大阪市の建築家201人

サービス地域

大阪の建築家

大阪の建築家に家づくりを依頼するメリット

大阪は東京に次ぐ日本を代表する大都市であり、古くから日本の商業や文化の中心都市として栄えてきました。街の西には大阪湾が広がり、また淀川を代表とする多くの川や溜池なども街中に数多く存在し、水との距離が近い街でもあります。そんな大阪で家を建てる際は、街の地勢はもちろんのこと、気候風土や地域の特徴を十分に理解のある大阪の建築家に依頼してみて下さい。大阪ほどの大都市になれば、街の中でも地区によって土地の値段も異なれば街の雰囲気も変わってきます。また、新幹線や地下鉄、道路といった交通網が発達しているため、土地選びから大阪の建築家とともに家づくりを進めていくことで、あなたの生活にあった便利で快適な敷地も見つけられるでしょう。 

大阪で家を建てる際の費用と注意点 

大阪で家を建てる場合にかかる費用は、当然その家の階数や床面積、性能によって大きく異なります。性能にこだわらず、約100㎡の床面積の住宅を建てるのであれば、建物自体のコストを2000万円以下に抑えて建てることができます。もちろん確認申請や各種税金、保険料や外構工事などの費用も数百万円で見ておく必要があります。しかし、大阪のような成熟した都市では、建物が建っていない更地を見つけることはなかなか難しいでしょう。そうしたことから、新築の戸建てを手に入れようとする場合、その多くが建売りあるいは売建て、または中古住宅を購入してのリノベーションあるいは建替えとなります。

大阪で家を建てる際に確認しておきたい法規制 

建物を建築する際は建築基準法に従って進めていくことはもちろんのこと、各地域が定める条例などに遵守することも忘れてはいけません。それによって、その建物自体だけでなく、都市としての安全性や景観、快適性が確保されます。大阪のような建物が密集する地域の場合、火災対策に関わる法規制をしっかりと確認し家づくりをしていきましょう。まず、敷地が防火地域あるいは準防火地域などに指定されているかの確認、それによって建物を耐火建築物や準耐火建築物、あるいは防火構造などにしていく必要が出てきます。もちろんそうした規制がない地域でも、万が一の自宅や隣家で火災が発生した場合に備えて、住まいの耐火・防火対策をしっかりと行っていきましょう。

大阪の建築の特色 

大阪の建築の特色は、梅田や北新地のキタと難波や心斎橋のミナミに大きく分けられます。キタは東京都心に見られるように大きなスケールのモダンなホテルやデパートなどが立ち並び、ミナミはいわゆる大阪の雑多な雰囲気が見られます。その中で下町の長屋もまだ多く残されています。こうした長屋は、利便性の良い立地にありながら物価が安いことから、リノベーションで快適な住まいに生まれ変われば、非常に魅力的なものとなります。大阪で家を建てる際は、是非そうした大阪の建築に精通した地元の建築家に依頼してみて下さい。

大阪で家を建てる際に考えたいこと 

先にも述べたように、大阪で家を建てる際は建替えやリノベーションを中心に考えていくといいでしょう。もちろん新築マンションを購入したり、中古マンションをリノベーションすることも選択肢となります。まずは、立地の良さか家の規模の大きさなどの何を優先するのかを念頭に、土地選びから始めていきましょう。そうした際のアドバイスを含めて、大阪の建築家とともに家づくりを進めていくことも考えてみて下さい。

大阪に家を建てる際に考えたい他のこと 

大阪に家を建てるるのであれば、庭を一緒に造ることを考える人もいるでしょう。そうした場合には、大阪の造園会社が力となってくれるはずです。また、それ以外にもキッチンを考えるのであれば、大阪のキッチンプランナー、そして扉などを特別なものにするのなら、大阪の建具屋などが必要となります。もし大阪に家を建てるのであれば、こうした専門業者への依頼も考えてみるのも悪くないでしょう。