京都市の建築家90人

サービス地域

京都の建築家

京都の建築家に家の建設を依頼するメリット 

京都は街の景観から建築物、さらには産業としても伝統的なものが残っており、それを魅力とした観光はもちろん、人口も150万人に迫る非常に活気のある街です。市内は桂川や鴨川などが流れ、山が三方を囲む盆地となっています。京都と言えば、盆地という地形的な特徴から一年・一日の気温差が激しいというイメージがありますが、近年ではヒートアイランド現象により、冬や朝方は以前ほど気温が落ち込まないようにもなってきているそうです。逆に夏場の暑さは非常に厳しくなります。京都の南部に位置する市街地はそうした気候となる一方、北部の山間部は市街地よりも寒さが厳しく積雪もあるなど京都でも地域によって気候は異なってきます。そうしたことからも、京都で家を建てる際は是非地元の気候風土に精通した京都の建築家に依頼してみて下さい。 

京都で家を建てる際にかかる費用

住宅の大きさや求める性能の高さによって京都で家を建てる際にかかる費用は大きく異なります。京都に家を構えるなら、町屋あるいは長屋をリノベーションして住みたいという方も多いでしょう。その町屋や長屋でも、1000万円を切るものから5000万円を超えるものまで様々です。また、それらをリノベーションする際の費用も規模などによって数百万円から数千万円まで大きく幅があります。建築家の役割は、予算内に収めながら依頼主の希望に合った家づくりをしていくことでもありますので、そうした場合は町屋や長屋の特徴に理解の深い京都の建築家に依頼してみてはいかがでしょうか。

京都で家を建てる際に知っておきたい景観条例 

京都で家を建てる際に是非知っておきたいのが景観条例です。京都の市街地の多くの部分で、京都らしい伝統的な景観を保護する目的から、景観条例によって厳しく建物の形やデザインが規制されています。具体的には、建物の高さや屋根の形や素材、外壁の色など地域によって細かく定められています。こうした条例は専門家でもなかなか把握することが難しいため、京都で家を建てる時は是非地元で住宅設計の経験が豊富な京都の建築家に依頼してみるといいでしょう。

京都の建築の特色 

厳しい景観条例によって、京都の街は和の雰囲気の建物が建ち並び、他の都市では見られる白い箱のモダン住宅などは見られません。また、町屋のような古くからある建築も多く残されており、築100年を超える建物も見つけることができます。また、市内には数多くのお寺や神社があり、また京焼や西陣織といった伝統的な産業も盛んなことから、建築や都市景観だけでなく、人々の生業にも伝統的なかたちが未だに根付いています。そうした京都の生活スタイルに合った住まいにしていくためにも、是非地元に精通した京都の建築家とともに家づくりをしてみて下さい。

京都で家を建てる際に考えたいこと 

京都で家を建てる際に、家の形やデザインにこだわりがある場合は、景観条例などの規制がかかっていない地域を選んでいきましょう。また、京都らしい雰囲気のある市街地に家を構えたい場合は、町屋や長屋のように築年数の古い物件を購入してリノベーションすることも1つの方法です。そうした場合、耐震性や劣化・不具合などの補修が必要な箇所を事前に確認しておくとともに、そうした物件は駐車スペースがないことがほとんどであることから、実際に住んだ時の交通手段を含めた生活スタイルを考えながら物件選び、さらには家づくりを進めていきましょう。

京都で家を建てる際に考えておきたい他のこと 

京都で家を建てるのであれば、必要となるのは京都の建築家だけではないでしょう。他にも住まいの専門家が必要となるかもしれません。例えば、日本庭園などのを考えるのであれば、京都の造園会社を検討すると良いかもしれません。また、京都のキッチンプランナー、そして、京都の建具屋など、家を建てるのであれば、ぜひ多くの専門家に相談してみましょう。