神戸市の建築家63人

サービス地域

神戸の建築家


神戸の建築家に家の建設を依頼するメリット

神戸は日本で6番目の人口を持つ大都市です。神戸は海と山に挟まれているため、港湾都市の顔を持つと同時に、六甲山などの山によって自然を身近に感じることができます。そんな神戸で家を建てるのなら、神戸の街の特性を理解する建築家でしょう。神戸は海と山に隣接しているため、山沿いには傾斜のある土地も多くあります。また海沿いは、山側の地区に比べると平均気温が高くなっています。こうした、街の特性を理解している神戸の建築家に依頼することができれば、家を建てた後で建て直しの必要に迫られることはなく、家の建設に後悔することはないでしょう。

神戸で家を建てる際にかかる費用

神戸に家を建てる際にかかる費用は一概には言えません。それは家を建てる土地の位置、家の大きさ、家に使用する素材などによって大きく異なってきます。ですが、目安となる価格が無いわけではありません。例えば、目安として独立行政法人である「住宅金融支援機構」が作成している住宅ローン使用者の調査を使うことができるでしょう。このデータによれば、兵庫県に住む人が家を建てる際には、土地を既に取得している場合、建設費の相場はおよそ3200万円となっています(床面積は平均で約130㎡)。また土地費用込みの建物の建設費用の相場は、約3800万円となっています(この場合の床面積の平均は約115㎡)。こうした価格の情報は、神戸で家を建てる際の目安として、参考材料に使うことができるでしょう。

神戸で家を建てる際の制限

家を建てる際には法規制を従わなくてはいけません。住宅建設の法規制は、特に周辺環境の保護や、建物の安全性に関連するものがあります。神戸で考えなくてはいけないのは、例えば風致地区かもしれません。風致地区は景観や自然を守るために設けられた制度で、地区内では建設物の建築に制限が加わります。風致地区の条件によって変わりますが、高さは10メートル、もしくは15メートルに制限されます。また当該の敷地面積に対して建築物の建築面積の割合である「建ぺい率」も10分の2から10分の4まで制限されます。神戸には、住吉川・赤塚山風致地区、六甲山風致地区などがあり、こうした地区内に住宅を建てるのであれば、建築制限を確認する必要があるでしょう。

神戸の建築の特色

神戸には港があり、そのため航路を通じて海外の街と繋がり、異国の文化を取り込んでいます。そのような文化の特徴といえるのは異人館かもしれません。異人館は日本でありながらも、海外の建築文化を意識した建物が建てられています。このような海外の文化を取り込む多様性が神戸の建築の特色として挙げられるかもしれません。またこうした特色は、モダンでオシャレな街の雰囲気を生み出しています。神戸に町を建てるのであれば、このような多様性や、モダンでオシャレな雰囲気を意識することが重要でしょう。特に風致地区では街の景観を守ることも考えなくてはいけません。そこで、街並みを意識し、モダンな雰囲気を生み出す住宅を、神戸の建築家に依頼してみてはどうでしょうか。

神戸で家を建てる際に考えたいこと

神戸のような大都市であれば、家を建てるための土地を取得することは簡単ではないでしょう。そうした場合には、マンションの購入もマイホームの実現のために考えるかもしれません。マンションはもちろん新規で購入することもできますが、中古のものを購入してリノベーションやリフォームもできるでしょう。新築のマンションでは、そのインテリアやデザインについて、個性やオリジナリティーを期待することはできません。ですが、リノベーションなどでは、住空間を新しくするだけでなく、個性やオリジナリティを持ったデザインを建築家に依頼することができるでしょう。マイホームを手に入れる際には、神戸の建築家にマンションのリノベーションやリフォームを依頼することも検討してみましょう。

神戸の建築家について考えておきたい他のこと 

神戸で家を建てるのであれば、神戸の建築家に家の設計を依頼するだけでなく、庭の造園も必要になるかもしれません。その場合には神戸の造園会社に依頼してみましょう。もしまたキッチンをオーダーメードにするのであれば、神戸のキッチンプランナーを探してみましょう。他にも神戸に家を持つことを考えるのであれば、神戸のバスルームデザイナーや、神戸のインテリアデザイナー、神戸のインテリアコーディネート、神戸の建具屋などをリストアップしておきましょう。