Nagoyaの建築家99人

サービス地域

名古屋の建築家

名古屋の建築家に家の建設を依頼するメリット

名古屋は日本の三大都市圏である中京圏の中心都市であり、圏内の政治や経済、交通の核となる都市です。市内には庄内川を始めとして、天白川さらには名古屋城由来の運河も流れています。また、名古屋の地形は西部の沖積平野・中央部の台地・東部の丘陵地に大きく分けることができ、名古屋で家を建てる際にはそれらの地形や地質の違いをきちんと把握しておくといいでしょう。気候面では、夏の湿度の高さや、冬に吹く北西の冷たい季節風「伊吹おろし」にも念頭に置きながら家づくりをしていきましょう。名古屋にもこうした気候風土の特徴があるため、名古屋で家を建てる際は是非地元に理解の深い名古屋の建築家に依頼してみて下さい。

名古屋で家を建てる際にかかる費用 

住宅建設の際に必要となる費用は、住宅の床面積や高さ、性能によってかなり違いが出てくるため、はっきりとした数値を示すことはなかなか難しいでしょう。しかし、1つの参考となる価格を示すとすると、住宅金融支援機構の調査による住宅ローン利用者のデータを見ることができます。これによると、愛知県で住宅の建設にかかる費用の平均は約3300万円で床面積の平均は約140㎡、土地代を含めた家を建てる際にかかる費用の平均は約4100万円で床面積の平均は約115㎡となっています。こうした数値を一応の目安としながら、建築家とともに家づくりの中で様々な工夫をすることで建設コストを抑えることも十分に可能ですので、是非街に精通している名古屋の建築家に住まいづくりを相談してみて下さい。

名古屋で家を建てる際に確認しておきたい法規制 

家を建てる際は様々な規定や規制を遵守しながら計画・建設を進めていくわけですが、名古屋で家を建てる際に確認しておきたいことは耐震基準かもしれません。南海トラフ地震がいつ起きてもおかしくないことから、地震対策をしっかりと計画あるいは土地選びの段階から考えておきましょう。新しく家を建設する場合は当然耐震基準を満たす耐震性能の住まいとなるわけですが、中古住宅やマンションをリノベーションする場合は1981年(昭和56年)以前の旧耐震基準あるいはそれ以降の新耐震基準かを必ず確認しておきましょう。木造住宅の場合は2000年に木造建築物の耐震基準が改正されたことから、その点についても名古屋の建築家など専門家に確認しておくとより安心でしょう。

名古屋の建築の特色 

名古屋には100m道路という道路の幅員が100m以上もあるものがいくつもあります。また、名古屋駅周辺などいくつもの規模の大きな再開発が進められており、街中ではスケールが大きく現代的なデザインの建築が数多く見られます。一方で、東部の丘陵地では里山の穏やかな雰囲気の建築や地域も見られます。そうした地区ごとの景観・街並みといったことも念頭に置きながら、土地選びや家づくりを行っていきましょう。

名古屋で家を建てる際に考えたいこと 

最初に述べたように、名古屋の西部は土砂の堆積や干拓、さらには埋立地といった軟弱な地盤の地質となっていることから、地震だけでなく液状化現象も同時に対策を考えておく必要があるかもしれません。また、東部の丘陵地では起伏の激しい地域もあり、そうした敷地では土砂災害について念頭に置きながら家づくりをしていきましょう。液状化については、硬い支持地盤までしっかりと杭が打たれるマンションの方が被害が出にくいことから、立地場所によっては一戸建てだけでなくマンションを選ぶことも考えてみて下さい。こうした情報なども名古屋の建築家など専門家に確認してみるとよいでしょう。

名古屋で家を建てる際に考えたい他のこと 

名古屋に家を建てるのであれば、名古屋の建築家に依頼するだけでなく、他のことも考えてみましょう。例えば、家に合わせて庭の造園を考えるかもしれません。それであれば、名古屋の造園会社に依頼ししてみましょう。またキッチンをオーダーメイドで設置するのであれば、名古屋のキッチンプランナーが必要となるかもしれません。他にも名古屋のバスルームデザイナーや、名古屋のインテリアデザイナー、そしてインテリアコーディネーターなどをリストアップしておきましょう。