Kyoto の 建築家 | homify
Error: Cannot find module './CookieBanner' at eval (webpack:///./app/assets/javascripts/webpack/react-components_lazy_^\.\/.*$_namespace_object?:3646:12) at at process._tickCallback (internal/process/next_tick.js:189:7) at Function.Module.runMain (module.js:696:11) at startup (bootstrap_node.js:204:16) at bootstrap_node.js:625:3

Kyoto の 建築家 48671 人

Mimasis Design/ミメイシス デザイン
Mimasis Design (ミメイシスデザイン) は、住宅設計を中心に生活にまつわる[空間]や[道具]を企画・デザインする関西の建築設計&プロダクトデザイン事務所です。私たちは住まう人の快適な暮らしを第一に考えることを心がけます。その上
澤村昌彦建築設計事務所
1982 株式会社中村設計、1991 株式会社若林広幸建築研究所、1996 澤村昌彦建築設計事務所開設2004~大阪市立大学非常勤講師住宅、医院建築、寺院建築等の設計監理業務。
空間工房 用舎行蔵 一級建築士事務所
「用舎行蔵(ようしゃこうぞう)」とは論語に記されている一節です。ここには「得られる機会に最大限の力を発揮する」という意味が込められています。私達は、建築を志す者として、如何なる時も全力を持って、その土地でしか成し得ない“夢”を建物・空間・形
一級建築士事務所 こより
こより誰もが触れたことのあるこより紐。夏祭りのヨーヨーすくいや、七夕短冊、荷札やご祝儀袋の水引と古くから日本の文化に寄り添ってきました。指先でくるくるねじる。そんなシンプルな動作で出来上がる紐が、便利化されていく現代でも欠かせないひとつのものとして
 井上久実設計室
日頃から住宅は<買うモノ>ではなく、<創るモノ>であると思い続けてきました。住まい手それぞれに生活スタイルがあり、家族があり、夢があるからです。自分たちがおそらく一生住むであろう住まいにこだわって欲しいからです。それを形にするのが建築家の仕事
Qull一級建築士事務所
「どこかカッコイイ!!」「なんだか気持ちいい!!」 そんなスタイルの提案をしています。
一級建築士事務所 ネストデザイン
京都市北区で設計活動をしております。- 建築するにあたって 大切にしていること -【人と人とのふれあい】 建築で求められるもので、一番大切だと感じているのは、人と人との関わり合いです。 住宅であれ店舗であれ、自分と他人との関係が心地よくあることを
アトリエ・ブリコラージュ一級建築士事務所
クライアントのご要望にお応えするのは勿論のこと、気候風土に逆らうことのない自然なデザイン、周辺環境との調和を大切にしつつ、その場所、その人としか実現できない「何か」を見つけたいと思っています。町家をはじめとする古い建物やマンションの改修などにも
      古津真一 翔設計工房一級建築士事務所
住宅、商業施設、医療施設他の企画設計監理をしている京都のアトリエ事務所です。日々自然に目にして来た京都の伝統的建築物をデザインの原点と考えています。
EASTERN design office イースタン建築設計事務所
中村安奈と神野太陽はイースタン建築設計事務所を2003年に京都に設立 2003年、中国天津市海河地区水上運動世界国際指名設計競技、1等入賞 2004年、中国天津市開発区都市計画国際指名設計競技、2等入賞 2004年、2008年オリンピックレスリング
STUDIO RAKKORA ARCHITECTS
STUDIO RAKKORA ARCHITECTSは、京都を拠点として活動する建築設計事務所です。
ATS造家設計事務所
奥田敦京都市生まれ京都府立大学 生活科学部 住居学科卒業1995 ATS造家設計事務所 開設住宅および社寺建築、店舗、事務所建築の設計デザイン・監理
CN-JAPAN/藤村正継
建築設計・商業空間デザイン ■機能美の追求 ■美しく年を重ねる素材の追求 ■日本人モデュロールの追求
+0 atelier | プラスゼロアトリエ
代表:中名 太郎1971年生まれ。 1994年 近畿大学理工学部建築学科卒業。 設計事務所数社を経て、様々な建物の設計に従事。 2006年 +0 atelier 設立   一級建築士 登録:第271942号 事務所登録:第23A-01075
有限会社 起廣プラン
住宅というものは、息づいていなければならない。人間形成に深くかかわり人間と共に発展していくものでなくてはならない。それは家族の肖像であり、歴史でもある。住宅はただ単に建築物ではなく”家”の人となり ― であり、”家”の象徴である。わたしたちの
中西ひろむ建築設計事務所/Hiromu Nakanishi Architects
"つなぎ、つながれる建築" をモットーに活動しています。建物単体で考えずに広い視野で捉えることで、その場所の歴史を踏まえ、まわりの自然環境とつながっていくような建築をつくります。一方で新しく現代的であることも重要です。そうした建築は、私たちの
設計組織DNA
設計組織ということ - DNAについてわれわれDen Nen Architechtureは「設計組織」と名乗っていま す。設計事務所の代表が3名いるから、と言ってしまえばそれまでですが、 実は建築家がよく陥りがちな自己満足なアウトプットを防止
吉川弥志設計工房
住宅をメインに店舗・ギャラリー等も手掛けています。様々な要素が絡み合う現代環境の中で、心地よいと思える空間を提案します。

