Kyoto Japan の 建築家 | homify

Kyoto Japan の 建築家 46181 人

澤村昌彦建築設計事務所
1982 株式会社中村設計、1991 株式会社若林広幸建築研究所、1996 澤村昌彦建築設計事務所開設 2004~大阪市立大学非常勤講師 住宅、医院建築、寺院建築等の設計監理業務。
空間工房 用舎行蔵 一級建築士事務所
「用舎行蔵(ようしゃこうぞう)」とは論語に記されている一節です。ここには「得られる機会に最大限の力を発揮する」という意味が込められています。私達は、建築を志す者として、如何なる時も全力を持って、その土地でしか成し得ない“夢”を建物・空間・形
一級建築士事務所 こより
こより 誰もが触れたことのあるこより紐。 夏祭りのヨーヨーすくいや、七夕短冊、荷札やご祝儀袋の水引と古くから日本の文化に寄り添ってきました。 指先でくるくるねじる。そんなシンプルな動作で出来上がる紐が、便利化されていく現代でも欠かせないひとつのものとして
Qull一級建築士事務所
「どこかカッコイイ!!」「なんだか気持ちいい!!」 そんなスタイルの提案をしています。
一級建築士事務所 ネストデザイン
京都市北区で設計活動をしております。 - 建築するにあたって 大切にしていること - 【人と人とのふれあい】 建築で求められるもので、一番大切だと感じているのは、人と人との関わり合いです。 住宅であれ店舗であれ、自分と他人との関係が心地よくあることを
EASTERN design office イースタン建築設計事務所
中村安奈と神野太陽はイースタン建築設計事務所を2003年に京都に設立 2003年、中国天津市海河地区水上運動世界国際指名設計競技、1等入賞  2004年、中国天津市開発区都市計画国際指名設計競技、2等入賞  2004年、2008年オリンピックレスリング
ATS造家設計事務所
奥田敦 京都市生まれ 京都府立大学 生活科学部 住居学科卒業 1995 ATS造家設計事務所 開設 住宅および社寺建築、店舗、事務所建築の設計デザイン・監理
CN-JAPAN/藤村正継
建築設計・商業空間デザイン ■機能美の追求 ■美しく年を重ねる素材の追求 ■日本人モデュロールの追求
      古津真一 翔設計工房一級建築士事務所
住宅、商業施設、医療施設他の企画設計監理をしている京都のアトリエ事務所です。 日々自然に目にして来た京都の伝統的建築物をデザインの原点と考えています。
+0 atelier | プラスゼロアトリエ
代表:中名 太郎 1971年生まれ。 1994年 近畿大学理工学部建築学科卒業。 設計事務所数社を経て、様々な建物の設計に従事。 2006年 +0 atelier 設立   一級建築士 登録:第271942号 事務所登録:第23A-01075
有限会社 起廣プラン
住宅というものは、息づいていなければならない。人間形成に深くかかわり人間と共に発展していくものでなくてはならない。それは家族の肖像であり、歴史でもある。住宅はただ単に建築物ではなく”家”の人となり ― であり、”家”の象徴である。わたしたちの
設計組織DNA
<blockquote>設計組織ということ - DNAについて</blockquote>われわれDen Nen Architechtureは「設計組織」と名乗っていま す。設計事務所の代表が3名いるから、と言ってしまえばそれまでですが、 実
吉川弥志設計工房
住宅をメインに店舗・ギャラリー等も手掛けています。 様々な要素が絡み合う現代環境の中で、心地よいと思える空間を提案します。
Kawakatsu Design
京都市と美山町を拠点として活動している設計事務所です。 【プロフィール】 1980年    京都・美山 生まれ 2004年    山口大学工学部感性デザイン工学科卒業(内田文雄研究室) 2006年    京都工芸繊維大学大学院修士課程修了(
株式会社 岡﨑建築設計室
住むことが楽しくなるような空間づくりを目指しています。光、風、自然の無限の力を暮らしの中に活かせたらどんなに心地よい住まいが実現することか。快適な住まいは日々の生活に潤いを生みます。京都に事務所があります。住宅、商業建築、事務所、旅館、寺院
FORMA建築研究室
自分らしさのある住まい 好きなもの、大事にしたいこと、暮らしへの想いや感じ方は十人十色です。 「自分らしさのある住まい」は、好きなものに囲まれて暮らすこと、心地良いと感じる場で暮らすことにつながります。 花が咲き実がなり紅葉する1本の庭木に
奥村幸司建築設計室
ご要望になるべくお応えしながら、敷地環境で良い所があればそれが反映され共有できるようにし、庭や景色を眺めたり、ご飯を食べてくつろいだり、本を読んだり、光やいい風が入ったり、そうしたシーンを想像し考えながら日常の豊かさを感じられる建築つくりをしたいと
関連する写真を見る