Sagamihara の 建築家 | homify

相模原市の建築家78人

サービス地域

相模原の建築家に家の建設を依頼するメリット

相模原は、横浜、川崎に次ぐ神奈川県で三番目に多い70万を越える人口を擁する街です。東京都心や横浜から内陸の少し離れた場所にありますが、京王線や小田急小田原線、JR横浜線が市内まで延びているので、新宿駅や横浜駅まで1時間以内でアクセスできるという利便性の良さを持つ街でもあります。一方で、市西部は丹沢山地や秩父山地が広がっているため、自然を身近に感じられる街でもあります。そんな相模原で家を建てる際は、そうした街の地理や気候風土に精通している地元・相模原の建築家に依頼することで、地域に根付いた家で快適な暮らしを実現していきやすくなるでしょう。 

相模原で家を建てる際にかかる費用

家を建てる際にかかる費用というのは、建物や敷地の規模、どのような家を建てたいかという要望などによって大きく幅があることから、それを一概に述べることは難しいです。しかし、一応の目安として参考になるデータがあるので紹介しておきましょう。それは、住宅金融支援機構による住宅ローン利用者を対象とした調査ですが、この結果によると、神奈川県で注文住宅を建てる際にかかる建設費の平均は約3700万円、平均床面積は約129㎡となっています。土地付き注文住宅にかかる建設費の平均は約4900万円、平均床面積は約106㎡となっています。これは、神奈川県としてデータがまとめられていますので、横浜や川崎といった地域と相模原で家を建てるのではまたコストも異なってくると思いますので、こうしたデータを目安としながら、費用についてより詳細に知りたい方は相模原の建築家に相談してみるといいでしょう。 (価格データは2018年12月記事公開時のもの)

相模原で家を建てる際に知っておきたい制限

家を建てる際には、当然建築基準法や都市計画法などに沿って計画・建設がなされますが、こうした住宅の建設における細かな制度・制限は建築家に任せることになるでしょう。しかし、建て主としてもこうした制限について少しでも知っておくことで、思い描くマイホームをより建てやすくなると思います。1つ例を挙げると、相模原のような建物の密集する都市では、万が一火災が発生しても、その被害が隣家・地域に広がらないように厳しく細かく防火・耐火についての制度が定められています。特に、どのような防火・耐火を建物に施していくかは「防火地域」や「準防火地域」といったようにエリアで区分けされています。そうしたエリアで建物を建てる際は耐火建築物あるいは準耐火建築物などにしなければならないといった制約がでてきますので、敷地選びからこうした点についても確認しながら土地を探してみるといいでしょう。

相模原の街の魅力

相模原の街の魅力としては、やはり都心へのアクセスの良さがまず挙げられるでしょう。相模大野駅からは小田急小田原線で新宿駅へ約30分ちょっとで行くことができ、橋本駅からも京王線で新宿駅まで40分ほどで行くことができます。さらに、将来的にはリニア中央新幹線の駅が相模原にも設置されます。そうした立地の良さがありながら、相模湖や相模川といった豊かな自然が身近にある街でもあるため、若い世代を中心に相模原へ移り住む方が増えているようです。相模原で家を建てようと考えている方は、アクセスが良いという立地を重視しながらも、家族にとって最も適した自然との距離感も大事にして敷地や物件探しをしてみるといいでしょう。

相模原で家を建てる際に考えたいこと

上で述べたように、相模大野駅や橋本駅というのは都心へのアクセスが非常に良いことから、これらの駅の周辺地域に家を構えたという方も少なくないはずです。しかし、こうした利便性の高い地域で一戸建てのための敷地を探すというのはなかなか難しいと思います。そうした場合は、マンションでマイホームを手に入れること、さらに言えば、中古マンションを購入して、それを建築家とともにリノベーションするマンションリノベーションも選択肢に入れることで、立地の良さと同時に間取りやインテリアデザインも思い通りの住まいを手に入れやすくなります。その際も、相模原のことに精通している地元の建築家に依頼することで、物件選びからあなたの理想とする立地や家のかたちへと近づいていく手助けをしてくれるでしょう。

homifyで住まいの専門家を見つけましょう

homifyに登録されている建築家は、こちらで見ることができます。

homifyに登録されている建築家のリスト

建築家選びの参考にしましょう。

建築家選びのポイントまとめ

homifyで夢の住まいを実現させよう

homifyでマイホームの参考になる住まいの写真を見ることができます。

リビングルームの写真

関連する写真を見る