶子 OZ.FACTORY
茨城県笠間の陶工房です。使って楽しくなるような器を作ってます
新田 学 (GAKU! CO-BO)
栃木県の山あいの町・茂木。 そこで、灰釉(天然樫灰釉ほか)や赤化粧焼き締めなどで器を創っています。 『いつもより ちょっといい暮らしを・・・・』 そんな、life styleに合わせた作品を提案します。 プロフィールはこちら
川尻製陶所 - kawajiri Earthenware Factory
栃木県益子町の、眺めの良い丘の上にある小さな製陶所です。 地元の土を使い、薪の窯で焼く器。 豊かな土が採れるこの土地で、自然と関わり合いながら制作し、その恵みをお届けすることができたらと思い器を作っています。 焼成の燃料に使う薪は、再生燃料
taro-cobo
栃木県芳賀郡茂木町の陶芸工房です。磁器製の食器を中心に作っています。毎日使うのが少し楽しくなるような器作りを心掛けています。
月兎窯
I made pottery made by hand and fired by wood kiln (anagama)
堀水窯
栃木県益子町で夫婦(堀水達雄・小夜)で陶器作りをしております。達雄と小夜と基本的に別の物を作っていますが、堀水窯として製作する場合も有ります。
工房 木歓坊 kikanbo
無垢材を使って、あらゆる木工品、家具の注文を承っております。関東地方(主に、神奈川、東京、茨城、千葉)が圏内です。あらゆるスタイル(レトロ、モダン、ナチュラル、和風、クラシカル)に応じます。あなただけのオリジナル家具はいかがでしょうか? 茨城県北相馬郡利根町押戸後庵
はなわか
白磁で小さな雑貨をつくっています。 「色」が好きなのできれいに発色するよう心がけています。 http://hanawaka.jimdo.com/
小野澤弘一
2016  第9回現代茶陶展 入選 2015  第8回現代茶陶展 入選 2014  現代茶湯アワード2014 デザイン部門銀賞 2011   栃木県那須郡那珂川町で開窯  2008  多治見市陶磁器意匠研究所卒業 1983  東京都豊島区に
土の家
クルクルまわすロクロのかわりに、手のひらでコロコロと粘土を転がして、使ったその日から手に馴染む器や小物を作っています。
ポプリローカルファニチャー
アメリカで学んだ家具作りをベースに良質な無垢のホワイトパイン材を使用して、50年100年とお使いいただけるパイン家具を新築やリフォームまた既存の家具の入れ替えなど、それぞれのお客様のご希望に合わせ自由設計でイメージ通りオーダー家具を手作りで
record
千葉県の最北端、野田市にて木のモノづくりしています **re・cord 記録する、 書き留める、 示す、述べる、 物語る、 レコード…
机上工芸舎
千葉県船橋市にて制作しています。 “机の上”で使う日常の中のものに新たな感覚が生み出せるような作品を目指しています。 作品は主に粘土を1段ずつ積み上げていく手びねり技法を使い、その造形性を活かしながら器作りをしています。表面には艶をおさえた
TOMOHARU NAKAGAWA 中川 智治
留学していたオーストラリアのギャラリーで北欧の陶芸家「ベルント・フリーベリ」の作品に出合い、陶芸に興味を持つ。  日本へ帰国後、自宅近くの陶芸教室にて陶芸をはじめる。  同教室にて勤務後、2014年より本格的に作家活動をはじめ、現在に至る。
アトリエ1
アトリエ1では、時計はインテリアの重要なアイテムと考え、多様化するインテリアに相応しい時計づくりをしています。木の魅力を最大限生かした時計は、お客様からも高いご満足をただいています。時計を通して皆様と末永くお付き合いできればと考えています。
atelier dehors
木の器、木を使ったアート作品、寄木アクセサリーなどを制作。
RINVERRE
小さい頃からガラスの透明感が大好きで、お小遣いをためて小さな置物を集めていました。 いつか私もこんなかわいい物を作りたい。。。 そんな気持ちが今に至っています。   ほっこり、かわいい動物や植物をテーマに、アクセサリーは大人でも着けられる