京都の建築家

京都の建築家に家の建設を依頼するメリット 

京都は街の景観から建築物、さらには産業としても伝統的なものが残っており、それを魅力とした観光はもちろん、人口も150万人に迫る非常に活気のある街です。市内は桂川や鴨川などが流れ、山が三方を囲む盆地となっています。京都と言えば、盆地という地形的な特徴から一年・一日の気温差が激しいというイメージがありますが、近年ではヒートアイランド現象により、冬や朝方は以前ほど気温が落ち込まないようにもなってきているそうです。逆に夏場の暑さは非常に厳しくなります。京都の南部に位置する市街地はそうした気候となる一方、北部の山間部は市街地よりも寒さが厳しく積雪もあるなど京都でも地域によって気候は異なってきます。そうしたことからも、京都で家を建てる際は是非地元の気候風土に精通した京都の建築家に依頼してみて下さい。 

京都で家を建てる際にかかる費用

住宅の大きさや求める性能の高さによって京都で家を建てる際にかかる費用は大きく異なります。京都に家を構えるなら、町屋あるいは長屋をリノベーションして住みたいという方も多いでしょう。その町屋や長屋でも、1000万円を切るものから5000万円を超えるものまで様々です。また、それらをリノベーションする際の費用も規模などによって数百万円から数千万円まで大きく幅があります。建築家の役割は、予算内に収めながら依頼主の希望に合った家づくりをしていくことでもありますので、そうした場合は町屋や長屋の特徴に理解の深い京都の建築家に依頼してみてはいかがでしょうか。(価格データは2018年12月記事公開時のもの)

京都で家を建てる際に知っておきたい景観条例 

京都で家を建てる際に是非知っておきたいのが景観条例です。京都の市街地の多くの部分で、京都らしい伝統的な景観を保護する目的から、景観条例によって厳しく建物の形やデザインが規制されています。具体的には、建物の高さや屋根の形や素材、外壁の色など地域によって細かく定められています。こうした条例は専門家でもなかなか把握することが難しいため、京都で家を建てる時は是非地元で住宅設計の経験が豊富な京都の建築家に依頼してみるといいでしょう。

京都の建築の特色 

厳しい景観条例によって、京都の街は和の雰囲気の建物が建ち並び、他の都市では見られる白い箱のモダン住宅などは見られません。また、町屋のような古くからある建築も多く残されており、築100年を超える建物も見つけることができます。また、市内には数多くのお寺や神社があり、また京焼や西陣織といった伝統的な産業も盛んなことから、建築や都市景観だけでなく、人々の生業にも伝統的なかたちが未だに根付いています。そうした京都の生活スタイルに合った住まいにしていくためにも、是非地元に精通した京都の建築家とともに家づくりをしてみて下さい。

京都で家を建てる際に考えたいこと 

京都で家を建てる際に、家の形やデザインにこだわりがある場合は、景観条例などの規制がかかっていない地域を選んでいきましょう。また、京都らしい雰囲気のある市街地に家を構えたい場合は、町屋や長屋のように築年数の古い物件を購入してリノベーションすることも1つの方法です。そうした場合、耐震性や劣化・不具合などの補修が必要な箇所を事前に確認しておくとともに、そうした物件は駐車スペースがないことがほとんどであることから、実際に住んだ時の交通手段を含めた生活スタイルを考えながら物件選び、さらには家づくりを進めていきましょう。

京都で家を建てる際に考えておきたい他のこと 

京都で家を建てるのであれば、必要となるのは京都の建築家だけではないでしょう。他にも住まいの専門家が必要となるかもしれません。例えば、日本庭園などのを考えるのであれば、京都の造園会社を検討すると良いかもしれません。また、京都のキッチンプランナー、そして、京都の建具屋など、家を建てるのであれば、ぜひ多くの専門家に相談してみましょう。

関連する写真を見る