札幌市の建築家58人

サービス地域

札幌の建築家

札幌の建築家に家の建設を依頼するメリット 

札幌は人口約200万人にものぼる大都市で、日本の北に位置する最大の都市であります。本州とは気候風土などが大きく異なる北海道にあるため、札幌で家を建てる際は地元のことをよく知る札幌の建築家に依頼すると、より良い住まいづくりができるでしょう。北海道では梅雨がなく、また台風もほとんど上陸することがありません。しかし、年間を通して気温が低く、冬には積雪も数mになります。同時に、近年では冬のヒートアイランド現象が札幌でも見られ、冬の最低気温がマイナス10℃を下回らないようにもなっているようです。こうしたことからも、気候や地勢といった札幌の特性に精通した札幌の建築家とともに家づくりをしてみて下さい。 

札幌で家を建てる際にかかる費用 

家の規模や性能次第で住宅の建設費用は大きく異なるため、札幌で家を建てる時、どれくらいの費用がかかるかは建て主次第とも言えます。しかし、参考までに住宅金融支援機構による調査結果で建設費用の相場を知ることができます。これによると、北海道に注文住宅を建てた際の平均の建設費用は約2600万円となっており、平均の延床面積は約137㎡となっています。また、土地付きの注文住宅の場合、土地費用を含めた平均の建設費用は約2900万円で、平均の延床面積は約118㎡となっています。この費用は建物本体にかかる部分だけになっているため、地盤整備や外構工事、各種税金・保険などがさらに数百万円かかることも見積もっておきましょう。 

札幌で家を建てる際に知っておきたい制度 

建物を計画・建設する際には建築基準法や各都市の条例などに沿って進めていきます。もちろん、家づくりにおいての細かなことは建築家に任せることになりますが、土地選びの段階で知っておきたいものもあります。その1つが風致地区です。景観を保護する目的のこの制度は、自然豊かな環境にある札幌でも定められている地域があります。風致地区では、地区によって建物の高さが10~15m以下に制限されていたり、建ぺい率も30~40%、さらには緑化率も30~50%と定められています。市内では北海道神宮や藻岩山、大通の周辺が風致地区となっていますので、土地・物件選びの際はこのことも念頭に置いておくといいかもしれません。また札幌の建築家にもこうした制度について相談すると良いでしょう。

札幌で家を建てる際に考えたい寒さ対策

夏が短く冬が長い札幌では、冷房よりも暖房が必要となる時期の方が長くなります。近年は、全国的にも高気密高断熱の住宅が増えてきていますが、札幌で家を建てる場合には特に複層ガラスや樹脂サッシにするなど開口部を含めた家全体の気密性や断熱性を高めながら、床下暖房やファンヒーターなど部屋の暖め方についても好みや住まいに合ったものを選んでみて下さい。札幌の建築家ならそうした寒さ対策も家づくりから相談でき、寒い冬も快適に家の中で過ごせる住まいとすることができるでしょう。

札幌で家を建てる際に考えたい積雪対策 

冬を通して数mの積雪がある札幌では住まいの積雪対策も欠かせません。屋根の勾配を急にして、屋根に積もった雪が滑り落ちるようにしながら、落ちる雪が近隣や家の出入りの邪魔にならないように屋根の形も考えていきましょう。また、最近では豪雪地域でも屋根の平らな、あるいは屋根勾配の緩やかな建物も見られます。このタイプの屋根は、屋根に積もった雪が自然に解けること、あるいは屋根に水を流して雪を解かすことで、屋根から雪が滑り落ちてくる危険性や屋根の上での雪下ろしの作業の負担や危険性を抑えることができるようになっています。最近では札幌の利便性の高い場所にマンションも数多く建てられていますので、積雪対策をほとんど考える必要のないマンションを選んで、札幌の建築家にマンションリノベーションを依頼してみてることも1つの積雪対策となるでしょう。

札幌で家を建てる際に考えておきたい他のこと

札幌で家を建てるのであれば、必要となるのは札幌の建築家だけではありません。他の専門家も必要となるでしょう。例えば、を造園するのであれば、札幌の造園会社にも問い合わせてみると良いかもしれません。また札幌のキッチンプランナーや、札幌のインテリアデザイナー、札幌の建具屋などへの問い合わせも検討してみると良いかもしれません。